JOEは来ず・・・ (旧Mr.Bation)

なんの役にも立たない事を只管シコシコと

立川流広小路寄席 9月昼席

2017-09-17 | 落語
立川流広小路寄席 9月昼席
2017(平成29)年9月16日
上野広小路亭

開口一番 立川錦笑 「真田小僧」
立川らく人 「湯屋番」
立川談吉 「たらちね」
立川らく兵 「強情灸」
立川志ら乃 「看板の一」
立川龍志 「蒟蒻問答」

中入り

立川三四楼 「遠山の金さん制度」
立川志らべ 「天災」
立川志遊 「がまの油」
立川志ら玉 「目黒のさんま」
立川雲水 「井戸の茶碗」

いつもの馴染みとちょっと違う立川流一門の会
初見は志らくの所のらく人、らく兵、志ら玉
らく人、そのナヨ系で売るわけね。駄洒落のキレの悪さを頻りに女湯に客が入っていないせいにしていたけど、確かに寒かったな。湯につかって温まろう。
らく兵、丸刈り強面なのでこの噺に合う。立川流ならではの力量。

談吉くん、久々。髪のばして七三に分けてる。どうしたん?オヤジっぽく見えるぞ。しかし落語は好感触。何度も聴いてるネタが談吉くんによって新しい魅力を発見するのは今回が初めてじゃない。嫁を待つ八五郎のウキウキがすごく伝わってきて。
また師匠と一緒の会で観たい。

志ら乃、軽いながらも洒脱なネタを心地良く聴かせる。
本日のお目当てが立川龍志師って。それメンツが渋すぎるやろ。

中入り後、くいつきの三四楼。落語10席連続は流石にキツイ。好きじゃないと居られないだろ。そういう意味で秘密兵器三四楼に期待。・・・幅広いジャンルの人物イラストを手に人名駄洒落は良かったが、中途半端な新作へ。漏れ伝わる噂からもっとハチャメチャを期待したがな。現代文化を抉る視点ももっともらし過ぎて爺臭い。もっと破壊的なものを期待してたんだが、今日はコレだけ?

志らべ、こちらも頭どうしたん。パーマヘア。
年月がたつと落語家さんたちもイメージが変わり、そして上達してるって事だね。やたらニューミュージック系のクスグリをぶち込んでくる。入れ込みものが多くてなんだか妙な感じになってる。

志遊、こちらも頭髪がツルツルになってて。安定はあるけど声質が苦手。

雲水師、主任による一席。この噺自体が三度目か。主任ネタは少ないと勘繰ってしまう。
貴重な井戸の茶碗が関ヶ原の戦いのドサクサに紛失した説に熱くNG宣告してる面白さ。

尚、立川談吉くん新規ファン1名獲得ですよ。おめでとー。






『芸能』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「新感染 ファイナル・エク... | トップ | カネコアヤノ 弾き語りツア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

落語」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL