JOEは来ず・・・ (旧Mr.Bation)

なんの役にも立たない事を只管シコシコと

新宿PIT INN カフカ鼾

2017-04-19 | 音楽
昨年に続いてカフカ鼾のライブへ。ウラを返したってわけ。
今回はステージにはグランドピアノ。
それは兎も角・・・
ジム・オルークさんがなんとウッドベース。ギターシンセじゃないのね。
ピアノ、ベース、ドラムって普通のトリオ?まぁそんなわけは無いのでして。
石橋英子さんがハモニカで音を出してどうなる事やと思いましたが、徐々にカフカ鼾のアンビエントな感じで、恍惚。
ピアノを叩きながら、何やら電子音の出る機材(?)をいじり回して忙しそうなのは子供っぽいオーバーオールの石橋さん。
ジム・オルークさんは弓でギコギコ。左手指はほとんど動かさず。弓を置いたらボーン、ボーンと大音量で刻む。
やはりこのバンドはドラムの山本達久さん。最初はシンバルを擦って妙な音を出しておりましたが・・・グワングワン行ってくれます。
途中、石橋英子さんはフルートも吹いたり。
連打、連打、リフ、リフでトランス状態に入ってく。鼾の真骨頂か。

2ステージ、満喫。アンコールはまたフルートで短く。
やはりこのグループはユニークで良い。次も・・・

2017年4月18日
新宿PIT INN
カフカ鼾
ジム・オルーク b.
石橋英子 p.fl.etc...
山本達久 ds.



「trip on wire by Eiko Ishibashi」

新宿ピットイン カフカ鼾




マームとジプシー
「sheep sleep sharp」

作・演出 藤田貴大 使用楽曲:カフカ鼾「nemutte」
2017年5月3日(水・祝)-7日(日) / LUMINE 0
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「脱獄広島殺人囚」 | トップ | 「実録外伝 大阪電撃作戦」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL