JOEは来ず・・・ (旧Mr.Bation)

なんの役にも立たない事を只管シコシコと

「アリス・イン・ワンダーランド」

2010-05-08 | 映画(DVD)
「WALL・E」以来のファミリー鑑賞。

「アリス・イン・ワンダーランド」2010年 米 監督:ティム・バートン
〈吹替版 2D)

19歳に成長したアリスは、幼い日に地下世界を冒険したことを忘れていたが、ある日、洋服を着た白ウサギを目撃し、その後を追って再び地下世界へ。するとそこは独善的な赤の女王に支配されていて……。

ティム・バートンがルイス・キャロルのアリスを映画化すると聞いた時から楽しみにしていました。あまりにもあり得るこのコラボ(要するに奇想天外でも充分ありうる事)には期待と不安が入り混じっていたわけですが、そういう意味では良くも悪くも想像通り。
もう一つの不安は果たして子連れで観に行って大丈夫なのか?というティム・バートンの世界。(うちではチャリ・チョコはちょっと相応しくなかったという評価。Hero-Nも幼稚園だったけど)・・・こちらの方は世の中の評判からいって問題無さそう。さて実際、問題なし。というか、まさに家族で楽しめるワンダーランド。
裏を返せばティム・バートンとしては何か物足りなさが残るんですがね。

それでも思ったとおりのワンダーランドの世界感、造形、色彩に嬉しくなる。
「お前はまともじゃない。でも、偉大な人はみんなそうだ」という台詞は監督自信への言葉ですよね。

赤の女王に問い詰められるカエル・・・
赤の女王の城の堀に浮かぶ顔を飛び石にするアリス・・・
好みはこのあたり。

役者さんの方はキャラ作りに徹していて、うぅむ、ヘレナ・ボナム=カーターなんてメイクばかりで本来の良さが出る余地が少なくなったか?
白の女王(アン・ハサウェイ)が終始バレエのように踊っていてナイス。声は深田恭子だったのね。
ジョニー・ディップはティム・バートンの作品ですから、もうあれでいいんでしょうな。怪しいダンスがイカしてました。
でも主役はジュニデじゃないんだけど・・・、これはコンビ7作目という貫禄?
主役のミア・ワシコウスカさんは現実世界では肌つやの悪いお嬢さんですがワンダーランドで小さくなったり、大きくなったりしているうちにだんだん輝いてきますね。ついには鎧に身を包み戦士として戦うヒロインぶり。もうすっかりカッコ良いお嬢さんに成長。
19歳、年頃の女性美の不安定さが出ているとも言えましょう。

何を隠そう、目玉をくり貫かれた獣が赤の女王に仕える片目の男の化身だと勝手に思い込んでいたので、同時に登場して面食らった。ここらが一番ワンダーランド。

Hero-Nも充分ファンタジーを満喫。帰ってからはどうして?どうして?と質問責めに合いました。でも、マッドハッターの目が打ち首になる瞬間にチェシャ猫の目になっていたのを見逃していなかった。父母はまったく気づかなかったよ。



 
「不思議の国のアリス」読んだのは高校生の頃。復習でいいから猛然と再読したくなってきました。読んだらHero-Nにあげよう。

ミア・ワシコウスカも良いけどこっちだったらもっと良い。
Avril in Wanderland

さて、カラスと書き物机の類似点を考えながら・・・おやすみなさい。

MOVIX川口

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「野獣の青春」 | トップ | 母の日のブースカ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ティム・バートン監督 「アリス・イン・ワンダーランド」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
やっぱさ~ 公開したら即、観たいじゃん 去年から話題になってたティム・バートン監督×ジョニー・デップの新作となれば(^m^)b 公開初日は自分も仕事だから無理にしても 今日(4月18日)、仕事明けで観るか? 明日、公休で観るか? 仕事明けは、殆ど寝てな...
アリス・イン・ワンダーランド (Some Like It Hot)
■「アリス・イン・ワンダーランド/Alice In Wonderland」(2010年・アメリカ) 監督=ティム・バートン 主演=ミア・ワシコウスカ ジョニー・デップ ヘレナ・ボナ...
アリス・イン・ワンダーランド (LOVE Cinemas 調布)
ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」、「鏡の国のアリス」をベースにその後のアリスの新たな冒険を描いた作品。『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督とジョニー・デップの7度目のコンビによる不思議なファンタジーが魅力だ。主演のアリスを『デ...
『アリス・イン・ワンダーランド 3D字幕版』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト「アリス・イン・ワンダーランド」□監督 ティム・バートン □脚本 リンダ・ウールヴァートン □原作 ルイス・キャロル □キャスト ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ■鑑...
『アリス・イン・ワンダーランド』が挑戦したものは? (映画のブログ)
 意外や、面白い映画だった。  なんて云うと、お叱りを受けそうだが、ティム・バートンやテリー・ギリアムの作品は下手に期待するとはぐら...
アリス・イン・ワンダーランド (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:アリス・イン・ワンダーランド 制作:2010年・アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイほか あらすじ:不思議の国の冒険から13年後。19歳に成長したアリスは、母...
アリス・イン・ワンダーランド (RISING STEEL)
映画の日、千円での鑑賞で見ました。 「アリス・イン・ワンダーランド」。今年のGW最大の話題作だ。 ちゃんと読んだこと無いけど(オイ)不思議な国に迷い込んで トランプの兵隊とかに追われたりするん...
『アリス・イン・ワンダーランド』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 アリス・イン・ワンダーランド 』 (2010) 監  督 :ティム・バートンキャスト :ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、 アン・ハサウェイ、クリスピン・グローヴァー...