上は来ず・・・ (旧Mr.Bation)

なんの役にも立たない事を只管シコシコと

「スージー明日香 緊縛の舞」

2016-10-19 | 映画(DVD)
「スージー明日香 緊縛の舞」1986年 新東宝・ローリング21 監督:渡辺護

夫に金で売り飛ばされ背中に刺青までされることになった久子。彫り師の清治は久子の肌の色の乗りが悪いのは男と接していないせいであることを見抜き、緊縛師の流山を呼ぶ。やがて久子は流山の執拗な責めによって緊縛の悦びに目覚めて…。

渡辺護監督が谷ナオミ(「谷ナオミ 縛る」以降日活は谷ナオミを他社へ貸さない)じゃなくても緊縛物の傑作を撮ってみせるって言ってたとか・・・

スージー明日香というのは何者でしょうか?
他にもう1本くらいは出演があるみたい。
浅黒い肌なので緊縛は兎も角も、刺青のキャンバスとしてはどうなん?と思う。色よりも肌の肌理って事にしておきましょう。
しかし、どこかで見たことのあるようなストーリー展開。堺勝朗が刺されるシーンに凄いデ・ジャヴ感があったんだけど。
もちろん本作は初めてだが、これ何かの焼き直しなのかもしれない。
・・・よくある事だ。

スージー明日香、緊縛宙吊りのシーンはそれなりに、頑張っておられる。
女王、谷ナオミと比べるのは気の毒だ。

  

上野オークラ劇場

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋季高校野球東京大会 帝京v... | トップ | 「徳川女系図」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL