JOEは来ず・・・ (旧Mr.Bation)

なんの役にも立たない事を只管シコシコと

「FOR REAL ベイスターズ、クライマックスへの真実。」

2017-01-30 | 映画(DVD)
「FOR REAL ベイスターズ、クライマックスへの真実。」2016年 横浜DeNAベイスターズ・オフィシャル・ドキュメント・フィルム

2015年シーズンを最下位で終えた横浜DeNAベイスターズは中畑清監督が退任し、同チームに選手として所属していたこともあるアレックス・ラミレス監督を新たに迎えて2016年シーズンをスタートさせた。そしてレギュラーシーズンを3位で終え、球団初のクライマックスシリーズ進出を果たす。そんな中、長年ベイスターズを支えてきた“ハマの番長”こと三浦大輔投手が引退を決める。

オイオイ、優勝したわけでもなく初めてクライマックスシリーズ進出、しかも勝率5割切ってる球団が神奈川限定とはいえドキュメンタリー劇場公開ですか?
「ダッグアウトの向こう側」が評判良かったようだけれど、それにも増して素晴らしいとの評判。
試合中にダッグアウトやブルペンにカメラが侵入するという掟破りの撮影許可。

DeNAに変わって集客力が上がったものの、「オーナーは客さえ入れば弱くてもかまわないのか」と悪口も聞こえたが、実際のところ実力と人気の順番なんかどうでも良いのだな。相乗的にレベルアップしているのは確実。
若いチームが確実に力を付け始めている。筒香の成長が頼もしい。

1年間のシーズンはあっと言う間だが、振りかえれば長い。総花的になってしまうのはいたしかたない所。
好調は持続せず、不調に陥る選手は苦悩する。苦悩の部分によりスポットを当てているので、ファンとしては終始ウルウル。
ファン・ムービーの域ではあるが、それぞれのエピソードに焦点を絞れば名作ドキュメントが作れる可能性を秘めている。

外から見ていると、気のないスイングで三振し不調の続く選手にイラ付き、悪態も吐いてしまう事もある身勝手なファン。
長年弱小ベイを応援してきたがこれだけ選手一人一人の事が好きになれたのは初めてだ。史上最悪の害人さんは映ってなかったが・・・
本当に身売りして良かったわ。
ハマスタのチケットが取りにくいのが良し悪しだが。

さて、2017年シーズンどうなるのか。
昨季より上を目指すのは当たり前。今度こそ5割だ!クライマックス制覇だ!
いやいや、そうは甘くない。また最下位に逆戻りする事だって充分あるが、それはそれでいいじゃない。
ただ、この子たちに本当に優勝の美酒を味あわせてあげたいと思うのです。
その暁には最高のドキュメント映画が出来上がるかもしれない。






エンドロールがまた良い。
選手全員は当然ながら、スタッフの名前がずらり、トレーナー、スカウト、スコアラー、広報・・・
往年活躍し裏方に回った選手の名前を沢山見つけられて嬉しい気持ちになれる。


横浜 ブリリアン・ショートショートシアター
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ダウンヘル」 | トップ | 「未亡人下宿? 谷間も貸し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL