アンニョンおじさんの韓国語・中国語・英語学習日記

ハングル能力検定1級、HSK6級、中検2級、英検2級のさらなる挑戦と鹿児島韓国語教室アンニョンクラブの感想を綴ります。

食べ残しを食べたり、高鉄(新幹線)になぜ身分証明書がいるのか等等、質問しました。

2016-09-19 20:36:18 | 遼寧師範大学留学
家庭教師の先生と、学校の先生にいろいろ質問しました。

まず、男性4人が食べ残した食べ物を、女性4人組が食べたり、新しく注文した
料理のお金を男性が払っていたけど、普通のことかと聞きました。

2人の先生とも、普通のことですと答えられました。

親しい中なら、特別なことではない。友達同士では一つの皿をみんなで食べる
感覚だし、残すのはもったいないという答えでした。

また、女性たちが新しく注文した食事代を男性が払っていたことについても、
男性にはメンツがあるし、もし払わなかったら、肝っ玉の小さい人と思われます
という回答でした。

中国の男性はつらいですね。(私の勝手な感想です)

また、高鉄(新幹線)の切符を買う時、どうして身分証明書がいるのか質問したら
家庭教師の先生は、以前は切符を買い占めて高い値段で売るダフ屋がいたが、それを
防止する目的だ。今は、そのダフ屋は失業したと話してくれました。

学校の先生は、パソコンに犯罪者を登録しているので、もし、犯罪者が切符を
買えばすぐわかり、遠くへ行けないようにしているのだとの答えでした。

この説明なら納得できました。

また、車を歩道に乗り入れることはおかしいといいましたところ、お二人とも、駐車場
がないので仕方ないとの返答でした。

やはり、日本人の私とは考えが違います。

また、大学生の軍事訓練も甘やかされた子供たちを鍛えるいい訓練だし、韓国は約2年間
の強制的徴兵があることから考えれば、まだ、ましですと何人かの方が答えられました。

また、軍服は個人で買うそうです。

訓練が終われば、ある人はきれいにして中古で売ったり、あるいはいろいろな
作業をする作業着としてきているのだそうです。

また、中学校や高校の公立の先生は転勤がなくレベルの高い学校と、そうでない学校の
先生の賃金が違うそうです。

この話を聞いて、日本以上に教員の世界も競争社会だと感じます。

生徒の学校の成績も学校の壁に成績順に名前入りで張り出されるそうです。

自分の目で見たり、質問したりで学ぶことが多いです。

学習をしっかりしながら、これからもいろいろ学べそうです。












ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おいしい朝食は人を幸せにす... | トップ | 中国では高校入試の点数が足... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (miho)
2016-09-20 10:38:53
>学校の先生は、
パソコンに犯罪者を登録しているので、
もし、犯罪者が切符を 買えばすぐわかり、
遠くへ行けないようにしているのだとの答えでした。

前、テレビで犯人がすぐ検索(?)されて捕まったというのを見たことあります。
こういうシステムがあるんですね~。

車で怖いな~と思ったのは、わざと車のぶつかる人がいること・・・。
アンニョンおじさんは、この光景を見たことありますか?
テレビで見たことあるんですけど、走っている車にわざとぶつかってお金を請求する人がいるそうで、本当に事故につながるのではと思うと怖いです。

軍事練習について教えてくださり、ありがとうございます。
今、大学って授業始まっているんですよね?
軍事練習するときは、授業を受けながら軍事練習をするのか、1日じゅう、軍事練習をするのか気になりました。
教えたもらったんですけど、中学や高校でもあるそうです。
でも服装は、普通の服や(学校指定の?)ジャージなんだそうです。

Unknown (今給黎)
2016-09-20 22:50:30
mihoさん、こんばんは。

車にわざとぶつかってお金を請求する場面に出くわしたことはありません。

道をわたる時は、車優先なのでとにかくわたるタイミングをさがすのに忙しいですね。

また、大学生の軍事訓練中は授業はありません。1日中しています。大学1年生は9月に新学期を迎え、軍事訓練のため、まだ授業がないそうです。

さらに、mihoさんのおっしゃる通り、中学・高校でもあり(期間も大学生より短いそうです)、服装は軍服ではないそうです。ただ、大学生は自分で買わなければならないということでした。


コメントを投稿

遼寧師範大学留学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。