アンニョンおじさんの韓国語・中国語・英語学習日記

ハングル能力検定1級、HSK6級、中検2級、英検2級のさらなる挑戦と鹿児島韓国語教室アンニョンクラブの感想を綴ります。

通訳案内士試験の願書を県庁にもらいに行きました。

2017-05-19 22:28:57 | 通訳案内士試験
今日、通訳案内士の願書を鹿児島県庁の観光課にもらいに行きました。

不思議なことに、願書をもらったら、今以上に頑張ろうという気持ちに
なりました。

せっかくもらったチャンスです。

このチャンスを生かしたいと思っています。

2次試験を受けられること、とっても幸せなことです。

まだ、HSKから正式に成績通知が来てないですが、来たらコピーして
願書と一緒に出そうと思っています。

通訳案内士の願書の提出期間が5月15日~6月26日となっています
ので、大丈夫だと思っています。

ただ、2次試験、私の今の力で大丈夫だとは言えない状況です。

先ず中国語の合格率を見ると以下のようになっています。

      1次合格率   2次合格率

2016年 13.4%   65.7%

2015年 11・8%   72・9%

2014年 10.4%   82.7%

2013年 16.9%   87.8%

2012年 15.8%   87.7%

以上です。

かなり、難しい試験だということがわかります。

2次試験の内容をネットで調べたら、もっともっと自分のレベルを上げる
る必要があると、ひしひしと感じます。

2次試験対策として必要な能力は以下のようなことだと思っています。

① 中国語のコミュニケーション能力を高める

② 日本の地名を含め、日本に関する歴史・文化・地理などを説明できる

③ 外国の観光客に日本の事象を簡潔に説明できる知識をもつ

試験で通用するレベルにすることはもちろんですが、試験勉強を通じて
中国語の総合力を高めたいと思っています。

意志と継続する力があれば、なんとかなる。

気持ちとそれを可能にする、学びが必要だ。

新しいことにチャレンジすることは、気持ちをワクワクさせてくれる。

時には疲れるときもあるけど、その時は休もう。

せっかくもらったチャンスなので、やれるところまでやってみよう。

さて、本日の学習は以下の通りです。

韓国語(20分)東亜日報

中国語(60分)読解力養成講座

英語(30分)高校1年教科書








ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短い時間だととても集中でき... | トップ | 今週、3か国語を少しずつで... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ミルクティー)
2017-05-20 12:43:15
あんにょんおじさんこんにちは。
お孫さん誕生おめでとうございます。

中国留学と、通訳試験、いよいよですね。
私も、九州特区ガイドの願書を取り寄せているところです。

この2年ほど、通訳案内士を目指さしている方々のブログを読ませて頂いていたのですが、
2次対策用に、下記のテキストを使っている方が多くて、メモっていたのですがおじさんに紹介します。

・日本のことを1分間英語で話してみる
             広瀬直子
・英語で説明する日本の観光名所100選
             植田一三
・英語で日本紹介ハンドブック
             松本美江
です。英語通訳案内士用なんですけど。
でも役にたたないことはないかなと思います。
Unknown (アンニョンおじさん)
2017-05-21 00:49:37
ミルクティーさん、こんばんは。

2次対策用の教材の紹介ありがとうございます。助かります。

現在、中国語で日本事象を紹介している本を数冊買いました。勉強はこれからです。

他にも有効な教材があれば購入しようと思っていますので、書店にいって見てみます。ありがとうございます。

ところで、通訳案内士の2次試験、簡単ではないです。基本的に目標言語の力がないと全然太刀打ちできないと感じています。

そして、試験勉強をしながら中国語の総合的な力を伸ばすことも念頭に置いて、今後学んでいこうと考えている所です。

アドバイスありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。