アンニョンおじさんの韓国語・中国語・英語学習日記

ハングル能力検定1級、HSK6級、中検2級、英検2級のさらなる挑戦と鹿児島韓国語教室アンニョンクラブの感想を綴ります。

生徒同士で交流する授業楽しく、新しい発見がありました。

2017-07-13 22:44:34 | 二回目の上海短期留学
今日の会話の授業で自己紹介を題材にした個所があり、会話の先生が、中級2の
生徒同士で2人になったり、4人になったりしてお互いに自己紹介を設定する
時間がありました。

これがとっても楽しく新しい発見がありました。

今日、私と自己紹介をしたのはロシアの女性二人でした。

名前はアレナとマリーです。



彼女たちの話を聞いてびっくりポンです。

なんと、ふたりとも17歳。

そう言われてみると、高校生の初々しさが表情の随所にあります。

他のロシアの生徒が最初の時間の全体の自己紹介の時に、17歳といったので
17歳はその人だけだと思っていましたが、結構16歳、17歳の子がいました。

アレナと話をしましたが、とっても初々しい話し方です。

25歳の姉がいて、その姉に子供が3人いるとのこと。

また、来年は大学にいって「東方学」を学ぶとのこと。
(東方学がどんなものか聞く時間がありませんでした)

さらに、学校には中国語の授業はないので、中国語を教えてくれる先生(最初は
中国人、そして今はロシア人)に行って教えてもらっているとのこと。

1か月の月謝が中国元で400元(6800円)くらいだそうです。

二人とも彼氏がいて、今その彼氏はモスクワにいるとニコッとして答えてくれました。

ロシアから来た生徒は3週間だけ授業を受けて、7月末に帰国するそうです。

こんな授業楽しいですね。

一挙に生徒同士の距離が近くなりました。

さらに、ロシアに対する壁も少し低くなったような気がします。

そして夜に散歩しようと外にでたら、韓国の釜慶大学から来ている女生徒二人が
外のベンチに座って話をしていたので、この時、韓国語でいろいろ聞きました。

釜慶大学で遼寧師範大学での研修の呼びかけがあり、募集に応じた学生の中から
面接をして15人が選ばれたそうです。

そして、参加費用が10数万円(記憶が定かでないです)だったけど、学校側
が半分出して、自分たちは半分だけ出費したそうです。

そして、この夏季コースは4週間だけ受講し8月の初めに帰国するそうです。

さらに、この夏季コースを受講したら、3単位認めてもらえるということ
でした。

今日は思いのほか、ロシアと韓国の学生たちと交流ができました。

さてさて、学習はやっぱりコツコツが基本です。こちらでもこつこつ学んでいます。

今日の学習は以下の学習をしました。

韓国語(30分)延世大学教科書5

中国語(7時間10分)発展漢語高級総合2、習慣用語、白水社中国語実習コース
           授業












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハングル能力検定、団体申し... | トップ | 生徒同士の交流授業、一長一... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。