アンニョンおじさんの韓国語・中国語・英語学習日記

ハングル能力検定1級、HSK6級、中検2級、英検2級のさらなる挑戦と鹿児島韓国語教室アンニョンクラブの感想を綴ります。

中国に慣れてきて、お腹まで出てきました。

2017-07-06 22:23:29 | 遼寧師範大学留学(2回目)
中国にだいぶ慣れてきたと感じます。

昨年までは、韓国は全然エネルギーはいらないけど、
中国はかなりエネルギーがないと生活できない国だと
いつも、教室の授業で話をしていました。

本当にそう思っていたからです。

ただ、今日は大学の構内を散歩しながら、とっても気楽に
全然エネルギーを使わないで、ごく自然に過ごしている
ことに気付きました。

こちらに来て、街に出たりしないでほとんど大学構内か
その付近で生活しているからかもしれませんが、以前とは
確かにリラックス度が違います。

おそらく次の3つが要因かなと思います。

1 中国にだいぶ慣れてきたこと

2 どうにかなる程度の中国語のレベルになったこと

3 中国の食べ物に慣れてきたこと

私にとっては中国に来てリラックスして余計なエネルギー
を使わないで生活できるようになったことは、かなりな
成長です。

ただ、困ったことに、ご飯がおいしく感じて、食べ過ぎ
です。

お腹が出てきました。(中国語では将軍腹といいます)

ああ、どうしよう。

中年太りもいいとこだ。

いやいや中年じゃないので、老年太りもいい所。

どんどん食べて、どんどん勉強しよと思って、がつがつ
食べたのがよくなかった。

中国には「饭后百步走」(fan hou baibu zou)という
言葉があるので、食後にどんどん歩くことにします。

さて、明日までが個人レッスンです。最後まで充実して
学習できるよう、準備します。

今日の学習は以下の通りです。

韓国語(30分)延世大学教科書5

英語(30分)高校1年教科書

中国語(6時間50分)発展漢語高級総合2、おもてなし
           中国語、つかみの中国語、ラジオ
           授業、発展漢語高级听力2










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大連交通大学の中国の授業見... | トップ | 個人レッスン終了、気分転換... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

遼寧師範大学留学(2回目)」カテゴリの最新記事