アンニョンおじさんの韓国語・中国語・英語学習日記

ハングル能力検定1級、HSK6級、中検2級、英検2級のさらなる挑戦と鹿児島韓国語教室アンニョンクラブの感想を綴ります。

ハングル能力検定、団体申し込みの結果が送られてきました。

2017-07-13 22:40:00 | アンニョンクラブ関係
6月4日に実施されたハングル能力検定試験の時に団体申し込みした
結果が送付されてきました。

鹿児島韓国語教室アンニョンクラブから団体で申し込んだのは、4級が
9人、3級が4人でした。

他に個人で申し込まれて受験された方がいらっしゃいますが、その方々
については把握できてないです。

結果は4級は9人全員合格、3級は2人の合格でした。

2年前に本教室を開校して、団体申し込みをしたのは今回が初めてでした。

それまでは、団体申し込みをする10人の受験者がいませんでしたが、
開講して2年目で少しずつ、ハングル能力検定などの試験を受けられる
受講生が増えてきたことを意味します。

これまで、ぽつぽつと受験をして、4級、3級、準2級の合格者が出て
来ていましたが、今回の受験は特別な意味があると思っています。

以前までは、どこかで学んでそして本教室に来て受験をされた方方が多い
でしたが、今回の受験は一部の方を除いて、ほとんどの方々が2年前の
開講以来、本教室に来て初めて韓国語の勉強を始められた方々です。

4級合格の方々はほぼ1年前(あるいは2年前から)、3級合格のお一人
は2年前の開校から本教室で学習を始められた方です。

今回の受験結果を見て、韓国語の授業、なんとか足が地についてきたかなと
いう、ちょっと自信みたいなものが生まれました。

学習を始めて、初級教科書(国書刊行会の韓国語・初級・木内明著)を
1年くらいかけて学習したら、4級を狙える力がつき、それからさらに
1年半くらいかけて中級教科書で学べば、3級を狙える力が育つと、経験上
判断しています。

今後、学習を途中で放棄しなければ準2級、3級、4級を狙える方々が確実に
ますます増えてきていますので、これまでの復習中心、何度も発音練習する、
という授業を中心に進めていけばよさそうです。

語学の授業は学習者と授業者の共同作業だと考えています。

ただし、中心はあくまで学習者です。

主体的に学ぶ学習者を、授業者が支えていくというスタイルが理想だと
私は思っています。

続けて学習していれば(受け身の学習では効果がありませんが)、必ず
レベルをあげられますので、今後も学習者が継続して学ばれて、その方々
を支えられたら、幸せだなと思っています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本人留学生の方々と交流会... | トップ | 生徒同士で交流する授業楽し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。