大切岸は、長さ800m以上にわたって

 

高さ3〜10mにもなる切り立った崖が

 

尾根に沿って連続する遺構で、従来から、

 

鎌倉幕府が三浦一族からの攻撃に備えるために、

 

切通の整備と一体のものとして築いた、

 

鎌倉時代前期の防衛遺構だと言われてきた場所。

 

そんな所を見ながら進みます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 法性寺 衣張山 »