今年1月13日(金)福祉大学で講義を行い、

 

その時の感想が届きました。

 

(いまじゅく日記:1月13日「みな熱心に。。。」)

 

・その土地土地の個性を読んで

 

 何が必要かを考えるように、

 

 相手が何を望んているかを

 

 読み取ることは大切だと思った。

 

・「でも」「だって」「そう言われても・・・」など、

 

 できない言い訳ばかり探さないということ。

 

 自分だけの世界に入って、考えを曲げないことはしない

 

 と言う事。

 

・前例がなくてもあの手この手で実現させたことは

 

 自分にとってもこれからの自信につながった。

 

・講義をしている姿を見て本当にお仕事を楽しくされているんだな

 

 と感じました。

 

・私たちの質問に対して一人ひとり丁寧な対応が仕事を

 

 成功させる鍵なのだと気付きました。

 

こんな声が。。。

 

今年で3年目の福祉大学での講義。

 

少しでも現場(生の声)が届いたかな?

 

また来年もお声がかかれば

 

喜んでお手伝いさせていただくことに。。。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 見学者♪ 3月16日 快晴 »