ゆびおり短歌

「短歌人」に所属しています

短歌人2017.7より会員の歌

2017-08-10 | 短歌人誌より
会員2より。

ほんたうにたいせつなものすこし摂り養ひたしよ身もたましひも/冨樫由美子

斎藤さんはいつもと同じリュックして海はひだりと少し叫んだ/葉山健介

駐車場は停電らしい縁石とラインを隠し沼を装う/柳橋真紀子

悔いのないようにだなんて簡単に言えぬ大人になり悔やまれる/朝倉洋

日本は自由な国だと言うように走るよ走る皇居の周りを/佐々木あき

人みなのおどろくひまに消えたしと思へどわれはそれを見る人/鈴木秋馬

きみがきょう新婦として読む手紙には書かないことに泣かされている/浪江まき子

標識を越えるときふたりおしだまりここより先は浸水区域/柏木みどり

水族館展望室から延々と港で働くおじさん見てる/北城椿貴


会員1より。

旅行鞄提げて改札出る夫の背丈いくらか低くなりたり/村井かほる

老いましたと添え書きのある年賀状訃報におくれ届きたりけり/野上卓

爪はあるいは春雨の循環に似てやはらかきまま切り落とす、児の/角山諭

みあげれば葉裏はしろくひをあびぬがわの健全たる不健全/鈴木杏龍

青嵐 さくらの下に生まれたる緑の闇のまだわかわかし/田平子

揺れてゐた葉のかげのゐる枝の下にさへづりがしてわが蔭となる/辻和之



第十六回髙瀬賞より。

母に叱られそうな時間の入浴の終わりに窓をわずかにひらく/浪江まき子「光のあわい」

背表紙を順に読みあげ待っている再配達の再配達を/浪江まき子

そこにある光をたしかめるようにネガをかざした朝のひかりに/浪江まき子

陶磁器の美術館では心臓のかたちばかりに人が集まる/笹川諒「その島へ」

町工場過ぎれば機器にあこがれて冬の陽ざしの透過器となる/笹川諒

感情を静かな島へ置けば降る小雨のなかで 踊りませんか/笹川諒




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短歌人2017.6より同人の歌 | トップ | 短歌人2017.7より同人の歌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌人誌より」カテゴリの最新記事