ゆびおり短歌

「短歌人」に所属しています

短歌人2017.3より会員の歌

2017-05-03 | 短歌人誌より
会員2より。

雪うさぎをつくることなどもうなくて南天の実は南天のまま/冨樫由美子

冬眠もできないくせにどんぐりをひとつ拾ってふゆを待っている/葉山健介

黒々と轟く海をかかえこみ昆布は鍋にひっそり沈む/葉山健介

電車からいつも見ていた病院の窓から電車を見た冬があり/丹呉ますみ

これ以上あゆめぬといふ連続の果ていつぽんの外灯はみゆ/宮澤麻衣子

空爆を見てきたような面差しで口内炎を舌先に突く/太田青磁


会員1より。

父親に抗ひしわれいま父の遺せし財に依りて生きゐつ/阪本まさ子

散り菊のようなるあまた「様」の字を並べて師走のルーティンとなす/岡本はな

流るるといふより太りゆく時間あなうらを掌に包みてゐれば/角山諭(ルビ:掌=て)

手帳持ちて車内ライトに物書きせり指くらがりをややずらしつつ/來宮有人

鳥居ぬけ振り向き小さく礼をする われは消えゆくわが町のなか/竹田正史

ちゃかぽかと紅白を観て年越しの蕎麦をすすりぬ今年終わりぬ/古賀大介

あらわれてくれないものがそばにいてまなうらに影ばかりが溜まる/鈴木杏龍

くれないの襞を重ぬる鶏頭はわれの臓腑と重なりてゆく/北岡晃

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短歌人2017.2より同人の歌 | トップ | 短歌人2017.3より同人の歌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌人誌より」カテゴリの最新記事