ゆびおり短歌

「短歌人」に所属しています

短歌人2017.6(900号記念号)

2017-06-18 | 短歌人
「短歌人」2017.6/同人2 黒﨑聡美


女の子

ひとしきり振る修正ペンの質量に弛みはうまれ春のただなか

雨、降りそうですねと窓を見て雨降るまでをその人といた

旧姓の通帳ひらけばいくつもの顔が浮かんで浮かんで消える

はるみひとみひろみともみとしみかすみ、そしてみさとの加わる夕べ

今までにまちがえられた名はどれも色を持たない花びらのよう

花冷えの簡易郵便局内に二円切手のうさぎが跳ねる

鏡には光がうつり美容師の話のなかでだけ会う女の子





【特集】リレー短歌 ○月△日を詠う 冬から春へ 短歌人2017


一月二十六日 晴れ 栃木県宇都宮市

立ち籠めるペンキのにおいの四辻に色あざやかな椿は消えた

近所の工業団地をしばらく歩いていると、ふと、今自分がどの辺りを歩いているのかわからなくなった。前方が急にひらかれて明るくなり、見たことの無い倉庫が並んでいる。こんなことは初めてだ。一区画間違えたか、いやでもペンキ工場の看板はある。椿、椿の木が無い。ペンキ工場の道路側一面に壁のように高く伸びていた椿の木々が全て切られていた。花は毎年フェンスを越えて手を伸ばすようにたくさん咲く。それはどこか色街を思わせるような日陰のあやしく美しい一帯で、丸ごと消えていた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短歌人2017.5 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL