imaichi訓練所付属ブログ

勉強しまっせ、社会人

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本格的に移行します。

2005-03-18 15:06:57 | 下積み気分
二つを更新するメリットが感じられなくなってきたので、こちらの更新をストップしようと考えます。おそらく、近々そうなるでしょう。

ここ

まあ、実質的にどうなるというわけでもありませんが。
コメント (22)   トラックバック (1)

日本橋フェスタ

2005-03-13 20:17:08 | 下積み気分
http://www.denden-town.or.jp/festa/index.php
コメント (3)

あらためて自己紹介その①

2005-03-10 21:28:59 | 下積み気分
 権威主義者寄りで右派寄りという結果が出た私、まあ、しょうもないクイズだと憤慨もせず、案外満足しているわけですが、権威主義者ということばが私の思うように使われているならばもっと光栄です。最近は、信じるも信じないもそれなりに知識が必要なので、鼻息の荒いだけのしゃべりとか声だけデカイ人は埋まってくれ、と思っています。となると、ほとんどエリート主義者といってもいいことになりますが、それでもなお光栄です。というわけで、私は、権威主義者でエリート主義者で差別主義者で市場主義者ということになりかねませんが、別にかまいません。脳みその節約をするためには、大雑把な分類が必要になるのは仕方がないことなのです。権威に逆らっていて頭が悪くて平等主義的に市場を嫌悪する人々なんているのかいないのかしりませんが、いたってどうってことはないでしょうし、死んでくれてもかまいません。それ以外の人とはお友達になれるかもしれません。「いわゆる左翼」が嫌いなのは昔からですが、最近経済学を忘れてきたので、ちょっと本館のほうの自己紹介を書き直さなければならないかもしれません。というかそろそろ大学生もやめてしまう(順調にいけば)勢いです。
コメント

右ですか左ですか

2005-03-10 21:14:39 | 下積み気分
あ、そうですか
なんか答えにくい問題が多くてやりにくかったんですが、まあ、妥当な結果だと思われます。
コメント

政治的誠実さ

2005-03-10 01:38:27 | 下積み気分
 各人が匿名で一票を投じ、候補者から政治家をひとり選ぶ。で、その選ばれた政治家が不正を犯したり基地外じみた行動をとったとしても、この根本的な欠陥を抱え込んでいるシステムは批判されないままになる、と。みんな選挙に行こう、などという浅ましいことばもありますが、ああいうせりふを聞くと無性に気分が悪くなってしまうのは、私が権威主義的・差別主義者であるからなのです。そもそもマスコミの偏向した情報を鵜呑みにするか、それともこらまた偏向した情報をどこかから仕入れてきて、ないしは情報を持たないまま皆が選挙に行くという事態は国民総出でやるギャグかなにかなのでしょうか。
 何度も書いたように、私たちは限られた情報のなかで限られた時間と関心のなかで生きているわけであり、専門的に社会調査をしているわけでも、専門の法律家とコンタクトを取れるわけでも、偏りのない判断ができるほどにさえ価値についても推論についても学んでいないわけです。こうした状態で政治について何か考えたとしても適切な判断が行われるとは言えず、行われたとしても偶然の産物に過ぎないわけですね。そんななかで積極的に政治参加をしようだとかなんとか言うのは単なる自爆行為だと思われます。そこで何をすべきなのかという点で、私は、(頭のいい)官僚や学者に政治をとりしきってもらいたいと思っているわけです。判断というのは十分な情報と、理性的な推論をくだせる人間が行うべきものなのです。烏合の衆とはよくいったもので、たくさん人間が集まっているからといって、正しいことが行われるわけではないということは心理学やら政治学やらで議論されていることでもありますね。こうなってしまうと、私は、誠実さとは、選挙権を放棄して優秀な官僚や学者の方々が言ったことを適切に判断できるように勉強に努めることなのではないかとさえ思えてきます。もちろん最後の最後まで政治的に無関心でいられるかという点は、いまのところ留保しておかなければどうしようもないと私は考えているのですが、しかし、現時点では私には政治的判断を下すだけの知見も社会的立場もないとしか言えません。専門家の方々がそれぞれのやりかたで導き出した解答は、それ以外の野蛮な方法で導かれたものよりも信頼のおけるものであり、もちろんその結果は専門的なルールのもとで検証されていかなければなりませんが、われわれ一介のパンピーには反論しようのない真理なのです。ただ、専門家といっても、学問的な厳密さの水準も、そして、そこから出てくる解答のひとつひとつをどこまで信頼すればいいかもまちまちだと思われます。だからといって、専門家を信用するべきではない→自分の頭で考えろ、ということにはなりません。これは単に、各知識の評価の基準が定まっていないだけの話であり、専門家にもたまには基地外が混じっているというだけの話なのです。
 だとしたら、さまざまな判断をする際には、各方面の専門家が提供する解答を判定しおり合わせていく判断力が要されます。ところが、この知識のアセスメントはそれ自体が非常にセンスを要求される高度なものなのです。私はパンピーがそれを持ち合わせているとも、今後、持ち合わせるようになるとも思いません。その状況で、ミギヒダリホシュカクシンすべてが持ち出す世論や国民の声という・・・バカの天啓を当てにすることは単なる自殺行為だと思われます。私は、政治的無関心を前面に押し出そうと考えています。それは知的誠実さのゆえにです。たとえ官僚政治が行われているのだとしても、国民の声が反映されれば政治が良くなるなどと考えてはなりません。統治者よりも統治について敏感になるためには長い手続きを必要とするのです。
コメント (5)

国家ですか?

2005-03-08 11:56:32 | 下積み気分
 愛国心も何もたかだかごはんに梅干のような簡素かつ消化によさそうなデザインの旗ひとつを拝むのにご大層な理由をつけなくてはいけない基地外は左も右も変わらない気がします。私自身は国旗に手を合わせようと深く頭を下げようと何ら痛痒を感じない部類ですが・・・だってこんなもん儀礼でしょうが。飯を食うときに手を合わせて「いただきます」と言う。他人と会ったら一礼する。こういうのって儀礼的なものであって、これをやったからといって何かが変わるわけではありません。
 で、いちいちこの程度の代物で、シナや朝鮮の人間から何か言われるたびに「深く反省」したり、過去の軍国主義のことを思い返す人間とは個人的に友達になりたくないですが、それ以上に「思い返さなければいけない」と感じている人がいることにむしろ違和を覚えます。電波ですか? シナや朝鮮に電波の発信台でもあるんでしょうかね。呉智英がどっかで書いていましたけれども、国家とか国旗がないとセレモニーで困るんですよ。ああ、そういえば『となりのトトロ』を国家にとか言っていた国辱的低脳反日の基地外もいましたね。なんてお名前でしたっけ? きたちょうせんたいしかんしゃみんとうまどぐちとうしゅとかいう人でしたっけ? 電波は埋まってくださいね。
 この種の問題をとりあつかうときに基地外の基地外ぷりを感じるのは、たかだか儀礼に電波的意味づけを施したがるバカにであって、別にミギヒダリホシュカクシン問いません。勘違いしないでくださいね。あなたはミギですか、と聞かれたら「はい」と答えてもいいです。あなたはヒダリですか、と聞かれたら「はい」と答えてもよいです。ただし、民衆裁判とかいっている低脳な連中や、何も誇るものがないけれどもとりあえず誇りを持ちたいから国家、というような短絡な連中といっしょにしないでくださいね。思考の節約はけっこうですが、二分法をするにしてももう少し細かくやってください。世の中をきれいに二つに分けようと思わないでくださいね。
 わざわざ国家・国旗を強制しなければいけない状況がお笑いなのである、ということにまず目を向けましょう。ついで、シナや南朝鮮や北朝鮮をバックにしたり反米を丸出しにしてしゃべりまくっている人たちも敬遠しましょう。私は温和な差別主義者ですので、国家を歌いたくないやつなんか放っておけ、とも思います。また、精神的苦痛云々とか言って騒いでいる皆さん、だったら、あの公立の小学校や中学校にいる基地外の左翼教員はどうなんです?
①相手はガキ。
②義務教育課程だからバカな教師に偏った思想を宣伝されても拒否しにくい。
③別に彼らが真実を説いているわけではない。
 などなどの側面から考えても、彼らほどの害はこの日本におりませんよ。まあ、私は、法案の存在自体が恥を告白する感じでイヤといえばイヤなんですが、こういう手合いを抹殺するためのツールとして導入されるならOKOKという感じですね。
 ではこのへんで・・・、え? おまえは何主義だって? あたくしは権威主義+温和な差別主義ですよ。それではこのへんで。ごきげんよう。
コメント (2)

こんなんも

2005-03-07 01:38:45 | 下積み気分
http://b-dokudoku123-2.bom-ba-ye.com/
コメント

とりあえずベータ版

2005-03-06 20:21:21 | 雑感
ここ。調整中です。
コメント (1)

痴漢対策もなにも・・・

2005-03-03 20:02:37 | 雑感
 会社のなかや公園などいたるところに監視カメラをつけてもらいたいくらいです。
 あたくしは別にやましいことなどひとつもしておりませんので、監視されたとしても全然痛くないです。むしろ、清廉潔白きわまりすぎて角が立ちその立った角か何かで他人を突き殺し恨みを買っている気配がございまして・・・人にハめられるのではないかと思っているぐらいなので、逆被害に遭わないためにも私の身の回りに(家の中以外は)監視カメラを置いてほしいぐらいです。
 そりゃあ悪質な痴漢のかたがたがおられるのは確かなことで、そういう人たちに被害に遭われる女性には同情いたします。ですが、男に基地外がいるのと同様に女にも基地外がいてもおかしくはない・・・いやいるだろうという予想はすぐに立つわけです。実際に、女にも基地外がいることはあたりを眺め回すことでわかることでしょう。そういう基地外女に悩まされている男もいることでしょう。なんだかんだいって女に変に甘い(これは女がきっちりと守られている、という意味ではございませんよ。基地外男の所業を許す甘さが世の中にあるのと同様基地外女の所業を許してしまう甘さもまた世の中にあるということです)ところがあったりなんかで、被害者面して日常を蹂躙されるということもあるかもしれません。そういう基地外女にはひとまず病院に逝ってこいという感じですが、基地外のなかでも本質的な基地外ほど病院に逝かなかったり他人に迷惑をかけて平気であったりするわけで、まあ、どないもこないもしようがないんですわな。
 で、変にそういう基地外女に武器を与えるような中途半端な締め付けを行うくらいなら、全面的に監視カメラでも導入してもらって、人類皆モニタリングという世界を私は望むわけです。基地外にプライバシーや権利を与えることは、まさしく「基地外に刃物」ってやつかもしれませんよ。まあ、費用がかさみすぎるので徹底した監視という理想は実現されないでしょうが、風評ひとつで人の人生が狂わされるような時代はよくないと思いますよ。
 それではみなさん。電波にお気をつけて。さようなら。
コメント

とりあえず

2005-02-27 20:21:40 | 雑感
本館久しぶりの更新ということで。
コメント