アメリカ生活 徒然日記

2003年6月渡米。いろんな事がありながらもアメリカ暮らし続けてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本滞在最終日

2012年04月13日 | 徒然なるままに。
4週間に亘る日本滞在がもう終わろうとしている。
あっという間の4週間だった。
4週間もあればあれもこれもいろんなことができるかと思ってたけど、いろいろやったような気もするしいろいろやり残した気もする。

できたこともたくさんある。
友達に会ってエネルギー充填。みんな頑張ってる!私も負けずに頑張ろう!
会えなかった友達もたくさんいてるけど、みんな忙しく頑張ってる。
あまり会えない家族との時間を満喫。姉家族とも何度かあえて、お嬢さんは従兄弟たちとの時間を楽しんだ模様。
桜を満喫。結局4月のはじめまで咲かなかったけど、散るところまで楽しめた。
相撲観戦。初めての生相撲。入ったところに貴乃花がいてて、やせてたので誰かわからなかった・・・(写真を撮ってる人に聞いた)
白鵬と日馬富士が会場入りするところも間近で見た。
ちなみに見に行った13日目は白鵬が負けた日で、座布団が飛ぶのも見た。
ダーリンは東京に1泊で行けたし、日帰りながらもダーリンとのデートも何度かできた。

お嬢さんもいろいろできるようになった。
言葉も増えたし、2-3語で話すようになった。
大阪弁も上達。
「固い」が「固いでー」になったし、「いらない」が「いらん」、「あかん」が「あかんで」になった。(笑)
「~してはる」も真似しようとしてる。
いまだに「mine!」と「No!」は使ってる。
滑り台も階段も上手になった。エスカレータも上手。
歩ける距離もぐんと延びたし、走るのもうまくなった。

出来なかったことのいくつかは、小旅行と勉強。
Breast Cancerの勉強も少しはできるかと思ってたけど、結局出来なかった・・・
小旅行は計画をちゃんと立ててなかったことがそもそも失敗だったような。

本当にあーーーーっと言う間の4週間だった。
明日ついにアメリカに帰る。また自分たちの生活を頑張ろう。






コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ヌードル

2012年01月29日 | 徒然なるままに。
「ヌードル(Noodle)」って聞いたら何を思い浮かべますか?


ある日患者さん(20代・白人・トトロの帽子)とうがい用の水を家で作るときの話から、

「ところでヌードルを料理する時に塩を入れる?」と聞かれた。

何を思ったか私

「え??入れないよ。スープの粉が入ってるやん。それを使うよ!」と返答。



そう。袋のラーメンを考えてしまったのです。
そう。スパゲティとかパスタのことを話していたのです。
患者さんは「誰もトップラーメン(アメリカで一番安い袋ラーメン)のこと言ってないよ!」とナイス突っ込みをしてくれました。

いやー、文化の違いといいますか。。。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

新年です!

2012年01月24日 | 徒然なるままに。
ってもう1月もあと1週間で終わりますが、睦月の間に、いろんな人と仲睦まじく今年もやっていけるようにってこと(ClevelandのKさんのお言葉)で、ブログ書いてみます。

1月に入って、1日早々友達のところに呼んでもらって、幸せな年の始まりです。私は面倒くさがり+気にしぃなところがあって、人と自分から絡んで行くのは下手なのですが、よんでもらったり絡んでもらったりするとうれしい性質です。

16日はダーリンの誕生日なので、2日前の14日にたくさん人に集まってもらいました。フーディーな友達が多いので作るのは嫌なので、メインはテイクアウトのピザ!サラダとダーリン希望のカップケーキは作りました。

大雪の日に生まれたダーリンの記念すべき誕生日らしく、14日から雪。15日から本格的に振り出して、月曜の16日から水曜までダーリンは家で仕事。水曜~金曜は私も仕事なのですが、水曜はデイケアも休みになってしまったので、ダーリンは家でお嬢さんを見ながらの仕事になってしまいました。

普段から基本バスで通勤の私は水曜は往復ともそれほど問題なく(キャピタルヒルの丘は6ブロックほど歩いたけど、これはたまにしてる)、木曜の朝もほぼ問題なく行くことができました。
でも!木曜の帰りが大変だった。丘のてっぺんにある病院にはバスは来れないだろうと踏んだ私と同僚は歩いて丘を降りることに。そこまでは普段でもバスがなかなか来ないときはしてて、丘を6ブロック降りたらバスのチョイスが増えるのでやってること。でも丘を降りたところでもバスがくる気配はなし!バスをタイムリーにチェックするアプリでチェックしてもダメ。ってことで、そのまま緩やかな坂を下りて進んでいくことに。。。横の分かれ道は急な坂で、スノボーをしてる人やそりで遊ぶ人もいてるほど。。。。そんな人たちを横目に結局2つ目のバスを乗るところまで1時間歩きました。2つ目のバスは程なく来て、でも道が悪いので結局さらに1時間かかった。
金曜はほぼ通常通りだったけど、たくさん降った雪が溶けて結構ぐしゃぐしゃだったなー。
ちなみに今現在もう雪はほぼすべて溶けました。

私たちは問題なかった(ダーリンのパソコンが一瞬切れてリブートした)けど、木が倒れて停電になった地域も結構あったみたいだし、1週間経ったけどいまだに電気が通ってないところもあるらしい。。。クリーンブランドに留学したすぐの夏、ナイアガラ付近の発電所のトラブルで大規模な停電が起こった時に私も半日くらいの停電を経験したけど、それが冬となるともっと大変ですね。半日の停電でも「大変だ!」と思ったけど、そう思うと東北の震災で被害を受けた方々の苦労は想像を絶するものなのだと思います。

この週末は土曜は友達がベルビューのモールに行くって言うので急に参加して、Din Tai Fungのランチへ。やっぱり(総額を考えずに食べたいだけ食べるので)高いけど、おいしい!
日曜はオープンハウス2件。ひとつはsustainability&ecologyを考慮した新築のモデルハウス。家の中はすごく素敵だったし、オープンな感じもナイス。そしていろいろ考えられて作られてるのでいいなーと思うところが多い。たとえば子供や喘息もちなどの人の肺に優しいペンキ使用、壁の作り方がローメンテナンス、気密性が高く電気代節約がすごい!など。でも場所のわりに高いのねー。


さあ、今年はどんな年になるのでしょうか・・・
みんなが笑って一年が過ごせたらいいな。それだけです。
今年もよろしくお願いします。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

サンクスギビング

2011年12月05日 | 徒然なるままに。
もうだいぶ過ぎてしまいましたが、Thanksgivingは感謝する日です。
いつも偉そうに文句ばっかり言ってる私ですが、こんな機会なので感謝したいことがたくさんです。

一番はやっぱりお嬢さん。
生まれてきてくれたこと。元気に成長してくれてること。なんでも食べてくれること。いつも笑わせてくれること。ありがとう。

ダーリン。
わがままな私でも愛想を尽かさないでくれること。一緒にお嬢さんを育ててくれること。ちゃんと仕事をしてくれること。仕事が忙しくても家のことや子育てをしてくれること。ありがとう。

親・姉妹。義父母・義弟。
遠くにいても気にかけてくれること。元気でいてくれること。ありがとう。

友達。
いてくれることに感謝。話を聞いてくれて、話をしてくれて、いろいろ教えてくれて、付き合ってくれてありがとう。

仕事・同僚。
いつも脳と指先の刺激をされています。こんな私を雇っていてくれてありがとう。

考えれば感謝することっていっぱいありますね。

*******

ちなみにサンクスギビング当日はダーリンの大叔父さんのところへ行っていました。この人ももう85歳くらいだと思います(数年前に初めてあったときに83歳って言ってたはず)。サンクスギビング前に肺炎で入院していたらしく、いつまで呼んでもらえるかわかりませんが、なんなら私が25パウンドくらいのターキー焼いて持っていける!くらいにならないといけませんね。尊敬できる素敵なおじいさんなので、いつまでも元気でいてほしいものです。毎年招待してくれてありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二人でお出かけ

2011年11月27日 | 大切な人達
日本の人には信じられないと思われるのか、もしくはこんなこと日本でも普通なのかわかりませんが、アメリカでは「子供と離れて夫婦だけで過ごす」ことも大切にします。

うちのダーリンも、演歌の心も少しはわかるみたいで日本食も源氏物語も大好きなんですが、根はアメリカ人らしく、お嬢さんが生まれてからの二人だけで過ごすことができない!って時には思ってるみたいです。もちろん最近はお嬢さんが寝てから二人で過ごせるんですが、やっぱり仕事をしないといけないときもあるし、『デート』っていうのもたまにはしたいみたいです。

ってことで、お友達にお嬢さんを見てもらってデートに行ってきました。

10月5日ドリカムのライブ。
シアトルまで来てくれるなんて感激!歌も好きな曲盛りだくさんだった。
私の影響でドリカム好きになったダーリンも「大阪Lover」や「Love Love Love」など知ってる曲も多かったし、楽しんでた。何しろ会場が盛り上がってた!
私は「Toridge & Lisbah」が好きなので歌ってくれたときは感動だった。後はどれもよかったけど「大阪Lover」「何度でも」「未来予想図II」「空を読む」「うれしい たのしい 大好き」とかですかねー。でも昔の曲をいっぱい歌ってくれて、流行ってたころに友達がいつもカラオケで歌ってたなーと思ったりして懐かしかったです。
残念だったのが、音が悪かった!日本だったらありえないんだろうけど、すっごい音が割れてたって思ったのは私だけ?吉田美和が何度も舞台横に指示出してたように思ったんだけど。ちなみに日本で働いてた病院の先輩で「吉田美和」って人がいてたなーとかも思い出しました。たぶん1年しか一緒に働いてないと思うんですが。
それにしても吉田美和(ここはドリの)、すごいわ。あれだけ踊りながらよく歌える!小さい体ですごいパワーです。

11月26日 Nutcracker(くるみ割り人形)
バレエです。人生初のバレエ。クリーブランドにいてる時って、バレエ行くって言うよりもオーケストラ行く機会のほうが多かったけど、シアトルにあるバレエ団(Pacific Northwest Ballet)はいいって聞いたし、くるみ割り人形はずっと見たかったし、チャイコフスキーは好きだし、友達もお嬢さんを見てくれるから行って来いって言ってくれたしで、いろいろな事が重なって実現できたバレエデートです。ちなみに土曜のマチネ公演に行ってきました。
子供歓迎のくるみ割り人形。写真を撮るセット(ミニ舞台みたいなところができている)やツリーや、子供が楽器に触れたりできるコーナー、それにファミリートイレにオムツ替え台まで(この演目だけのためではないけど)もありました。
子供たちはやっぱり5歳以上って感じの子が多かったけど、中には赤ちゃんを連れてる人もいましたよ。大人しい赤ちゃんなら大丈夫かも。みんなかわいい格好させてもらって、後ろに座ってた子はしゃべったりしてた(「あれは何?」とか)けど、ぜんぜん気にならないし、バレエなので台詞もないから私としてはむしろほほえましかったです。
吉田美和もそうだけど、踊れる人ってすごいね!(踊りはぜんぜん違うけど) 飛びながら足を動かしたりとか、回転したりとか、バレエ用語はまったくわかりませんが、異人級な気がする。訓練でできるようなら、どれだけ血のにじむような訓練をしてきたことか。。。バレエをやってる(た?)友達にいろいろ話を聞かせてもらいたいものです。
主人公役の人はやっぱりすごかったし綺麗だったのは当たり前だけど、鳥の役だった人が私は一番惹きこまれて「もっと見たい!」って気がした。
そこにはオケピがあって生演奏なんだけど、気になったのは「どんな人たちが演奏してるのかな?」ってこと。結局もらったパンフレットには何の情報も載っていなかった。しかもオケピを覗いてくるのを忘れた!素敵なチャイコフスキーを聞かせてくれてありがとう!

こんな感じで10月11月と1ヶ月に1度のペースでデートをしたわけですが、結局コンサートだったりバレエだったりでその数時間をお互いの顔を見て・話して過ごしてはいません。。。でもおしゃれして、二人一緒に楽しい時間を過ごして、終わってからもそれについての話ができるし、それでいいのかも。
ダーリンは月1くらいがいいらしいけど、私はお嬢さんが寝た後の家でムービーデートでも十分にいいんじゃないかなーなんて思ってるんで、次は春に日本に帰るときでもいいかな、って思っています。春は相撲を見に行きたいなーって思っていますが、お嬢さん&両親一緒でもいいよねぇ?!

同僚に言われた言葉:
子供はいつか大きくなって出て行く。最後は夫婦二人だけよ。ちゃんと夫との関係を大切にしなさい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

面白いことだらけ

2011年11月08日 | 妊娠・出産・子育て
最近、子育てがめっちゃ面白い。
と言うか子供が(むしろお嬢さんがって言うほうが正しいのか)面白いからなのか。

お嬢さん、どんどんいろんなことが出来るようになってて、その最たるものが言葉。
まだはっきり話せない言葉が多いのだけど。

昨日の朝、朝食を食べてる時、どこかを見つめて
「オー マイ ガー(Oh my God)」とつぶやいた。
ダーリンも私も使わないし、テレビも見せてないし、デイケアで習ってきたのかどこかで聞いたのか。。。

よく会う友達の名前を教えてる時。
何人かは私の言ったことを繰り返して、でも一番小さい10ヶ月の子の名前だけは「ベイビー」と言ったり。

ブランケットでいないいないばあをしてる時。
「私にもかぶせて」と手で頭を触ってたけど、ダーリンや私にかぶせてたらお嬢さんは怒ったり。

今日は靴を自分で履いた!

毎日毎日変化して、新しいこと・面白いことをしてくれるので目が離せない!
どんどん成長してくれるのは嬉しい反面、慌てて成長しなくてもいいからねーと思ってしまうのは親心なのでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気の持ちようって大切

2011年11月03日 | アメリカでナース!
先週木曜のことですが、両極端な性格の患者さん二人を受け持った。

患者さんAは50代後半、癌の再発で治療を受けています。
Aさんは大学教授でとてもポジティブ。
抗癌剤の前日はヨガでリラックスして、lymphedemaにも負けずアクティブに過ごす。
今は仕事は休みを取っていて、本もたくさん読めるし、紅葉も例年以上に楽しめると話す。
瞑想のためお寺にも行ったり、やっぱりふっと暗い気持ちになることもあるけど、結構すぐに気分を前向きに返れると話す。
抗癌剤をよく「poison」と言う人がいてるけど、この患者さんは「これは私のHealing drug」と言う。
彼女と話しているとこっちが元気をもらう。
なんとか彼女が10%に入れるように、と力が入る。

一方、40代前半の男性。
きついchemo+radiation。はっきり言ってきつい治療。でも治せる癌。
でも患者本人にその気がないのか、出来ることをしようとしない。
PEGチューブもPORTも「見るのも気持ち悪い」と言う。
病気になる前はマラソンもしてたと言う彼。
見た目もキャプテンアメリカみたいで、1回目のChemoの時は「25くらいに見えるね」と言った同僚ナースに対し「1週間前は20に見えたよ」と言った患者。
運動を続けることが多岐に渡ってベネフィットがあるのに、PEGやPORTが動いて気持ち悪いと言って何もしない。もちろん家でもPEGは使ってない。
ガールフレンドが一生懸命世話してるけど、本人に意欲がないのと過度の不安と鬱ですべてが空回り。
ナースや医師のアドバイスも本人に受け入れてもらえない。
で、結局chemoのdoseを下げてみることになりそうな。。。

やっぱり患者さん本人の気持ちが一番大切なように思う。
ナースとして少しでも副作用が抑えられるように、一生懸命何かしてあげたいと思っていても、本人が受け入れてくれなかったり、やる気を見せてくれないとやっぱり難しい。。。
そして私のやる気も。。。。減退。。。

他のプロフェッショナルの力を借りる時かもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本語教室の見学に行ってきた

2011年10月24日 | 妊娠・出産・子育て
ここら辺ではいろいろな方法で日本語と接する機会を作ることができるのですが、子供の日本語教育に関しても同様のことが言えます。お金と時間があれば大人のより簡単にできるんじゃないかと思います。

今日はお嬢さんの日本語にかかわる時間をもっと増やすにはどうしたらいいかな?と考えた末、地域の日本語教室の見学に行ってきました。親子教室は残念ながら今は生徒がいないってことで(個人レッスンは可能らしいですが)、ちょい年齢上の子供のクラスを見せてもらいました。

結果:思っていた以上にいい。面白い。お嬢さんはクラスで一番ちびだったけど、マイペースでやってたし、ちゃんと話を聞いたり興味を示していた。教室から自分で出ておもちゃのあるところに行ったりもしてたけど、後からまたみんなのところに戻って椅子に座らしてもらっていた。いろんな面白いことが次々出てきて、それでちょっと疲れたのか今日はいつもより早くお昼寝してしまったけど、楽しかったみたいだった。

いろいろな言葉を日々覚えていくお嬢さん。きっと今からいろんな日本語(日常で私が使ってる言葉やいつも読んでる本からだけでなくって意味で)に触れるといいんだろうなーって思う。

ただし!お嬢さんともっと一緒にいたいって言う私の希望には反するもの。クラスは子供と先生だけ。私には数時間のフリータイムが与えられる。その間に家事やら買い物やらを済ませておく?!専業主婦なら飛びついてただろう。

それともやっぱり今は二人で楽しめる何かを探すか。。。

今のところ日本語のほうが強いし、家でいろんな本を読んであげたり・いろんな遊びをしたり・日本語を話すお友達と遊んだり。。。何とか日本語力アップを持続出来るか??
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日本に帰れ!

2011年10月23日 | 徒然なるままに。
って同僚に言われました。
こんな会話が原因です。

同僚:「パンプキン畑(Pumpkin Patch)行った?」
私:「行ってないー。パンプキン買いたくないし。」
同僚:「買わなくてもいいよー。ほかにもいろいろ売ってるし。」
私:「そっかー」
同僚:「ハロウィン何かするの?」
私:「しないー。(お嬢さん)キャンディー食べれないし、私もいらないし、コスチュームも買ってないしー」「旦那の職場でイベントあるけどねー。」

少し間をおいて
私:「ホリデーは何するの?実家に帰るの?」
同僚:「いや、飛行機チケット高いし、運転も怖いしねー。でもサンクスギビングに両親が来てくれるのよー」
私:「いいねー。じゃぁターキー焼くんや。」
同僚:「そう。母と私で料理して、主人と父はフットボール見るんじゃないかな」「あなたはサンクスギビング何かするの?」
私:「しないー。ターキーの料理法も知らないしねー」
同僚:「クリスマスは?飾りする?」
私:「うーん。やりたくないなー。一応プラスチックの小さいツリーはあるけどねー」
同僚:「何もアメリカらしいことしてない!Go back to Japan!
私:「Good idea!(いいね!)」
二人:爆笑

やっぱりお嬢さんのためにも日米両方のイベントを経験させてあげたほうがいいのかなー。って日本のイベントも大して何もしてないから、やっぱり来年からは気を入れなおしていろいろやってあげるようにしたほうがいいのかも。。。

って、来年からかいっ!



追記:こんな私のお尻を叩いてくれる行動派のお友達募集中です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

18ヶ月検診

2011年10月17日 | 妊娠・出産・子育て
お嬢さん、先週風邪を引いて、熱+発疹が出たのでドクターに診てもらいに行ってきました。そのついでと言っては何ですが、一緒に18ヶ月検診も受けてきました。

ちなみにお嬢さんの熱&Rashはウィルスによるものだろうってことで、特に何もすることはなし。診てもらったときには熱が下がってからほぼ24時間経ってたので感染性も低いってことでした。

検診のほうも異常なし。
体重:55パーセンタイル、身長:75パーセンタイル、頭囲:82パーセンタイルでした。
元気に育っています。

18ヶ月検診では予防接種も3種類あったのだけど風邪引いてたばっかりだったので翌週連れて行くことに。ドクターは「大丈夫」って言ったけどなんとなく私がそうしたかった。
でも、やっぱり検診の後そのまま注射も受けてしまうのが賢明だなーと思ったわ。
1週間後に連れて行くとき、「あーかわいそうー」とか思ったり痛がってなく顔が浮かんできたり、「やめとこうかなー」って気持ちが何度もよぎってしまった。。。

もちろんちゃんと連れて行ったし、注射の時泣いたけど終わって抱っこしたらすぐになきやんで、ちょっと拍子抜けと言うか・安心と言うか。。。
予防接種は検診の後その場で受けることをお勧めします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加