東京の土人形 今戸焼? 今戸人形? いまどき人形 つれづれ

昔あった東京の人形を東京の土で、、、、

神宮の杜

2016-09-15 19:32:29 | 日々

 火曜日の夜みそろぎ人形展の搬入と設営作業を済ませた後、翌水曜日と本日木曜日は毎年10月始めに執り行われる、明治神宮の「人形感謝祭」と「思い出人形展」のお手伝いに伺いました。思い出人形展に展示される人形選びとか展示前の虫干しなどの作業です。宝物殿そばの収蔵庫に保管してある人形類ををダンボール箱から抜き出し虫干ししたり今回の展示物を選別する作業でしした。校倉作りの宝物殿の床下で作業していました。神宮の杜の中の時間の流れは東京にいながら別世界のようで鳥の声虫の音、そして草や木々の香りに包まれて日常生活から解放されたようなありがたさです。ただ昨日今日は蒸し暑くて、タオルで拭ってもひっきりなしに汗が噴き出すくらい暑かったですね。

 お昼を食べに皆さんと近くへ食事へ行くのも森を通って草原を通り過ぎたりで、何とも贅沢な気分でした。この夏、日をまたいで遠くに出かけるような機会もなかったので昨日今日とバカンスのような開放感を味わえたような気がします。作業を終えて神宮の外に出ればいつものような人ごみや電車や車の音。本当に不思議な感覚でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 干支の酉(鶏)づくり② | トップ | みそろぎ人形展 My Booth »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL