東京の土人形 今戸焼? 今戸人形? いまどき人形 つれづれ

昔あった東京の人形を東京の土で、、、、

水温んで芽が吹いて、、、

2017-04-05 20:57:24 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 一度は暖かくなったと思えばまた冷えて、昨日あたりからようやく過ごしやすくなりました。泥水に手を差し込んでも痺れません。このところお稲荷さまの狐類を中心に型抜きに明け暮れているので、土の消費のペースも高く、絶えず土が準備できているよう心掛けていますが、つい先週までは水が辛くて水簸(すいひ)の作業はできませんでした。久しぶり昨日と今日で右のバケツで撹拌した泥しょうを篩にかけ左のバケツに貯めています。前回までの沈殿した泥しょうは石膏鉢で水分を取り除いています。

 普段は泥バケツの上にカップラーメンの殻どんぶりに目を出している木々(みかん、はっさく、りんご、ぶどう、サクランボ、

ビワ、オレンジ、梨など食べた種を蒔いたもの)を載せて小さな田舎気分を味わっています。柑橘系の葉っぱは常緑なので変化は大きくありませんが、りんごやサクランボや梨などは将にこの時期芽を吹いてわくわくします。カップの中の広葉樹は秋には紅葉があり葉が落ちるなど、季節が流れています。

 普段はこんな感じです。枯草が茫々としているのも、田園気分を味わいたくてそのままにしているんですが、端からはだらしないと思われているかもしれません。

 こちらは毎年楽しみにしているフジバカマと清澄菊の芽吹きです。下のバケツにも泥が眠っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中野ひな市 2017 | トップ | 岩淵水門のライトアップ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL