東京の土人形 今戸焼? 今戸人形? いまどき人形 つれづれ

昔あった東京の人形を東京の土で、、、、

ひねり鳩の組み立て

2017-07-11 01:27:12 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 きびしい暑さですね。今日は冷房のよく効く自宅の台所で作業しています。例によってひねり鳩の組み立てをしています。本来のひねり鳩は生土を丸めて直接竹ひごなどで尻尾や脚やくちばしを差し込んで乾かし、焼かずに彩色しているのでひどく脆く、落としたり、擦れたりですぐにこなごなになり、また、濡れれば形ごと溶けるので、残るものが少ないように思われます。丈夫さということを考え、我が家では孔だけあけて素焼きしてから竹ひごを刺して組み立てています。

 少しだけだったら楽しいですが、急いでたくさんは案外としんどいです。ぴいぴいの鞴(ふいご)作りはもっと面倒ですが、、。ひねり鳩を作っているところですが、中に鳩ではないものも混ざっています。くちばしだけで尾っぽも脚もついていないやつです。何だと思いますか?

 くちばしや脚や尾っぽの長さを調節したら地塗りに進みます。この暑さでの膠遣いは冷房しっかり効いていないと困ります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 素焼きと余熱 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL