レオのフライフィッシング物語3

フライフィッシングとアウトドアを中心に情報を提供します

奥只見の釣り

2016-09-19 17:46:59 | 日記
9月16日から2泊で奥只見に釣りに行きました
午前3時30分出発、関越道赤城付近は大雨、いやな予感
小出インターで降り、約30㎞のトンネルを抜け

写真でははっきり写らないが、岩むき出しの凄いトンネルである
午前7時30分、宿泊先のとんじろに到着、天気は晴れて暑い☀

奥只見ダムを観光




10時、釣り宿の主人に大鳥ダムのバックウォーターに送ってもらい釣り開始

素晴らしいロケーション
この透明な水質、山の緑が写ってエメラルドグリーン
水は冷たく、長い間川に入ってられない




ここには50㎝オーバーの岩魚がいるのだが、なかなか出て来てくれない
まあ、この時間では無理か

午後は只見川本流を釣り上がる事にした




フライは岩魚キラーのテレストリアルを結びキャストを繰り返す
小さい岩魚がヒット


先行者がいたのか、なかなか渋い
人の入りそうに無い、早い流れのポイントを攻めて、ヒット
大きいと思ったが、尺に一歩及ばず

綺麗な天然岩魚である

午後3時にあがり、宿でカンパーイ

二日目は裾沢に入ることにした
天気は曇り
早朝5時出発、まだ暗い、ダム下の道路を進み、南沢付近まで車で送って貰った



この袖沢は、尾瀬が源らしい
流れが強くフライには難しい渓である

準備をして、対岸に渡ろうとしたとたん、太ももがつり アイタタタ
その後も力が入らず無理が出来なくなった



一旦林道にあがり、上流へ
林道から渓がみあたらず、藪の中を進みなんとか渓にでた

綺麗な岩魚が来てくれた




その後上流を目指したが、渓が深く前に進むことが出来なくなったので、林道に出ようとしたが、藪が深く遭難の危険性があったので、下流の入渓点まで戻った



釣友とは、途中から離れ離れになり、色々探したが見当たらない
電話も電波が届かず繋がらない、大声を出しても川の音でかきけされる
困った
林道を先に進んだのかと、渓からあがり、待ち合わせ場所の北沢入渓点に向かった
1㎞ほど登ったところで、林道を降ってくる友人を発見、お互いホットした
やはり心ぼそかったみたいである


ああ疲れた



最終日は朝から雨
釣りは諦め、野沢温泉で疲れを癒した



奥只見の大自然の中での釣り
素晴らしい
今回も熊に会わなくて良かった

渓を極めるためにはウェーダーは辛い、次回はゲーターだな







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅沼キャンプ | トップ | 紅葉の日光菅沼の釣り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。