岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

「青山学院陸上部原晋監督」の話は 役に立てれそうです!

2017年06月22日 | 経営
当社のメインバンクである岐阜信用金庫さんが
「信金の日合同公演会」に箱根駅伝3連覇の偉業を達成なさった
青山学院大学陸上部の原晋監督の講演会を企画されたので
岐阜グランドホテルまで出かけてきました。

今までの講演会は経済アナリストの先生が多かったのですが
今回は原監督ということで会場は超満員です。

少し前大垣共立銀行系の講演会は
あの早実清宮選手の父 ラグビーの清宮監督の話で
今回は原監督ということで スポーツ監督のマネジメントに注目が集まっているようです。



演題は「箱根駅伝優勝までの道のり」


会場は超満員です、
駐車場も 受け付け開始時間前に行ったにもかかわらず 長良川河川敷でした。
それだけ 今話題の監督の話を聞きたい方は大勢おられるようです、
マスクも甘いので女性が目立ちました。



                                    


で どうだったかというと
まさにドンピシャというか 今一番当社に当てはまる話で脳髄の襞に焼き付けてきました。

一言で言いうと「組織作り」のメソッド公開で 
駅伝というスポーツに サラリーマンとしての経験を役立てたという内容です。

ゲリラのようなタイヤ屋でありながら車美容業に挑戦しているのは
まさに「組織運営」に移行している渦中にあるわけで
その組織をどうやって作り上げるかという当社の課題に
まさにドンピシャの講演だったのです、

でも帰ってきてこのブログを書いている最中ですが
もう大半を忘れてしまった!!!!!!!
でも便利な世の中です 監督のご著書があるので
それを読めば記憶が戻るので 早速アマゾンで注文しました。


スモールタイヤ商売は 組織より「個」を重視するやり方です、
これを28年続けて事業継承という課題が大きくなるにつれて
「組織」というものを考えるようになりました。
継続には組織が必要だというに気がついたわけです。




「個」の良さはスモールタイヤ商売の源泉ですから そこは変化させず
他店様との差別化に古いままを維持しながら
「組織化」はキーパープロショップ専門店の分野に活路を求めたわけです。
1店舗2店舗3店舗と増やす場面でこそ
組織が意識されるので どんどん挑戦している最中なのです。

まさに100年100店舗という大風呂敷 法螺を吹きまくっています。

しかし世の中は不思議です 求めると出会えるのですから。

今日ほど「組織」を意識した日は過去にありません、
ただそうしないと事業承継は難しいと漠然と思っていただけで
原監督の講演は 私にとって大きなきっかけとなった気がします。



イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キーパー基本の「型」を守り... | トップ | 夏に至ったので夏至 新年度... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。