岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

4時間後の店の状況が分かるキーパースーパー店長!

2016年09月18日 | コーティングビジネス
先週水曜日に 高山マネージャーと伊藤スゴウ店長を伴い
キーパー発祥の地ともいえるキーパーラボ刈谷店様に
現黒木店長・横山副店長を訪ね
親しく教えを請いに伺いました。・・・・ブログ報告済

その足でキーパー技研(株)本社に
キーパーラボ刈谷店がまだ快洗隊刈谷店の頃
スーパー店長 現竹内取締役キーパープロショップ部長を訪ねて
その当時の事を 親しくお話を伺ってきました。
黒木店長からは「主語 お客様」を肝に銘じなさい。というありがたい教えを受け、
竹内スーパー店長からは「総来店客数」というキーワードを教わりました。


品質に自信がついたなら 品質を落とすことなく 
総客数をいかに伸ばすかが店長の仕事だと思い
刈谷店を切り回しました。
 
・・・・ここが聞きたかったポイントです。


                                             


洗車・コーティング専門店の成長をスキーに喩えると

私たちの目の前には 初級・中級の斜面を
何とか滑れるようになったので 
今度は上級斜面が待ち受けています。
めいほうスキー場のγコースです、こぶだらけの難コースです。

そこにチャレンジできるのは
ちゃんと中級まで成長したからで これは喜ばしいことです。
しかし まだ上には上のがいるのです、
さらなる高みに挑戦が始まっています。


キーワードは「温故知新」です。
キーパープロショップ岐阜店はキーパーラボ様の最先端をマネして作りました。
店のキャスト(スタッフをキャストと呼ぶようにしています)も
みんな最先端、今の流行を追いかけますし
キーパーの担当者さんが指導に来てくださると
今の最新情報を聞くばかりになります。

ここに落とし穴があることを 知らなけらばなりません。
先駆者・先人が苦労の末に 掴んだ土台の上に咲いたきれいな花なのに
花の美しさに心を奪われて 根の苦労に思い至りません。

「温故知新」とはその根の部分を知ることです。
また我々も その話が聞けるまでに十分育つ必要があります。
キーパープロショップは岐阜店は 開業後6年目になり
150%あ・130%と前年比成長して 
前期は107%の成長にとどまりました。
107%の成長でも凄いのに 
とどまったという表現は向上心です。


さて 竹内部長曰く
店長時代には「4時間先の店の状態が見えた」とおつしゃっいました。
予約ボードが埋まってからは 
普通の店長は空いている時間をお客様に提案するそうです、
しかし スパー店長はお客様の要望をお聴きし
時間のダブりを恐れず 次々と予約を差し込むのだそうです。
スーパー店長の頭になかには 
20分後・30分後・45分後・1時間後の店の状態だけでなく
4時間後にはどうなっているか その時の売り上げもほぼ把握できたそうです。


今日は雨で予約は空き空きですが 

予約が詰まってしまってからの読み・洞察力が凄いのです。
現状変革能力というのでしょうか 
いっぱいいっぱいの極限を体験したい好奇心、向上心がキーパーラボ様の土台に埋まっています。




この時代 スーパー店長の下で働いていた刈谷店の横山副店長は
休みをくださいと言ったら スーパー店長はニッコリ笑って「ムリ」と言ったそうです。
それで16日間休みなしで働かれたそうです。


「ドタバタ」の泥臭さこそ 
店舗実力アップのキーノウハウです。
洗練された状態をマネすると キチンとやろうとして
お客様の意向より 予約が入っていることを盾に断り文句的な言葉になるものです。
「主語 お客様」でなく 今の事実を申し伝えてしまうのです。
受け入れてしまえば「やるしかない」のです、
当然 5番(ごはん)は遅れ 9番(休憩)も取れないでしょう。

スーパー店長は「無理が通れば道理は引っ込みます。」 予約ボードの予約を滅茶苦茶にしても4時間先まで読める。
普通の店長は「道理を優先し無理をしません。」    予約ボードの予約道理に縛られ 臨機応変な対応力がつかない。

どちらが活力を持つかは一目瞭然ですね。




ある程度忙しくなり高みに上ると ここが壁になります。
又ここまで来なければこの話は まだ早すぎます。

今 キーパープロショップ岐阜店は 
この壁の前に立ったからこそ 
快洗隊刈谷店の昔を聞きに行ったわけです。



                                             

雨の日の合間 昨日朝からキーパープロショップ岐阜店は
朝からパンパンに入庫していました、
予報が雨なのでアルバイトに動員はありません、
それでタイヤ店から上村君がヘルプに駆り出される状況です。

店をコントロールする高山マネジャーに
黒木店長・竹内スーパー店長の話が 
以心伝心スーッと腹に入り 現場に応用し始めたのです。

昨日は キーパー技研(株)福岡営業所の進藤副所長の案内で
遙遙沖縄県から丸博産業様が訪ねて下さり
キーパーラボ様を真似した店を見たいとおっしゃっていました、
今後 ますます活躍されると感じました。

何か停滞していたものが 
あるきっかけでするっと通る時があります。
黒木店長や竹内部長の話で 
直ぐに切り替える高山マネジャーは
キーパー専門店の現場を熟知したからこそ
一を聞いて十を知るように パパッと行動に及べたようです。


向上心とベストアドバイスのたまものです。

ありがたいことです。


イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「なんとなくキーパー」 そ... | トップ | 「タイヤ専門店イマージン」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コーティングビジネス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。