岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

風が吹けば桶屋が儲かる、タイヤを大切にすると洗車屋が繁盛する!

2017年09月23日 | 商人
私たちが店を営んでいる岐阜市には
その近郊を含めて約50万台の自動車が保有されています。
統計的に一年で交換されるタイヤの本数は保有台数と同じである、
と 言われていますので年間で50万本の需要があると推測されます。


結構な数の タイヤが販売なされているのです。


カー用品店・自動車ディラー・メーカー系タイヤ小売店
ガソリンスタンド・自動車屋・独立系タイヤ専門店に加えて 
最近ではネットでのタイヤ販売も一定の割合を占めています。
上記に挙げた販売チャンネルの中で 
一番の弱者は独立系タイヤ専門店、いわゆる個人店であり
私たちもその範疇に入っています。
販売動向も カー用品店と自動車ディラーはシェアーを上げていますが
独立系タイヤ専門店は微減する傾向です。


                                     



私たちはタイヤ専門店として
どこよりも誰よりも「タイヤ」を大切に扱うことを心掛けています。
当然ことですが新品タイヤは直射日光にさらしません、
新品在庫は全て店内もしくは倉庫と冷暗なコンテナに置かれています。
中古タイヤも一部は店外で展示していますが 
そこも直射日光には当たりませんし
大多数の中古在庫もコンテナ倉庫で保管してます。

そしてタイヤ販売取り替え時にでる廃タイヤは
スタッフの手で洗浄され廃棄されます。
これをタイヤの葬式と呼んでいますが
感謝の気持ちの表現です。

タイヤがすり減ってくれたからお客様がタイヤを購入してくださったのです、
モノとして扱うのでなく ちゃんと心があると思って廃タイヤを洗うのです。
タイヤよありがとうね安らかに! ってことです。
もしもタイヤをただのモノとして扱うなら 
なんて無駄で非効率なことをしているのだ、と思われるでしょうが
これは創業当時からの習慣となっています。



小さなタイヤ専門店は 
どこよりも「タイヤ」を大切に扱うことで
タイヤを活かしてあげたい 良いご縁を結んであげたいと思うのです。
効率を追い求めることはもちろん大切ですが 
心に思う感謝の気持ちを忘れないように
タイヤを洗うことはずっと継続されています。


他店様と違うこと それは私たちには現代資本主義の中で
資金に乏しくネームバリューで無名で宣伝もせず
ただ地道にタイヤを誰よりも愛そう 大事にしようということが
語るのでなく連綿と継続されていくこと。

今思えば これは車美容業に無言の教育となっていったと感じます。
「キレイ」にする仕事のベースには 
廃タイヤを洗って処分するこオヤジ達の背中は 
無言で若者を感化してきたようです、
お陰様で車美容業に繁盛をいただいてきました。
無私の行為はまったく違った形で報いをもたらしてくれています、
ありがたいことです。


「風が吹けば桶屋が儲かる」

風が吹くと土ぼこりがたって目に入り盲人が増える。
盲人は三味線で生計を立てようとするから、
三味線の胴を張る猫の皮の需要が増える。
猫が減るとねずみが増え、
ねずみが桶をかじるから桶屋がもうかって喜ぶということ。

大風で土ぼこりが立つ
土ぼこりが目に入って、盲人が増える
盲人は三味線を買う(当時の盲人が就ける職に由来)
三味線に使う猫皮が必要になり、ネコが殺される
ネコが減ればネズミが増える
ネズミは桶をかじる
桶の需要が増え桶屋が儲かる


イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。



ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中心(へそ)を意識して仕事... | トップ | コーティングの1ヶ月点検 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

商人」カテゴリの最新記事