岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

「すぐできますよ」言葉の持つ力に気づいた伊藤店長!

2017年04月18日 | 商人
春の嵐が過ぎ去って 桜が新緑に変身中です。
キレイの置き土産を片付けました!





花を支えた茎が 花を散らした後に役目を終えて大量に落下していました。




                                         


昨夜 キーパービジネス勉強会を開催しました。
最初に技術を学び 
次に店舗運営実務を学び 
そして次のステップとして
ビジネスを学びます。
自分たちのポジションを知ることに主眼を置いたもので
孫子の兵法に「敵を知り己を知れば百戦危うからず」とありますが
クルマ美容業・洗車・コーティング全般を鳥のように上空から眺めて
私たちのビジネスの方向性を知って行こうという試みです。


その中で スゴウ店の伊藤店長が
いままでは自分の中に何か限界を作っていたけど
今は たとえ夕方からでも
「今からでもクリスタルキーパー出来ますよ」と言えるようなった。
と つぶやくように発言しました。

その効果か 
スゴウ店全体の実績も昨日までで前年同月比77%
キーパー実績は予算の97%に達しています。
まさに眠れる獅子が目を覚ました、感じです。


人は自分が描く枠によって 自分の行動を決めつけてしまいがちです。
例えば 仕事の終わまであと少しの6時に
クリスタルキーパーの施工をしたいというお客様が来店された。

こうした場合 
あらためて予定をお聞きして後日にするほうが良いうという決めつけがあると
それが正しいと思い込んでしまうことがあるのです。
しかし「鉄は熱いうちに打て」という格言があるように
お客様の気持ちは移ろいやすいもの、後日ならまあ検討してくるよ。となってしまう場合もあるでしょう。


そうではなく、「すぐできますよ」という言葉は 
お客様に ‟施工の間食事しておこう”などと
具体的なイメージがその場で湧いて
「それならお願いします、でも営業時間をずれ込むかもしれませんが大丈夫ですか。」
と逆に気づかいをうけることもあるのです。

なぜなら思いはテンポと密接に結びついていて
今日中にキレイにしておけば明日のデートは上手くいきそう・・・と お客様の想像がふくらむはずです。


後日 「お預かりしてキチンと施工して喜んでもらう」という自分の枠に
知らないうちにお客様を当てはめてしまって 
何らかの窮屈さ融通のなさを
お客様に感じさせてしまうかもしれません。

これが「商人頭」 
移り変わる気持ちを「今」において行動を促す決定打、
釣りに喩えるなら「アワセ」です。
「今できますよ」という言葉の力は 
お客様の共感を引き出すんです。
また タイヤの即時取り付け率78%という表現は
「すぐできます 30分で新品タイヤを付けて帰れます」ということです。


昔 猟に喩えてお客様に叱られたことがありますが
あくまで「喩え」ですからご容赦ください。
アタリがあるのにアワセが出来ないへぼ釣り師ではいけません
「今」が機会であり 「今」がチャンスなんです。



技術を学び続けるだけだと「職人頭」になりがちで
良い仕事=技の実現という決めつけの枠を作ります、
それが悪いことではありませんが 
キーパープロショップ専門店の方向性とは違います、
我われが良い仕事と思うのは 
お客様からお聴きした価値を
サービスに当てはめてお客様から共感を得ることをです。

高額コーティングが満足度が高いとは言えません
お値打ち価格の3ヶ月で繰り返すピュアキーパーに
満足度が高いお客様も大勢おられます。

技術を学べば 次は店舗運営を学び
色々なお客様と会話してキレイをお聴きすることで
「職人頭」を柔らかくして
「おもてなし頭」の育て
最終的に「商人頭」という融通無碍さを
表現できる会社をめざしたいと考えます。

こういうステップで人が育つと 
世の中はますます住みよくなるかもしれません。


イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。



ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美濃を制する者は天下を制す... | トップ | 3~5年で連続出店 キーパ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。