岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

ピンチは2度のどん底でやってきた!

2017年09月17日 | 経営
嵐の前の静けさでしょうか?
台風18号が接近していますが 
岐阜地方は雨は降っていません、風も穏やかです。


ずっと行っていなかった慰安旅行を行って
伊勢神宮を参拝して帰って来てから 
私の中で何かが変わった気がします。
おそらく気のせいでしょう、
しかし一区切りがついた実感は強まりました。


もちろんまだまだ安心するのは早すぎます、
ただ流れは下降から上昇へ変わった手ごたえは感じます。


                                 



経営状態が下降に向かう流れの中で 
岐路に差し掛かり
選択したのはキーパープロショップ専門店への進出でした。
岐阜店建設前のリーマンショック時は 
一段とタイヤ販売は落ち込み その後は経費を絞りに絞り
何とかキーパープロショップ岐阜店建設開業にこぎつけました。
しかし開業後2年は連続赤字を計上し 再び最大のピンチに・・・・・。

リーマンショック時のタイヤ販売不振と
キーパープロショップ岐阜開業後の赤字と
ダブルボトムを形成してしまいました。
今から振り返ると
ここら辺がどん底だったようです。

そして前々期キーパープロショップせき店を開業しましたが
開業年度こそは償却がふくらみ赤字決算でしたが
次年度には黒字化達成し
今期は更に成長の予感が高まりましたので、
研修慰労旅行を行い 
下降から上昇へ流れが切り替わったことを宣言させてもらいました。

どうやらピンチは脱した、と思えるようになりました。


財務はまだまだ病み上がりの状態ですが
収益の基盤はタイヤ粗利益をキーパー粗利益が上回ることから拡大安定し
財務の改善も読み込めるようになるでしょう。


やれやれです、
ピンチでした
うろたえることもあれば
開き直ることもありましたが
けっこう楽観的に時にはピンチを楽しむ余裕もあったりして 
お陰様であまり右往左往することなく 
一貫して車美容業の未来を信じきることができました。
これは従業員みんなが 自分たちの役割を全うしてくれたことに付きます。
ありがたいことです。
進路は示して資金だけは準備して
運営は若者たちにほぼお任せするものでしたが
実に見事に期待に応えてくれました。


もはや私がこの会社に関わらなくてもいいような方向へは進んでいます。
会社は継続して栄えていくことが出来ても
人間には老いも寿命もあるわけですから有限です、
後進へのバトンタッチも この道を行く限り上手くいくかもしれません。


零細企業は安定とはほど遠いものです、
不安定こそがイノベーションの源泉だと感じました。
もしタイヤ商売が安定していたら キーパー・洗車に踏み出さなかった。
タイヤ商売の先行きがより不安定に見えたらから
キーパーしかないと決め込んで 
最大限の資金をつぎ込んでキーパープロショップに託しました。
それも中途半端な取り組みでなく 
過去のタイヤ屋で蓄積した儲けの全てを吐き出してのものです。


この間 スゴウ店開業から14年
キーパープロショップ岐阜店開業から7年
キーパープロショップせき店開業から1年半
タイヤ小売業から車美容業へ主役交代にかけた時間経過です。
長いようですが 振り返ればドラマの進行はあっというます。
43歳から57歳への過程です。


ドラマは次の局面に向かって進行しています、面白くなりますワクワクします!




イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再び企業寿命30年説を思う! | トップ | キーパーと料理はそっくりだ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

経営」カテゴリの最新記事