岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

キーパープロショップせき店とスゴウ店の成長の秘密!

2017年07月16日 | コーティングビジネス
昨日 某タイヤディーラーさんの有志が
長良川河畔でBBQをするというので
参加を求められ行ってきました。

ディラーさんの複数の営業所メンバーとと業者さんも4~5人
総勢15人ぐらいで 肉とビールと野菜を堪能しました。
心地よい風が吹いてそんなに蒸し暑くない良い時間でした。

私たちはタイヤ販売の毛細血管の役ですが
ディラーさんは動脈物流の血管網です、
フリーな立場で タイヤ販売のそれぞれの立場の人が集い
楽しい時間を過ごせました。

                                



「カーコティングと洗車の専門店という業態が 世間様に認知され繁盛が始まるまで 1年半から2年の時間が掛かる。」

開店から一年半は閑な時間が多いけれど 
品質を落とすことなく地道に積み上げていけば
リピート客様が積み上がるに従い繁盛が現れていますよ。
これが師匠の教えです、

教えを信じて店を開業するわけですが
その渦中は ほんとにそうなるだろうかという不安が出る時もあります。
でも やっぱりそうなっていくから不思議です。
「石の上にも三年」というのはまさに真実です。

開業から1年が過ぎたキーパープロショップせき店も 
徐々に徐々に繁盛店への道を登り始めています。
慌てることはありません 一歩一歩進めばよいのです。


ビジネスを企画する時は
夢のような経営計画をたてますが 
それは上手くいったときの完成図であり
そこに至るまでには
計画の半分の実績や 
計画の6掛けといった 
完成図からはほど遠い実績に必ず遭遇します。
しかしここが肝心です 未来を信じる力が試されています。


客観的な解説をしてみましょう。


不特定多数の一般客様を対象とした
カーコーティングと洗車の専門店という業態は
キーパーが開拓した新しい業態です。 
今まで世の中になかった業態ですから 
キーパーはそのパイオニアです。

そういう業態が今までなった 
関市を中心とする岐阜県中濃地方に
キーパープロショップせき店は開業しました。

地域から見ると 
その中に産み落とされた卵みたいなものでしょうか。
変な卵(店)が出現しましたが 
卵ですから動きがあまりありません(不繁盛の状態)。
そのうち関心が薄れて行きます。

地域の目はこんな感じでしょうか。

しかし卵の内部では 
少ないご来店でも希望に輝いた態度で
最高の品質を提供しようとする意識の高いスタッフが
少ないお客様を心からのもてなしで キレイを実現し
お客様の喜びを積み重ねていきます。

卵の内部で雛が確実に育っている証です。

春夏秋冬を繰り返すごとに 
リピート客様が積み上がり
今まで動きが見えなかった(閑だった)卵であった店が 
いつもお客様がおられて 動きが出てきます。(雛の誕生)


地域から関心が薄れた店が いつの間にか賑わいがある店になる。
不繁盛から繁盛への道すじ 
キーパープロショップ専門店ビジネスは
商売の醍醐味を教えてくれます。
ありがたいことです。



この流れの中に何か秘密があるとすれば
ビジネスを経営・企画する側が焦らないことに尽きます。

卵の内部で雛が成長しているのに 
内部が判らないからといって強引に温めたり 
衝撃を与えるのは厳禁です。
じっと見守るのが役目です。

経営が焦ると ろくなことになりません 
来店が少ないことにチラシ集客で対応したり
値引き販売に陥ったりして卵を腐らせてしまいます。
だから孵化するのを見守るのが大事です。

経営の役割は多くありません、
規律ある従業員に託すだけです。
規律とはマニュアル順守に尽きますから 
自己流が強い人は 指導をしてから改善がなければ外して行きます。



仕組み的には SUSシステムが力を発揮します、
卵の内部を「見える化」するシステムです。
一日のご来店数 新規客様数 施工台数 売上高 粗利益額 人時生産性
日次の締め 月次の締め 年次の締めが 
簡単な操作で解析できます。
卵を見守るシステムの存在が どれほどありがいものか実感しています。

このSUSシステムを運用することで
タイヤ併設店のキーパープロショップ岐阜スゴウ店も
素晴らしい実績を上げ始めました。
7月の半ばにしてすでに前年比115% 
このペースなら200%越えが可能です。 
実績の見える化によって
洗車ビジネスの全体像が見えたことが
このビジネスの的を得たと感じます。

それまでは部分的な把握はできていましたが 
全体像を見るものがありませんでした。
当初SUSシステムはキーパープロショップ専門店には有効で
キーパープロショップ併設店には宝の持ち腐れじゃないかと思っていました。
これは 考え間違いのようです、併設店こそ必要だったのです。
併設店は キーパーを部分的な捉え方のなりやすい。
SUSシステムは全体像を浮かび上がらせます。
それにより 併設店というちょっと中途半端だった意識が
カーコティングと洗車ビジネスの全体像を知る意識に高まった。

意識が高まることにより 
「店内受注」「確認引き渡し」という
このビジネスを成功させる行動の 大切さに気がついて実行に移した。
そして実績の伸びという結果にあらわれ
ますます自信がついてきたようです。




言葉には力があります、
社内にキーパープロショップ専門店を開発すると言うと
その言葉によってキーパープロショップ併設店は
見下されたような気がするのかもしれませんが
それは違います、見下したわけでなく 
人材育成に併設店は難しさがある気がするだけです。

併設店には併設店のやり方があると 
違いを強調していたのが
SUSシステムの統合によって
併設店と専門店の違いを見ての判断から
併設店と専門店と重なる共通部を見ての判断に変わったと思われます。

SUSシステムの導入により違いより共通項が見えだしたのです。
魚釣りに喩えると 水の中が見えて魚のいるポイントが判ったのです。
これはシマノの魚探(探検丸)と同じです。
規律がある人たちに システムの運用を任せると課題がものの見事に解決します。

勘とか経験に頼った時代から 
データの共有化によって デジタル的論理的な理解を得て
卵・雛・若どり・親鳥に成長するプロセスが見えてきました。

「見える化」の武器 それがSUSシステム
店舗の複数化・チェーン店化に不可欠な中枢神経です。


イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。


ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キレイにするのが大好きな人... | トップ | お客様に向いたミドルマネジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コーティングビジネス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。