岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

キーパープロショップ岐阜スゴウ店としての覚醒!

2017年07月29日 | スゴウ店
今日は 長良川河畔で中日花火大会が催されます、
隣国では大陸間弾道ミサイルを打ち上げたようですが
どうせ打ち上げるなら花火で世界の人を喜ばせたほうが
よほど称賛されると思いますが・・・・・・・・・・・・。

まもなく7月も過ぎますが 今月スゴウ店が好調です。
それも過去6年遡って最高粗利益を計上するのは間違いないようです。
昨年は過去最低の粗利益水準だったのが まさにV字回復急上昇です。


突然の目覚めのようですが 
キーパープロショップとしての取り組みに覚醒が起きて
タイヤ販売との融和(コラボ)で独自路線を切り拓いた、と感じます。

タイヤ専門店イマージンスゴウ店として開業した店は 
夏冬の繁閑の格差をもろに受けて 閑疲れの解消に洗車を始めたのが 
会社全体にキーパー事業部 イマージン車美容室へ
成長の起点となったのは今に続く物語です。

しかし スゴウ店自体は「タイヤ」と「キーパー」の融合に苦しみの時代を過ごしてきました。
融合する難しさ・配合の難しさ・人事管理の難しさ
言葉では「コラボ」と言っても店舗運営に取り込むのは
簡単ではありません。
特にタイヤ販売が主体であるがゆえに 
我流が優先してしまい チーム運営に手こずり
落ち込む業績にリーマンショックの時には
人員のリストラも行うなど 苦労を掛けてきました。


昨年 せき店の開業に伴って人員の配置換えが起こせる段階になり
ここに成長の兆しが芽生えました。 
新しいアルバイトを募集し穂科君と井川君が入り
再出発へ踏み出したのは せき店の建築にかかった頃でした。

だんだん融合の手ごたえを感じだし冬を迎える頃
伊藤君(今月から社員)が 出戻りアルバイトとしてひと皮むけた成長した姿を現してくれて
これで成長の準備が整ってきた感じです。
極めつけは「SUSシステム」の導入です、
キーパープロショップとして岐阜店・せき店の専門店との違いに向いていた意識が
SUSによって共通点に向いたのが 覚醒につながったと感じます。

キーパープロショップ専門店と併設店の違いに目を向けるか
共通点に向けるかの違いは月とスッポンの差をもたらしました。

  
江添にあるタイヤ専門店イマージン「安全君」が
キーパープロショップ岐阜店を「キレイちゃん」を迎えて結婚したのを
当社では第2創業と呼びます、記念日は2011年7月1日
この両親に スゴウ店を長女 せき店を二女として 生み出したという筋書きです。

二女が生まれたことによって 
長女は姉意識が芽生えて姉妹愛が発動です、
ここが覚醒ポイントです。

人も弟や妹が生まれると長男や長女が 
兄らしく姉らしく振舞うようになるものです。
そこに欠かすことが出来ないのがSUSシステムで
コミュニケーションツールが姉妹の絆 親子の絆を深めました。


ここで過去のタイヤ・キーパーイマージンスゴウ店のリセットが起こり
新しくなったスレッドに新しい物語が描かれ
タイヤ専門店とキーパープロショップ岐阜スゴウ店のWINWIN関係が
築かれてその結果 7月の過去最高実績に結びついたと感じます。


2003年の開業時と2017年の現在では
店を取り巻く商環境は大きく変化してきています、
雨に打たれ霜に叩かれて苦労した店は 
しぶとく環境の変化に対応する術を得て
いよいよ開花する時期を迎えます。

桃栗三年柿八年スゴウ14年で花開く!
花咲かコンビの伊藤1号2号君


快進撃の立役者!

ありがたいことです、うれしいことです しぶといことです。



イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チャンス到来の予感 せき店... | トップ | タイヤ専門店イマージンの裏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スゴウ店」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。