岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

「若者を応援しているタイヤ購入者様」 タイヤ専門店イマージン!

2017年06月10日 | タイヤビジネス
「タイヤ買うならあの人あの店で買いたい。」
弱小零細タイヤ屋が生き残る道です。

なぜあの人から買いたいのでしょうか?
価格最重視なら 激安店やネット購入が有利でしょう。
しかし そこには「自分さえ良ければいいのか」という問いかけが発生します。
どうせ買い物するなら「顔の見える誰かの役に立ちたい」このような心理が働きます。


買い手に価格のメリットだけでなく 
買うことによって役に立っていると思えるメリット 
そのバランスで「良い買い物」をしたという満足感を引き出すことができると信じて
スモールタイヤ商売を営みます。


あるがままの等身大であることがスモールタイヤ商売の立ち位置です。
他店より安くという競争はしません、チラシで訴求もしません、
しっかり利益を追求しその儲けは 車美容業で若者の育成につぎ込んでいます。


お客様が当社でタイヤを買ってくださることは
若者の育成に間接的に協力してくださっていることになります。


海千山千のおっさんが 儲けを独り占めしてニタニタしているなら
タイヤを買うことでも協力するのは嫌な感じでしょう。
しかし老体を鞭打って若者より率先して現場で働いて汗をかき
そのうえ儲けは車美容業の確立に注ぎ込んでいますから
「価格の妥当性」を強く感じられるでしょう。


お客様を応援団にする理念が「イマージン」という言葉に含まれています。
売り手の私たちも買い手のお客様も同じ「今」を生きています、
その社会を自分さえ良ければいいという価値観は薄く 
自分にも他人にも良いという価値観を大切にするのが
住みよい世の中の在り様です、と 思います。

自然界は弱肉強食の厳しくも見えますが 
本質は奪い合うのでなく 与えあうのが自然界の真実ではないでしょうか。
モノの見方ですから 
一方から見るとライオンは草食動物のイノチを奪ったように見えますが
全体から見れば草食動物はライオンに身を与えたともいえるのです。

奪い合いうか 与えあうか

与えあうという価値観を大切にするならば
お客様が与えくださった利益を 
若者を車美容業の専門店へ投資し
キレイにしたいお客様の便利さに還元していく善の循環が回ります。
逆に奪われたと感じられるなら 
その店はいずれお客様が来られないということで利益を奪われます。


社会全体も与えあって成り立っているという見方が
イマージンスモールタイヤ商売の基本にあるので
店の雰囲気ものんびりしていて 人も穏やかで 
古い店ですがキレイにしているので
お客様もおおらかにタイヤを買ってくださってるようです。


ありがたいことです!



イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キーパープロショップせき店... | トップ | 観葉植物の手入れ係! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。