岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

キーパー基本の「型」を守り品質重視 すると自然に湧きだした商標登録の流れ!

2017年06月20日 | コーティングビジネス
当社のキーパー事業をマネジメントする
「○○○○○○○○」という無形の名称を商標登録したい。
という申し出が高山マネジャーと奥田君からありました。

そういったことには疎いので 
「調査しながら自分たちで協力者(弁理士?)を探して段取りを進めてください。」
と言ってGOを出しました。


なぜ商標登録というアイデアが出るのか? 
それは未来に肯定的なかもが飛んでいる 
「もっと自分たちの運営する店舗が増えるかも」という予感が
未来に先駆けて湧きあがっているのでしょう、
こんな結構なことはありません。

今まで ほぼ店舗現場に向いていた視点が 
店が増えたことによって
頭の中に新しい風景が浮かんで
商標登録というアイデアがでるわけです。
これぞ まさにザ・マネジメント 未来の予感力です。
挑戦することは 未来の創造そのものです。


「技術を学び・伝える」
「店舗運営を真似して学び・伝える」
「店つくりを真似して学び・実践する」
キーパーの精神とその実践の場としてお店は 
私見やこだわりを持たず
キーパーさんの指導を まったく素直な純真な気持ちで学んで 
「型」を身に付けてきました。

直営店のキーパーラボ様とは 
キーパー直営であるかないかの違いで
生み出すキーパーコーティングや洗車の品質は遜色ありません。
日本の伝統芸能伝承法による「守破離」の「守」 
型の基本は忠実に写し取ったのかもしれません。

ほぼ完ぺきに店舗実務面は精密にコピー出来た、
言い過ぎかもしれませんが 
キーパープロショップ岐阜店は6年の歳月をかけて 実践しているのは事実です。

そのうえコピーされたものを 
新設のキーパープロショップせき店へ転写する仕事が
マネジメントの課題であり その成功を確信する手ごたえでもってさらに
新規開業予定のキーパープロショップ各務原店(仮称)へ再転写する未来の課題が待っています。


当社のキーパープロショップ専門店が増えていく過程で 
その集団のアイデンティテーをはっきり打ち出してこそ求心力が高まる。
おそらく この読みが「商標登録」というアイデアに繋がってのでしょう。


未来は若者のものです、老兵はタイヤを売るのみです。
何が起ころうとしているのか? 
それは自然な催しなのか?
それとも対抗心や功名心という野心的な考えが無いか?

人の成長につながるのは お役に立てるという喜びです、
それは新しい価値を作り出す流れ
「守破離」の「破」 師匠のコピーという殻を 
どこかの部分で破るという自然の流れが
始まりつつあるのかもしれません。


商標登録というミクロな部分は 
守破離の「破」のはじまりという 先人が残したマクロな視点から見ると
待ってましたというタイミングなのかもしれません。




いつか師匠を越えていきたいという願望は 人に備わった向上心です。
越えたろうというより 新しい価値を創造しようとするのは成長発展という定めなのかもしれません。
だからマンネリに苦しんだり 堕落に警戒感を感じます。

平凡なようでも基本を徹底的に学ぶと
自然に催すものが「破」の始まりかもしれません。


その道の第一人者からどうやって学ぶのか。 
タイヤ屋の私の発想は 
その道をタイヤに成りきって 
師匠の言うままを忠実に守ることに徹しました。


今 キーパーコーティングの普及に弾みがついて
お客様の感度・反応がとても良好です。
お客様の窓口にあたるキーパープロショップも全国に5450店舗までになりました、
その一員として当社はキーパーの基本を守ることが
自然に社員のやる気を引き出しレベルを上げることを実感しました。

基本を守る・初心を失わない・汚さないためにキーパーする。

それだけで充分でした 
あとは勝手にキーパーが人も店も育ててくれました、
ありがたいことです。





イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイヤ内部がゴキブリホイホ... | トップ | 「青山学院陸上部原晋監督」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コーティングビジネス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。