岐阜の「タイヤ専門店イマージン」と「カーコーティングと洗車の専門店」 専門店運営の実務!

タイヤ「安全」と車「キレイ」の領域で 「日本に新しい洗車文化を」というビジネスを岐阜から発信!

コーティングの1ヶ月点検 店の理屈とお客様の気分!

2017年09月24日 | コーティングビジネス
「暑さ寒さも彼岸まで」と申しますが
日は短くなり日中はともかくも朝晩は涼しくなりました。
行楽の秋 食欲の秋です。

当社第一四半期(7月~9月)に 
店舗テントの増設やや機器のメンテナンス等を行い
後は創業タイヤショップの色落ちしたテント地の看板交換を残すのみとなりました。
店舗ハードは必ず劣化していきますから メンテナンスはトとも大切なのです。


                               


先日 キーパープロショップ岐阜店で
コーティングをしていただいたお客様からメールが届きました。



キーパーコーティングをしていただきましたが、
運転席側のバックミラーだけ、
あきらかに水のハジキがありません。
コーティングの掛け忘れではないでしょうか?
1ヶ月点検に伺いますので対応お願いします。




点検に入庫されて確認すると 
明らかに「コーティングのかけ忘れ」という初歩的なミスだったようです。

こういった万が一のケースに万全を期すために
クリスタルキーパー・ダイヤモンドキーパー・ダブルダイヤモンドキーパーには
「1ヵ月点検カード」をお渡しして 
コーティング後に洗車を兼ねて点検をすることが制度化されています。




しかし ここにビジネスとしての大事な注意点があります。

掛け忘れというミスは点検で解消されますが
お客様は気分を害されたのは間違いのないことです、
ですから店側は まずご気分を害されたことを
真摯にお詫びしなければなりません。

点検をするのは人間的なミスをフォローするための理屈です。
しかし人間は理屈では余計に気分を悪くすることが多いものです。
「なんでかけ忘れたんだよ~」
「点検で解消すればいいってことじゃないよ」
「キチンと仕事をしなかったんじゃないか」

まず人としてキチンとミスを認めてお詫びしてという姿勢を
第一に強くすることが大切です。
確かに施工忘れは点検で解消されますが
お客様が害された気分に心を添えてお詫びをすることとセットでなければ
1カ月点検の意味は半減してしまいます。



手前どもの 若いスタッフはこうした実例をもって
「人」を学んでいきます、なにかと理屈が優先する世の中ですが
気分という要素が大切だと認識するために
実例を披露させていただきました。
ご指摘くださったO様 
ありがとうございました。


また一方で1か月点検では 
お客様のご不満やご指摘を解消する
アフターメンテナンスの充実という良き面でありますから 
何なりとご指摘やご指導をお願い申し上げます。


ありがたいことです。




イマージンのHPです。






タイヤ専門店イマージンのHPです。





まいぷれ岐阜のキーパープロショップのページです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加