いま一番熱い男! 今井あつし が行く

ふるさとを愛し、いま、熱い志で信州の未来を思う、長野県議会議員 今井 敦のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

八ヶ岳定住自立圏

2014-12-20 15:51:57 | 日記
山梨県北杜市と富士見町・原村が定住自立圏形成に向けて協議を始めると新聞報道された。中心市は北杜市であり、これにより富士見町と原村は観光のみならず、生活圏の軸足をも山梨県に移すということなのか?事前に茅野市など諏訪圏域の市町には説明が無かったということで、特にゴミ処理や火葬場、諏訪中央病院を一部事務組合などで共同で運営している茅野市は困惑している。また、介護保険については諏訪広域連合で運営している。富士見町と原村は北杜市が中心で形成している八ヶ岳観光圏に参加しているが、定住自立圏は「住民のいのちと暮らしを守るため圏域全体で必要な生活機能を確保し、地方圏への人口定住を促進する政策」ということで意味合いが全く違う。今まで培ってきた諏訪6市町村の信頼関係を壊すことは避けたい。報道によると富士見町と原村は、かなり前向きのようだが慎重に考えてもらいたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南信工科短大振興会設立総会 | トップ | 明けまして、おめでとうござ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事