スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

新しく  田布施マフィアが去ってから 魂はいつか会えるニャァ 

2016-12-31 17:05:32 | 感じるロシア


ロシアのヨールカ
























田布施マフィアが去ってから 

私は あなたと 真の友達になりたいです  (遠い未来でも かまわない)









名門「モイセーエフ・バレエ団」による「ホパーク」。




















Поздравляю с Новым годом!
(パズドらヴリャーユ スノーヴィム ゴーダム)


新年 おめでとう



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シリア  ・ 西側偽情報    アサドから

2016-12-30 16:14:26 | シリア ・中東


シリアでロシアが残虐行為という偽情報を垂れ流す西側メディア



アメリカ主導の連合軍がシリアに介入して数年になりながらも、「市民を守る」という本来の目的を全く果たせず、逆に「穏健派テロリスト」を公に支援してより一層の混乱と市民の苦しみを倍増させていました。


このシリアの構造は何も新しいものではなく、これまでイラクやアフガニスタン、リビア、イラン(失敗)、ウクライナなどで起きたこととほとんど同じような構造です。


要は「独裁者(あるいはテロリスト)がその国で恐怖政治を行い、国民などに対して酷いことを行っている。そこに自由や民主主義を実現するために、アメリカが軍事力で市民のために介入する」としつつ、実際には「独裁者」の下で良く機能していた国を壊滅させているだけでした。





シリアのアレッポで地雷除去に当たるロシア地雷工兵が、アメリカ、ドイツ、ブルガリアで作られた炸裂弾を発見する
Russian sappers sweep Aleppo for mines, discovering shells made in US, Germany (VIDEO)






12月28日【RT】

ロシアの不発弾処理チームは、アレッポ市内で反政府軍がコントロールしていた地域にある学校やモスクで、ブービー弾や地雷、武器弾薬の除去作業を継続しています。




世界中の様々な場所で製造された爆発物が回収されていますが、中にはアメリカやドイツ製のものも含まれていました。中にはアメリカの兵器企業のためにユーゴスラビアで製造されたと記されているものもあったということです。




シリア・反政府軍が水の供給元に有毒物質を混入し、首都ダマスカスで深刻な水問題が5日間続く


‘No water for 5 days’: Damascus struggles after rebels reportedly poison supply (RT EXCLUSIVE)
12月28日【RT】



シリアの首都への水供給が停止されて5日間になる。西側メディアはシリア政府が水の供給を停止していると非難しているが、反政府軍がこの水問題の背後にいることを示す証拠もあれば、彼らが脅迫をする動画も存在している。



Ein al Fijaという貯水池の湧水はダマスカスの水供給の65%を占めているが、反政府軍がディーゼルやその他有害物質を混入させた。


政府はこの汚染された水が首都に到達するまでになんとか差し止めることに成功し。RTのレポーターが住民に質問をしたところ、彼らは口を揃えて不安を示し、「テロリスト」が水の供給を差し止めたと非難している。



市内での水販売価格は法外な金額に急騰しているが、地下水が発見されたり、あるいは政府の水管理当局が無料で水を供給している。

*-*-*-*-*-*-*-*-*



トルコのエルドアン:米国主導の連合軍がシリア国内のISISおよび他のテロリストを支援していることを示す「証拠を確認」

Turkey's Erdogan: 'Confirmed evidence' US-led coalition supports ISIS & other terrorists in Syria
12月27日



これに対し、米国務省のマーク・トナー報道官は次のように指摘しています。

https://jp.sputniknews.com/us/201612283189859/




「これは馬鹿げた声明だ。」

・・・以上笑い泣き笑い泣き笑い泣き


馬鹿げている。以上(笑)
でもまだ、返事しただけマシな方ですね(笑)




*-*-*-*-*-*-*-*-*

一か月前の映像ですが、ロシアの和平調整センターから救援物資を受け取る市民の様子










2週間前の映像。ロシアから35トン相当の救援物資を受けとるアレッポ東部の市民の様子








・・・西側はシリアとロシアが結託して市民に対して残虐行為を行っていると主張しています。食べ物を炊き出しすることが「残虐」?


アメリカではホームレスの人に食事を提供するのも「犯罪行為」だそうですから、アメリカ政府のアンチ・キリスト的な視点では「残虐行為」に匹敵するのかもしれません。





西側メディアがつたえる「シリアの現状」は嘘だと話すカナダ人ジャーナリスト










ここまでくると、偽善を通り越して吐き気さえ感じます。。。



シリアでの市民の「苦しみ」を捏造し、あるいは本当に作り出し(西側が作り出した大事なテロリストを本気で攻撃もせず、でも何もしないわけにもいかないので民間人の多い地域を直接攻撃)、世界中の市民にその苦しみが本物だと思い込ませ、(日本も含む)西側諸国ではこういったねつ造された「戦争」のために軍事費を増大させています。



イギリスでは西側メディアの「シリア政府軍とロシアの残虐行為」を批判し、イギリス政府により積極的な関与をすることを求めるする署名運動がなされていました。


http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12233074524.html







1.30 アサド大統領、ロシアはシリアを防衛することでヨーロッパをテロからを守っている


ロシアはシリアをテロリストから守ることでシリア人、ロシア人を守るのみではなく、欧州の市民をテロから守っている。


シリアのアサド大統領はダマスカスでロシア上院(連邦会議)および欧州議会の議員らによるグループと会談を実施したなかで、こう語った。


シリアの国営サナ通信の報道では、アサド大統領はシリアを助けるのであれば、欧州諸国はテロリストらへの支援を絶つ必要があると指摘している。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シリア

2016-12-29 16:25:33 | シリア ・中東


ツイート:この戦争が始まってから初めて、クリスマスライトがアレッポに点灯し、盛大に祝われました。

しかしほとんどの市の住民は、祝う一方で喪に服してもいます。今現在は(シリアの)生活はそのような状態です。Lizzie Phelan @LizziePhelan 2016年12月20日




ツイート;世界ではアレッポのことをあまり話さなくなっているようですが、シリアは破壊されました。

戦争が続くかどうかにかかわらず、苦しむ痛みは数年は続くでしょう。 Lizzie Phelan @LizziePhelan 2016年12月22日








シリア:アレッポの大聖堂がここ数年で初めて平和理にクリスマスを迎えることができた




ツイート:爆発が起きた後でも、アレッポでクリスマスパーティーが行われた。彼らはこれに慣れてきているのだ(-.-) Lizzie Phelan @LizziePhelan 2016年12月21日




家族全員を失った若い子供たちの多くは今、孤児院に生活しています。うちの一つはアルメニアンの正教教会によって運営されていますが、何度か砲撃を受けています。




「私は平和が欲しいだけです。シリア全体に。ただそれだけです」



バシャール・アサド大統領は、アレッポの解放を助けてくれたロシアへの感謝を、ロシアのウラジミール・プーチン大統領に感謝の気持ちを表明しました。


大統領は二度にわたり、あの避難活動は世界でも最大規模の人道的作戦の一つであったと呼びました。



78,000人以上の市民が、東地区から政府がコントロールする地域に逃げ出すことに成功したのは、ロシア仲裁センター(Russian Center for Reconciliation)の助けがあってのことでした。

今、ロシアはシリア全域の停戦を望んでいます。







動画:破壊されたアレッポ市聖エリアス教会を捉えた息を飲むドローン映像









シリア:アレッポ市内での人道的活動スタッフを警備するために、ロシアの軍警察が到着


http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12231762636.html







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロシア大使殺害とCIA 007

2016-12-28 15:22:10 | プーチン ・ ロシア


ロシア大使殺害が CIAと関連していたことが明らかに



ロシア大使殺害はイラク国内のCIA基地に関連していた

Russian Ambassador Murderer Tracked To CIA Base In Iraq
12月23日【Your News Wire】








暗殺されたロシアの在トルコ大使のアンドレイ・カルロフ(Andrey Karlov)氏は、イラク国内にあるアメリカのCIAの基地と関連していたとロシア当局者が確認した。




先週、プーチン大統領がカルロフ大使の暗殺事件に関し、18人に調査を命じた。



調査官らは、容疑者のメブリュト・メルト・アルトゥンタシュ(Mevlut Mert Altintas)氏がイラクのアルベール(Erbil)地区にあるCIAの拠点と関係があり、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領に対する7月のクーデター未遂事件とも関係していたことを示す強力な証拠を見つけたと話している。



Whatdoesitmean.com の報道より:



7月15日付の同報告書内でロシア対外情報庁(SVR)は次のように詳細を説明している。



エルドアン大統領に対するクーデターがアメリカ主導で実行された時、この暗殺犯は、トルコのディヤルバクル地区(Diyarbakır)内の警察連帯の業務に配置されていた。



しかしこの警察官は、すべてのトルコ警察勢力のように命令通りに勤務に赴くことはせず、突然彼の命令官Kahraman Sezer氏から2日間の休暇の許可を受け取っていた。



イスラム系指導者フェトフッラー・ギュレンがリーダーのFETOテロ組織はCIAが支援しているが、この指導官Kahraman Sezer氏はその学校と関係していたためにクーデターの失敗後に逮捕されている。



SVRの電子関連諜報部門の専門家は、トルコが全国規模のクーデターの真っ最中にこの警察官に前代未聞の休暇が与えられた後から7月15日まで、彼の電話の利用内容を追跡することに成功。


386㎞の「パス/コリドー」と併せ、彼の電話が「サイレント/ダーク」の状態に7時間なっていた後、彼がディヤルバクルス市からアルベール地区の首都まで彼が移動し、7月16日の早朝の時間に再び活動を開始し、暗殺犯が警官としての勤務を報告したトルコの出身地に移動していたことがわかる。



トルコ国家情報機構(MIT)調査官は次の通り報告している。


つまりこの暗殺犯は7月15日のクーデターの間、アルベールのCIA基地に「囲まれる」場所に移動しているが、彼はイラクのクルジスタンを訪問する理由として、アルベールでフェトフッラー・ギュレンの学校で教師をしているいとこが病気になり彼を見舞うためだと話していたとする一つの評価と「決定的/深刻」な相違点を明らかにしている。


彼に対する起訴状が出され、これにより10月4日に警察の業務から停職となった。しかしこの件に関してはこれらのファイルには説明が記されていないが、11月16日に彼は復職し、完全な職権を取り戻していた。



この暗殺犯が7月15日に訪問したアルベールのフェトフッラー・ギュレンの学校は、トルコで合法的に選出された政権に反対するCIA主導のクーデター未遂事件と関係があることをトルコのMIT防衛作戦によって証拠付きで証明された後、イラクのクルド系当局者によって閉鎖、売却が命じられた。







(参考: アメリカ国内のフェトフッラー・ギュレンの学校)



同様に、トルコ政府およびトルコ国家情報機構(MIT)の分析官は、7月15日のクーデターにCIAとフェトフッラー・ギュレンが関与していたことを示す証拠85箱分を提示しているが、まさに今のこの時間まで、オバマ政権は確認や説明することを依然として拒否しているのだ。



この暗殺やCIAおよびフェトフッラー・ギュレンのFETOテロリスト組織の関係に関する多くの質問は依然として不明のままだが、SVRとMİTというロシアとトルコの諜報機関が調査した新しい証拠が浮上し、これにより今回の殺人とオバマ大統領が直接的に「リンク./パス」していることが今や明らかになった。



数時間後にモスクワの自宅でロシアの外交官Petr Polshikov氏が銃で暗殺されていたが、今回の暗殺事件と同様、アメリカの大統領選挙にロシアが干渉したというナンセンスな主張でオバマがロシアを脅迫してからわずか72時間以内に起きている。



アメリカの指導者オバマはロシア連邦に対する彼の報復は、「明確で明らかにされるかもしれないし、一部はそうでもないかもしれない」と警告を発している。


そしてこの二つの暗殺事件がしっかりと関係しているとした場合、プーチン大統領による「殺したものはそれ(訳注:テロリズムに対する戦い)を感じるだろう」という警告は、ぞっとする現実的なものとなり、CIAやオバマは居心地が悪く感じるものになるであろう。



以下はSVRの報告書の内容ではないが、次の内容も留意しておきたい。



オバマ大統領とCIAが今、ロシア大使の暗殺に関連している一方、少なくとも次期大統領のドナルド・トランプ次期大統領はロシアのエリートの警備企業から自らの私兵で自らの身を守っているということだ。



そしてロシアからのエリート警備隊はアメリカの次期大統領が就任した際も警備を続けると発表し、アメリカのリベラルを激怒させている。

【参考】http://yournewswire.com/russian-ambassador-murderer-cia-base-iraq/ より翻訳


(翻訳終了)


*-*-*-*-*-*-*-*-*

【コメント】


複数のサイトでも数日前にトランプ氏が保身用の私兵をロシアから呼び寄せていると話題になっていましたが、同じサイトによればその数370人だそうです。


トランプ氏が大統領に当選を果たしてから、常に暗殺の可能性については噂されてきましたが、アメリカの(時期)大統領の警備にロシアのエリート兵がつくなんて、本当に時代は変わりましたね。







007:「・・・あとはドナルド・トランプですか、陛下」

女王:「事故に見せかけなさい、007」


http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12232078408.html
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の偽市民

2016-12-28 15:04:28 | 田布施族 朝鮮半島  


日本の偽市民


天皇は朝鮮人から始まり、明治天皇は英国が創った!



★戦前の日本人の若者は天皇を神様だと思うように洗脳され、天皇陛下のために、戦い、多くの若者達が死に、また、外人も殺された。



★天皇は1946年1月1日に「 文書で人間宣言 」したはずだが、テレビを見るといまだに「 神様 」扱いである。

象徴天皇とは1942年6月のOSS(CIAの前身)の「 日本計画 」に出てくるが、人間になった天皇は、天皇陛下万歳と叫びながら死んだ者達と殺された者達に対して、どう責任をとるのか?

 

天皇に戦争責任があるのは決まっているが!その辺を書いていく。

実在の初代天皇は金霜林(キンソーリン)

http://xuzu0911.exblog.jp/15459751






昭和天皇は英国の陸軍元帥だったと官報の記事。日本国民を焼き殺したのは昭和天皇ですか? 



しかしなぜ米軍は、UN軍の敵国の国家元首の居城「皇居」を標的にしなかったのか?


戦争は、国家元首の居城を攻め落として元首を確保すれば、終わるのだ。




◎ とうとう出てきましたね。ガゼットで確認しました。
恐ろしいですね。この国は。


私達のルーツも、日本列島にだけ限定してはダメだと思います。過去に、メソポタミアやエジプト辺りを荒らしまわった騎馬民族が、極東にまで到達し、和な国に共存共栄していた様々なルーツを持つ人達を殺害して回ったのは事実だと思います。日本国の正体だと思ってます。



部族の血や性格は、絶対に変わらないと思ってます。裏で手を結んでいる筈ですね。


http://www.asyura2.com/13/warb12/msg/506.html


    






昭和天皇は、1930年には正規兵の英国陸軍元帥だった
https://www.facebook.com/takeru.yamato.9さんからの転載です



■もしも昭和天皇が連合軍側の人間ならば、彼は原爆特許権利者の一人になれたということだ。


事実、昭和天皇は、連合軍側の軍人だったのだ。


そのことが、英国官報ロンドンガゼットの電子化によって、現在、世界に公開されている。

https://www.thegazette.co.uk/London/issue/33619/page/4028






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メルケルの正体が ドイツ国内でばれてきた

2016-12-28 14:58:32 | メルケル ソロス ダライラマ 他


実はメルケルがイスラム国の影の政治家:



NATO軍やヒラリーらを使い難民を奴隷としてEUで使う?EUでテロ起こす影の主犯メルケル?



安倍首相が真珠湾訪問をどうしてもしたかった本当の理由!

今年もタダ飯タダ酒 安倍首相ポチ番記者ごっつぁん忘年会!また小池都知事がデザイナーチーム!


なぜ中国人は新千歳空港で暴れた?国民の脅威は今や安倍政権!暴走し始めた天皇政治にブレーキ?インドでゴールドマンサックスらノンバンク融資業に!黒田日銀に兜町からブーイング!



トランプ、ジャパンハンドラー粛清!やはりロシア軍機墜落はテロ?トランプ:他国との核戦力競争は許さず!



◎ メルケルは 国民の血税を クリントン財団に寄付していた。

NATOではなく、ドイツを主体として EU軍創設をしたいのか?

https://youtu.be/ktyIYxK-s2E



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偽市民

2016-12-27 13:47:36 | 市民サイト マスコミ  ネット


シリアの「悲惨な現状」を訴える偽市民をRTが暴露/在トルコ露大使が銃殺される



アレッポ発のシリアの「惨状」を訴える「市民」たちは、マスコミのゴールデン枠にも放映される活動家(プロ市民?)






アレッポ発の情報がソーシャルメディア上で狂ったように拡散されている。


死が間近に迫ったと訴える、よくまとめられた動画がマスコミのニュース枠にまで入り込んできているのだ。



しかし一つだけここで問題がある。彼らはただの市民ではなく、テレビのゴールデンタイムに放映枠を確保した活動家や映画製作者であるという点だ。




RTの政治担当アニッサ(Anissa Naouai)は、大人気になった「In the Now(訳注:RTの短編動画部門)」の動画の中で問題のアレッポ発とされる市民の動画の登場人物の身元は、簡単なインターネット検索で明らかになると話している。




その「市民」たちの話の内容はどれも同じである。


つまり徹底的な大量殺戮が行われており、アサド勢力が町から町へと自らの市民を殺戮して回りつつ捕虜は取っておらず、アレッポ内部の抵抗勢力はロシア軍による爆撃を受けていながらも勇敢に死に直面している・・・というものだ。




しかし「In the Now」は、この携帯電話で撮影された動画に登場し、「ロシアとシリア政府軍による爆撃」の過剰宣伝を行っている人物が本物の市民である可能性は非常に低いことを明らかにした。



むしろ彼らは活動家から動画製作者であり、彼らのツイッターやその他の数千人のフォロワーに対しシリア国内の抵抗勢力の理念に対し公に仕えることを宣言している。



直近では、CNNが彼らの一人、ドキュメンタリー映画製作者/ジャーナリストのビラル・アブドゥル・カリーム(Bilal Abdul Kareem)にインタビューを行っているが、この人物はアレッポ東部の反抗勢力に前例のないほど接触している。接触相手には、抵抗勢力の新リーダーのアリー・アル・アブド(Aby Al Abd)も含まれ、わずか3日前にインタビューをしたばかりである。



【参考】https://www.rt.com/news/370364-anissa-aleppo-twitter-shelling/


(翻訳終了)

*-*-*-*-*-*-*-*-*

【コメント】

本文中にある「In the Now」のアニッサさんの歯切れのよい動画がこちら。






実例を用いて、サクサクと彼らの偽物っぷりを暴いています。




こちらのプロ市民の共通点は、

・ツイッターなどには今年の9月など、ごく最近に登録したばかり。

でもフォロワーが数千人単位で存在している。

・あたかも前もって計画されていたかのようにほぼ同時に彼らに注目が集まり始め、ソーシャルメディア上で瞬く間に拡散され、PRキャンペーンのように見える。



・共通のキャッチフレーズがある

「これが私の最後の動画になるかもしれません」

・なんの政治色もない「普通の市民」のようで、「最後になるかもしれない」という動画の数日後に、CNNなどのインタビューに答えている



・ソーシャルメディア上のアカウントから、「革命(抵抗勢力)」を支持していることを明らかにしている。

・一部は自らをジャーナリストと呼ぶ。


・ホワイトヘルメット(the White Helmet)というアメリカ、イギリスから多額の出資がされた機関に属する者も。



少女バーナ(Bana)は、9月にツイッターを始めたばかりなのに、すでに277,000人(動画作成時。現在は334,000人)超のフォロワーが存在している。7歳であるが、完璧な英語を駆使。アレッポ東部から、母親のサポートを受けてツイート活動を行っている。







http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12230204266.html






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プーチン

2016-12-27 13:39:02 | プーチン ・ ロシア









【おそロシア】プーチン首相、ペン放り出して財閥社長を震え上がらせる【激おこプーチン丸】
https://www.youtube.com/watch?v=LXHLMdQ-LpM




日本に例えれば、日産を乗っ取ったカルロスゴーンに、

「てめーのボーナス10億だ?

没収して国民に還元すっから。

文句あるならこの国から出ていく署名をしろ」 (ペンを投げ付ける)

という事だ。

なんと清々しい。


それでロシア人のGDPが、なんと6倍になったのである。

簡単にいうと給料が6倍!

年収300→1800万!

これはプーチンの支持率90パーセントに迫るのも当然だ。」

(引用終了)

ですよね~。

*-*-*-*-*-*-*-*-*



http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12231117018.html




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16/12 ロシアTu-154墜落事故/言論の自由破壊/露大使射殺の背景

2016-12-27 12:51:29 | (旧 新) 米国


かなり 言葉もでないショックでした。


テロ 事故 (ロシア情報) 偽旗 などなど ・・・


いろいろな見方がでています。





オバマ大統領は 国防授権法のなかに言論の自由を破壊する条項を入れ、ファシズム体制を強化して去る



バラク・オバマ大統領が12月23日に署名した2017年国防授権法(NDAA)には言論統制の強化を合法化する条項があり、アメリカはますますファシズム化が進むことになるだろう。


アメリカ下院は政府や有力メディアが伝える「正しい報道」に反する「偽報道」を攻撃する手段になる法律を11月30日に可決、12月8日は上院が対偽情報プロパガンダ法を通過させている。


ロシアや中国などからの「プロパガンダ」に対抗するアメリカの同盟国を助けることが上院を通過した法案の目的だが、それがNDAAに組み込まれたのだ。

 

本ブログでは繰り返し書いてきたが、アメリカでオバマ政権や有力メディアが宣伝している「偽情報」や「偽報道」とは、自分たちにとって都合の悪い情報を意味しているにすぎない。


自分たちが発信してきた「偽情報」や「偽報道」の効果がないことに慌て、言論統制を強化しようとしているにすぎない。

 

1992年にネオコンは世界制覇のプロジェクトを作成、その翌年に大統領となったビル・クリントンはそのプロジェクトを始動させない。

そこで有力メディアはユーゴスラビアを先制攻撃させるために偽情報を流しはじめ、99年にNATO軍はユーゴスラビアを全面攻撃した。その間、メディアはクリントン大統領をスキャンダルで攻撃している。

 

ユーゴスラビアに関する偽報道を広める上で活躍したひとりがニューズデイのボン支局長だった


ロイ・ガットマン。ボスニアで16歳の女性が3名のセルビア兵にレイプされたと1992年8月に書いているのだが、これは嘘だったことが判明している。

この嘘を広めた功績で、後に彼はピューリッツァー賞を受賞した。

 

この人物、今年12月にも偽情報を記事にしている。


ダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)を作ったのはシリア政府であり、「アル・カイダ」を操っているのはバシャール・アル・アサドだというのだ。この記事もすぐ嘘だとばれる代物だが、ピューリッツァー賞を信奉する人には効果があるかもしれない。

 


ところで、クリントン政権がユーゴスラビアを軍事介入する方向へ舵を切るのは1997年1月のこと。


ズビグネフ・ブレジンスキーの教え子で、ファースト・レディだったヒラリー・クリントンと親しいマデリン・オルブライトが国務長官に就任してからだ。

 

イラクを先制攻撃する際に言われた大量破壊兵器が嘘だったことは後に発覚、その事実はジョージ・W・ブッシュ政権の閣僚も認めざるをえなくなっている。この時、イギリスのトニー・ブレア政権が侵略を正当化する偽情報の流布に果たした役割も判明している。

 

リビアやシリアへの軍事介入を正当化するために宣伝された民衆弾圧も嘘。


シリアの場合、アメリカなど西側は当初、シリア系イギリス人のダニー・デイエムが使ってシリア政府の弾圧を宣伝していたが、彼のグループが「シリア軍の攻撃」を演出する様子を移した部分を含む映像がインターネット上に流出、嘘が発覚した。


次に化学兵器の使用を西側は主張したが、これも嘘がすぐに発覚する。

 


ビル・クリントン政権、ジョージ・W・ブッシュ政権、バラク・オバマ政権、いずれも偽情報を流しながら世界に戦乱を広め、破壊と殺戮で人びとを苦しめてきた。


その手先として偽報道を繰り返しているのが西側の有力メディアにほかならない。その嘘が余りにも露骨になって信じる人が減少、そこで言論統制の強化だ。

 


第2次世界大戦が終わった直後からアメリカの支配層が組織的な報道コントロールを目論んでいたことは本ブログでも紹介した。いわゆるモッキンバードだ。

その中心人物は戦争中から破壊活動を指揮していたウォール街の弁護士でもあるアレン・ダレス、その側近でやはりウォール街の弁護士だったフランク・ウィズナー、ダレスの側近で後にCIA長官になるリチャード・ヘルムズ、そしてワシントン・ポスト紙の社主だったフィリップ・グラハムだ。(Deborah Davis, “Katharine The Great”, Sheridan Square Press, 1979)




 日本ではウォーターゲート事件でリチャード・ニクソン大統領を辞任に追い込んだことから「言論の自由」を象徴するイコンとして崇められているワシントン・ポスト紙だが、情報操作に深く関与していたのだ。

 

ウォーターゲート事件の取材で中心的な役割を果たしたカール・バーンシュタイン記者は1977年に同紙を辞め、その直後に「CIAとメディア」というタイトルの記事をローリング・ストーン誌に書いている。


それによると、400名以上のジャーナリストがCIAのために働き、1950年から66年にかけて、ニューヨーク・タイムズ紙は少なくとも10名の工作員に架空の肩書きを提供しているとCIAの高官は語ったという。(Carl Bernstein, “CIA and the Media”, Rolling Stone, October 20, 1977)

 


1970年代の有力メディアには気骨のある記者や編集者がまだいたが、それでも情報機関にかなり浸食されていた。

現在では露骨なプロパガンダ機関にすぎないのだが、それでもイコンとして扱いたがる人がいる。


日本のマスコミは駄目だが、アメリカのニューヨーク・タイムズ紙やワシントン・ポスト紙はすばらしいというわけだ。

そうした西側メディア信奉者は国際情勢に目を向けたがらない。結局、日本の支配層を操るアメリカの支配層が描く幻影を受け入れることになる。




 言論統制の強化を後押しする記事をワシントン・ポスト紙が掲載したのは11月24日。

政府や有力メディアが伝える「正しい報道」に反する「偽報道」を攻撃する手段になる法律が報道の2日前に下院へ提出され、30日に可決された。

彼らはトランプを攻撃するだけでなく、巨大資本による支配システム、つまりファシズム化を実現するための体勢を立て直そうとしている。そうした人びとが受け入れる幻影を流しているアメリカの有力メディアの「報道」に反する情報を封印しようというのが今回の法律だ。


http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201612250000/







露大使を射殺したトルコの警官が 8月と10月にカタールを訪問していたことが判明 その理由を調査


12月19日にトルコのアンカラでトルコ駐在のアンドレイ・カルロフ露大使を射殺した非番の警官、メブリュート・アルチンタスがカタールを訪れていたとトルコで報じられている。


7月15日にレジェップ・タイイップ・エルドアン政権の打倒を目指す勢力が武装蜂起して失敗、その翌月に2回、そして10月にもカタールを訪れた。

 

言うまでもなく、カタールはサウジアラビアやネオコンと同じように、今でもシリアのバシャール・アル・アサド体制を倒そうともがいている。


昨年9月末からロシアがシリアで空爆を始めてから戦況が一変、アメリカやペルシャ湾岸産油国をはじめとする侵略勢力の目論見は崩れつつある。アレッポを政府軍はほぼ奪還したことは侵略側に大きなダメージを与えたはずだ。

 

アレッポで戦う自分たちの手先を守るため、アメリカ軍は自分たちが主導する連合軍を使って9月17日にシリア北東部の都市デリゾールを空爆した。


F-16戦闘機2機とA-10対地攻撃機2機を使い、攻勢に出る直前だったシリア政府軍を攻撃したのだ。60名とも80名とも言われる兵士を殺したと言われている。

シリア政府軍を空爆した7分後、ダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)の部隊が地上でシリア政府軍に対する攻撃を開始、空と陸で連携していた可能性が高いことは何度も指摘してきた通り。

 


アメリカ側はミスだとしているが、これまで連合軍はこの地域でアル・カイダ系武装集団やそこから派生した空爆を実施したダーイッシュを攻撃したことはなく、現在の戦闘システムや現地の状況から考えても意図的な攻撃だった可能性が高い。そこまでバラク・オバマ政権は追い詰められているとも言える。

 

侵略勢力のシリア軍に対する空爆でロシア政府はアメリカ政府に気兼ねすることなくアル・カイダ系武装勢力やダーイッシュを攻撃するようになる。


ロシア系メディア(アラビア語のスプートニク)によると、シリア沖にいるロシア軍の艦船が9月20日に3発の超音速巡航ミサイルを発射、アレッポの山岳地帯にある外国軍の司令部を破壊、その攻撃で約30名が殺されたという。


死亡者はアメリカ、イギリス、イスラエル、トルコ、サウジアラビア、カタールから派遣された軍人や情報機関の人間で、デリゾールででの空爆を指揮したのはこの司令部だとも言われている。


9月28日に侵略軍は2つの橋を破壊、30日にも別の橋2つを爆撃、政府軍の進撃を止めようと試み、ロシアの異動病院も攻撃されて2名以上の医療関係者が殺されている。



 シリア政府軍がアレッポを制圧した際、反政府軍側で戦っていた14名以上の外国人将校をシリアの特殊部隊が拘束したと伝えられている。


その出身国はアメリカ、トルコ、イスラエル、サウジアラビア、カタール、ヨルダン、モロッコだとされている。また別の情報によると、拘束された将校はアメリカ人22名、イギリス人16名、フランス人21名、イスラエル人7名、トルコ人62名だという。


トルコやイスラエルの出身者がいたとする情報が正しいなら、両国政府の方針転換についていけなかったのか、反発して残ったのだろう。

 


アメリカ政府は舞台をシリア北部に派遣したと伝えられていたので、拘束された人数が多くても不思議ではない。

イランのメディアFARSによると、アメリカ軍は部隊を7つの基地に派遣、そのうちマブロウカには少なくとも45名、アイン・イッサには100名以上、コバネには300名以上、タル・アブヤダには少なくとも200名だとされている。

 

イスラエルがロシアへ接近を諮り始めたのは今年5月。ベンヤミン・ネタニヤフ首相はロシアとパイプを持っているアビグドル・リーバーマンを国防大臣に据え、ネタニヤフ自身も盛んにモスクワを訪問、6月7日にはプーチン大統領と会談している。



 6月下旬にはトルコのエルドアン大統領がウラジミル・プーチン露大統領に対し、ロシア軍機の撃墜を謝罪し、7月13日にはトルコの首相がシリアとの関係正常化を望んでいることを示唆している。イスラエルと同じように、トルコもアメリカから離れはじめ多様に見える。クーデター未遂はその2日後だ。



武装蜂起を鎮圧した後、エルドアン政権はフェトフッラー・ギュレンを黒幕だとして批判している。このギュレンは1999年、ビル・クリントン政権の時にアメリカへ渡ってからアメリカ支配層の保護下にあるとされている。

 

サウジアラビアから流れてきた情報によると、同国の副皇太子で国防相でもあるモハンマド・ビン・サルマンがクーデターに関与、この副皇太子と連携しているひとりがアラブ首長国連邦のモハンマド・アル-ナヒャン皇太子で、この人物はアメリカへ亡命しているギュレンと関係があるという。


エルドアン政権はカルロフ大使の暗殺にこのギュレンが関係しているとしている。トルコ政府の主張を裏付ける明確な証拠は示されていないが、ありえない話ではない。

 

暗殺の背景はともかく、大使殺害でロシアとトルコが進める関係修復の動きが止まることはなさそうだ。

1914年6月28日にオーストリア皇太子がサラエボで暗殺された後のような展開になる可能性は小さいということである。


http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201612270000/








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異星人でなりたつ地球  RHマイナス  天皇

2016-12-26 13:32:45 |  宇宙  ロボット AI 技術


RHマイナスの謎



私はRHプラスですが、ヨーロッパ人にはRHマイナスの割合が日本人よりも大分多いようです。


以前、RHマイナスはエイリアンの血液だと書いた記事を見たことがありました。RHマイナスはレプティリアンと関係があるのではとも言われています。


なぜなら、ヨーロッパの王族にRHマイナスが非常に多いからです。ヨーロッパの王族はレプティリアンの血を引いていると言われています。


太鼓の昔に地球にいた原始人の遺伝子操作をしてエイリアンと原始人のハイブリッドを造ったと言われていますが、それが現在の人間だとか。。。証拠がないのでどうなのかは分かりませんが。。。


RHマイナスの人のイメージとして、血が薄いような気がします。ですから、RHマイナスの人は青白く、痩せていて、手が冷たいのではないかと想像してしまいます。アイルランドやスコットランドにもRHマイナスが多いとのこと。。。赤毛や緑色の目をした人に多いようです。



RHマイナスとハザール人との関係はどうなのかと考えてしまいます。ひょっとしたらハザール人にRHマイナスが多いのかもしれません。

RHマイナスの謎が解けるのはいつなのでしょうか?

http://beforeitsnews.com/power-elite/2015/12/monkey-blood-rh-negative-blood-types-presidents-and-royalty-2450370.html?currentSplittedPage=1
12月6日付け

(長い記事ですので大分端折ります。)



大統領や王室に、RHマイナス(ネガティブ)の血液を持つ人が多いのです。


英チャールズ王子は、最近、テレビに出演中に自分はドラキュラ伯爵の子孫であることを明かしました。つまり、現在の英王室の先祖はドイツに移住したハザール人であり、後に英王室と政略結婚をしたということです。


アメリカの大統領の殆どがイギリスのハザール人の子孫です。しかも大統領の殆どがエリザベス女王と血縁関係にあります。


特にブッシュ一家は英王室と近い関係にあります。


英王室はウィンザー家と呼ばれていますが、元々の家名はドイツのサクズ・ゴバーグ・ゴータ家でした。これはビクトリア女王の夫(王配)アルバートの家名でした。


しかし1919年に英王室はこの家名をよりイギリス人的な家名(ウィンザー)に変えたのです。




(RHマイナスの血液分布)




人間は銅が不足すると健康的な血球が作られません。


人間の血液型は元々はAB型しかなかったと考えられています。その後、銅が不足し寿命が短いO型が生まれたのです。


O型はワクチン、遺伝子操作、その他の方法で人工的に作られました。銅が不足するO型の血液内では、ワクチンに含まれる病原菌が活性化します。


王室が銀のコップで飲み物を飲む理由は、銀には銅が15%含まれているからです。

ヨーロッパの王室の殆どがRHマイナスの血液をもっています。彼らは、DNAとメロビング王朝の血統を引き継いでいるためヨーロッパの国々で支配権を持ち続けるのは当然と考えています。




王室の人々はレプティリアンにシェイプシフトすると言われています。証拠はありませんが。。。


ただ、3ヶ月のヒト胎児には尻尾が生えています。この尻尾はサンスクリット語ではcaudo draconis(カウド・ドラコニス)と呼ばれ、ラテン語ではドラゴンの尻尾と呼ばれています。



興味深いことに、RHマイナスの血液因子を持つ人の多くが尻尾が残った状態で生まれて来ると言われています。彼らは小さな尻尾を持ったまま一生を送るそうです。



海の集団と呼ばれるバスク人の血液因子はRHマイナスが非常に多く(世界最多)、B型の血液型は非常に少ないということが分かっています。


彼らは他のヨーロッパ人を嫌っています。かつて彼らはパレスチナ人、アメリカンインディアン、日本のアイヌなどと同様に他民族に迫害されていました。


彼等の血液因子の殆どがRHマイナスであり、しかもAB型が多いのです。




RHマイナスに関して以下のような説もあります。


レプティリアンはRHマイナスの血液因子をもっています。RHマイナスのハイブリッドの起源はウクライナのカルパート山脈にあったドラコの洞窟です。


彼らは赤毛、黒毛が多く、目の色は緑や茶が多いため、金髪或いは茶髪で青い目をした人種と混血することを試み、RHプラスの血液因子の人たちと性関係を持とうとしました。


RHマイナスの人たちはRHプラスの人たちに比べても体温が低く、小さな尾骨を持ったまま生まれて来ることが多いのです。



RHマイナスの人たちはハイブリッドです。彼らはレプティリアンと人間のハイブリッドです。
RHマイナスの両親から生まれた乳児は青い肌の色をしている場合が多く、酸素を体内に吸収することができずすぐに死亡してしまうケースが多いのです。


貴族をブルーブラッド(青い血液)と呼ぶのはそのためです。



イギリスやアメリカでは人口の15%がRHマイナスです。



RHマイナスが最も多い地域(国)はモロッコ、バスクのユースカディ、アイルランド、スコットランド、ノルウェーの島々です。しかしバスク人だけが古代から続く原語を話しています。



サマリア人(イラク人)やアメリカン・インディアンの部族の一部もRHマイナスの割合が多いことが分かっています。一部のアメリカンインディアンは血盟の義兄弟を好みますが、彼らは抗原をミックスしているのでしょうか。


また、一部のアメリカンインディアンは敵対心が強いと言われていますが、それはRHマイナスに関係しているのでしょうか。




中国人とアフリカ人はRHマイナスの血液因子が非常に少ないです。


シュメールの平版は、ネフィリムは彼らが地球上で創造した人間とは異なっていたと伝えています。彼らが地球上の人間を最初に見たとき、陰茎包皮があったので驚いたそうです。割礼は神(ネフィリム)のようになりたい人間が始めたことなのでしょうか。




<RHマイナスの元大統領>
アイゼンハワー O型RHマイナス
ジョン F ケネディ AB型RHマイナス
リチャード・ニクソン O型RHマイナス
ビル・クリントン ABRHマイナス
ジョージWブッシュSr A型RHマイナス




王族
ラムセス2世 B型RHマイナス
トリノの聖骸布 AB型RHマイナスだったのではないでしょうか。
チャールズ王子 O型RHマイナス、チャールズ王子の祖母も同じ
エリザベス女王 O型RHマイナス
ウィリアム王子 O型RHマイナス



作家
Zacharia Sitchin Type Neg
Brad Steiger O-Neg
Erik Von Daniken Type O-Neg
Robert Anton Wilson Type Neg



セレブ
ミック・ジャガー AB型RHマイナス
Xファイルのフォックス・マルダー O型RHマイナス
マリリン・モンロー AB型RHマイナス
ダン・エイクロイド O型RHマイナス



悪名高い殺人犯
O.J. シンプソン A-型RHマイナス
ロン・ゴールドマン O型RHマイナス
ラシ・ピーターソン O型RHマイナス




フランス南部とスペイン北部は、RHマイナスが最も多いバスク人と東欧や東洋のユダヤ人が住んでいる地域です。


ヨーロッパ全体では人口の40%から45%がRHマイナスの血液因子を持っています。しかしアフリカ人ではわずか3%しかいません。アジア人はわずか1%であり、アメリカン・インディアンの一部も同様です。



ヨーロッパにRHマイナスの人口が多いということは、最初にRHマイナスを人間の遺伝子コードに組み入れたのはヨーロッパ人である可能性があります。


その結果、白人が作られた可能性があり、その事とRHマイナスの血液因子は何か繋がりがあるのかもしれません。白人はクロマニオン人と繋がりがあると言われています。




人類の85%がアカゲザルの血液因子(RHプラス)を持っていることが分かっています。


ですから、RHマイナスの血液因子は突然変異したか、RHプラスとは先祖が異なる可能性があります。RHマイナスの血液因子は複製できません。ですから、人間とは異なる種との交雑育種の可能性があります。



馬やロバを繁殖させることはできますが、ラバは繁殖できません。




世界人口の15%がRHマイナスの人たちです。
RHマイナスの血液因子の起源は分かっていません。



RHマイナスは宇宙から飛行物体に乗ってきて地球にやってきたアヌンナキが人間にもたらしたのではないかと論じる専門家もいます。


ヨーロッパの王族は、自分達は神の子孫であり、RHマイナスの血液型を持っているためにブルーブラッドであると主張しています。



ただし。。。RHマイナスが血液因子でないとするならどうでしょう。



RHマイナスの女性や男性はいくつかの珍しい特徴があります。これをレプティリアンの特徴と呼ぶ人もいます。


彼らのルーツはアトランティス大陸が沈没したころに遡るのかもしれません。アトランティス人の一部はエジプトや他の地域に逃げ延びました。そして他の種族(血液因子の異なる種族)と混血していったのです。彼らは西コーカサスやスペインにまで逃げて行きました。




尾骨を持って生まれた人(RHマイナス)の特徴:
体温が平均体温よりも低い
血圧が正常血圧よりも低い
知的分析能力が高い
マイナスイオンの遮蔽性が高い
電磁気及び極低周波に敏感



RHマイナスの人たちは死ぬまで、彼らに強い関心のある世界中の政府機関に追跡・監視されています。

一方、世界で最も少ない血液型はAB型ですが、この血液型が最も多いのは日本のアイヌ民族、ジプシー、モンゴル人、タイ人、カルムク人、北京の中国人です。


http://youkaiwatch.info/youkai02/380/




☆ ケネディも入っているのですから、レプタリアン = 悪魔 という感覚は、今は ありません。

はやしひろし先生は、イエスも レプタリアンと証明しています。


けれど、イエスもケネディも、本来の レプタリアンを 裏切ったと 私は 思います。



田布施、日本のなかの、「非差別部落」は、RHマイナスの血を、近親結婚で保っていたのではないのでしょうか?


そうでなければ、なんらかの繋がりがなければ、ザビエルから続く日本占領計画で、かれらが 選ばれることはなかったのではないだろうか。


本来のレプタリアンは、サイコパス、この条件がなければ、日本人のふりをして、本当は日本人を滅亡させるという役割など、なしてはいけないのではないだろうか。



レプタリアン、RHマイナスは、知的レベルが高く、痩せていて、感情の襞がない、右脳の働きが弱いとも言われますが、ハイブリッドを繰り返すうちに、知的レベルは かなり 低くなっていると、私はかってに感じています。


それが、今の、漢字もよめないような田布施政治やと思います。



レプタリアンは 食人種でもあり、従って、痩せているのでもなく、異常な巨漢も多い。 なにしろ、肉が、なによりも好きなようで ・・・


この世は、まちがいなく、レプタリアン支配と、私は思います。 そうでなければ、これほど、戦争をしたい支配者ばかりいるはずもなく、これほど、なによりも、富がほしい という支配者ばかり というのも 理解不能です。


確かに、なにか違う種 がいる、それも、宇宙のなかの極悪なものが。



人間は高度ではない、いずれ、高度な、光のものたちと会える きっと。





昭和天皇重体の際に活躍した、RHマイナス部隊について質問です。


天皇が病状悪化と共に大量の下血をし、それに対して相当な輸血が行われたと言います。


しかし当時、その輸血について具体的に報じたメディアは一社もありませんでした。


そんな中、確か噂の真相だったと思いますが、天皇の血液型がRHマイナスで、適合する血液型は400人に1人しかいない為、自衛隊内部に天皇の非常時だけに備えた、RHマイナスの血液型を持った秘密部隊員・約100名が存在していると記事にしました。



私は人命尊重の観点から、そういう部隊があっても別に構わないと思いますが、問題は天皇がRHマイナスであることを秘匿し、更にそのような部隊の存在も全く明らかにしなかったこです。


恐らくそのような部隊は、昭和天皇が子供の頃から何十年にもわたって存在し続けていたんでしょう。


しかし戦前ならともかく、戦後の象徴天皇下においてまで、そのようなことを秘匿する必要があるでしょうか?



特定秘密保護法案が成立した今、これまでも秘密主義だった国家が、もっと秘密主義に走るのではないかと心配です。


皆さんは、昭和天皇RHマイナス部隊の存在について、どう思われますか?

存在自体は肯定するが、情報を明らかにすべきだったか否か?
或は存在自体が間違っているか否か?


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13122016128




☆ 輸血が良い などと 悪魔レプタリアン種が考えているのでしょうか?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加