スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

IS/パレスチナ /重曹がいいらしい

2015-12-30 21:40:08 | シリア ・中東

○ 10.5 テロ組織「IS(イスラム国)」、「ヌスラ戦線」、「ジェイシュ・アル・ヤルムーク」の戦闘員3000人以上が、シリア政府軍の攻撃とロシア空軍の空爆を恐れて、シリアからヨルダンへ逃げた。リア・ノーヴォスチ通信が、軍事関係者の話を引用して伝えた。
消息筋によると、シリア軍は4日、ダマスカス郊外のほか、古代都市パルミラを含むホムス県やデリゾール県にあるテロリストたちの拠点を攻撃した。


○ 10.6 ロシア国民、シリアへの義勇兵志願者が増える

シリアでロシア空軍がイスラム主義者らを相手に行なっている作戦は、ロシア国民の間で多くの支持を集めている。そうした中にはシリアへ義勇兵として志願を申し出る者もいる。6日付けの「イズヴェスチヤ」紙が報じた。
ロシア国防省はシリアで行動できるのは契約を交わした義勇兵のみだと約しており、外国で軍事作戦への召集を行なわれることはない。


○ 10.7 プーチン大統領、シリアにおける軍事作戦の中間結果を高く評価


○ 10.14 ロシア国内で「IS」といかに戦うべきか?

モスクワで、テロ行為を準備していた疑いでロシア人グループが拘束された。そのうちの数人は、ロシアでは過激派として活動が禁止されているテロ組織「IS(イスラム国)」の施設にいた経験があった。12日、イタル-タス通信が伝えた。

「IS」の部隊には、ロシア人が約2千人おり、戦闘員として戦っている事実については、国連総会の一般討論演説の中で、プーチン大統領も触れている。

またマスメディアには定期的に、現在ロシアの空爆を受けている「IS」の収容所で、何百人ものロシア人が戦闘訓練をしているとの情報が現れている。「IS」の部隊に加わるためシリア行きを目指すロシアの若い女性についてのニュースも、時に話題となる。

なお『IS』には、ロシア向けの特別のリクルート・サービスが存在し、例えば、サンクトペテルブルグでは、治安機関による抜き打ち検査が実施され、複数の募集センターの存在が明るみに出た。

なおそれらは殲滅され、その職員は逮捕された。そうしたセンターは、文化センターに付属して活動を試みている。なお伝統的なイスラム聖職者達は、そうしたセンターと戦っている。


『IS』メンバーの最も危険なリクルートが行われているのは、インターネットのサイトを通してである。それは、特に人々を処刑したりする映像などを含んでおり、見るものに強烈な影響を与えている。

心理的に不安定な人々は、膝を屈し、自分の安全を守るために、最も残酷な過激派グループに、あらかじめ加わろうと試みるのだ。しかし現実には、そうした人達は、あっという間に、人生と別れを告げ、大砲の餌食として使い捨てされる。こうしたサイトは、ロシア領内に存在するのではなく、絶えずアドレスを変えている。

又、サンクトペテルブルグ大学のコロトフ教授は「IS」メンバー募集のため、薬物、特に向精神薬が用いられていると主張している―/strong>麻薬取引以外に、今日、さらにもう一つ、テロリストにはビジネス・チャンスが生じた。原油の密輸である。

プーチン大統領は『我々は、不法な原油を誰が売り、そして誰が買っているか知っているが、そうした輩には、制裁が導入されていない』と指摘した。」



パレスチナ


○ 10.5 パレスチナ指導者 国連事務総長に国際的擁護を求める

パレスチナ自治政府のアッバース大統領は、国連のパンギムン事務総長に、イスラエル占領地での状況先鋭化を受けて、パレスチナ人を国際的な立場から擁護してくれるよう要請した。


○ 10.12 EU外務上級代表 パレスチナ・イスラエル情勢を両政府首脳と討議

11日、EUのモゲリーニ外務・安全保障政策上級代表は、イスラエル及びパレスチナ領内での暴力行為がエスカレートしている問題について、パレスチナ自治政府のアッバス大統領、そしてイスラエルのネタニヤフ首相と電話で討議した。

その際、アッバス大統領は、状況をコントロール下に収める決意を、ネタニヤフ首相は、神殿の丘の現状を維持する決意を、それぞれ明らかにした。EU外務上級代表部の出した声明の中では、そのように述べられている。


○ 10.14 ヒューマン・ライツ・ウィッチ:イスラエル兵が無害のパレスチナ人でも参加者に発砲

10月12日、パレスチナ人活動家数十人がイスラエル領内に潜入し、ガザ地区との境界線で衝突事件を起こした。前日、11日にイスラエル兵によってパレスチナ人の少年が殺害される事件に憤慨した若者の集団が、警官らに投石し、火炎瓶を投げつけた。
イスラエル兵の不適切な武力行使によって、イスラエルの占領と絡んだ暴力事件はますます増えている。



本当の癌の原因は体が酸性になり細胞の酸素量が減るため 重曹で体をアルカリ性にする
(宇宙への旅立ち dec.29)

ノーベル賞受賞者のワーバーグ博士は、本当の癌の原因をつきとめた。その原因とは細胞の酸欠だった。体がペーハーバランスが酸性になる事により、体の隅々に酸素が行き渡らない現象、酸欠が起きる。

彼は癌細胞が酸素を必要としない性質を持っている事も発見した。癌細胞は、体のペーハーバランスがアルカリ性になる事により高い酸素供給があると、存在できないという事なのだ。


普通の細胞は酸素供給が必要だ。しかし癌細胞は酸素無しでも生きられる。

体の細胞の酸素供給を35%、48時間の間、減らすと癌細胞に変化する可能性が高い。


私達の日常の食事は、そのペーハーバランスを平常に保つのに大きな役割を果たしている。ペーハーバランスとは、体内の細胞や体液の酸性とアルカリ性のバランスだ。私達の体のペーハーバランスは、アルカリ性気味の7.365でなければ生きられない事になっている。


しかし不幸な事に、典型的なアメリカ食は主に毒の入った酸性の物が多い。それは精製された砂糖だったり、米や麦だったり、遺伝子組み換えの食べ物だったりする。こういった食事は不健康な酸性のペーハーバランスになっていく。

ペーハーバランスの崩れ(高い酸性度)は細胞の活動と機能を妨げる。異常な酸性のペーハーバランスは深刻な健康問題になりえる。それは癌、心臓病、糖尿病、骨粗鬆症(こつそしょうしょう、もしくは「骨粗しょう症」)、胃腸病など。長期間、酸性のペーハーバランスにしておくと、早く老化する事になる。


ペーハーミラクルの中でヤング氏は「ほとんどの体の病気はペーハーバランスが酸性に傾いている事から起きる」と述べている。

体が酸性だと寄生虫、細菌、ウイルス、カンジダなどに犯されやすい。アルカリ性に体のペーハーバランスを傾ける事により細菌や病原菌、ウイルスなどを中和させる事ができる。

そのため、正しいペーハーバランス(弱アルカリ性)に保つ事は健康を維持する上で重要な事だ。


1/3テーブルスプーンのベーキング・ソーダ(重曹)
2テーブルスプーンの搾り立てのレモンジュース、またはオーガニックのアップルサイダー・ビネガー

上の材料を混ぜる。その混合物はシュワシュワと泡を吹き始める。そして8オンス(1カップ)の水に混ぜ、いっぺんに飲み干す。この方法はペーハーバランスを中和し、体を弱アルカリ性にする。胃酸の酸性を減らす役割もする(つまり強い胃酸により胃痛があるなどの症状のある人にも効く)。


別のベーキング・ソーダ(重曹)の使用方法

http://beforeitsnews.com/blogging-citizen-journalism/2015/12/baking-soda-and-honey-homemade-remedy-that-destroys-even-the-most-dangerous-diseases-2527036.html


ベーキング・ソーダで癌を撃退!

癌細胞は砂糖類が大好きだ。ベーキング・ソーダと糖分豊富なメープルシロップ、または蜂蜜を混ぜた物で、糖分に飢えている癌を撃退できる。その糖分は確実に癌細胞に届ける役割をし、癌細胞に届いたところでベーキング・ソーダが癌を撃退!一種のトロージャン・ホース作戦。

アルカリ性のベーキング・ソーダが癌細胞の内部に入り、癌細胞を普通の細胞に変える。またはアルカリ性効果が癌細胞のペーハーバランスを変え、癌細胞を殺す。

アルカリ性のショックウェイブが癌細胞に酸素を運び、癌細胞が耐え切れなくなる。(癌細胞はペーハーバランスが酸性の細胞であり、アルカリ性には耐え切れない。癌細胞は酸素が嫌い。ほとんど酸素無しで生きている。)


ベーキングソーダ(重曹)
蜂蜜、またはメープルシロップ


ベーキング・ソーダ(重曹)1 対 蜂蜜、またはメープルシロップ 1の割合
たとえば4テーブルスプーンのベーキング・ソーダと、4テーブルスプーンの蜂蜜、またはメープルシロップを混ぜて、低い温度で5分から10分、温める。これで1週間分くらいある。冷蔵庫で保存してはいけない。

1テーブルスプーン分を、1日に1-3回食べる。食事時間あたりに食べてはいけない(つまり空腹時でないと効果が無い)。この治療方法をしている間、食事も変えないといけない。肉、砂糖、または白い小麦粉(白いパンなど)は避ける。


☆ また、簡単な方法で、質の良い重曹(清掃用ではなく、医薬 または 食品の)を、水で薄める、歯磨きに使う、お風呂に入れるという方法でもいいそうです。 もちろん、お掃除にも使えますね。

私も、通販で買うつもりです。  

また、暖める場合は、チン は、良くないそうですよ。 毒性を増やすとか。 昔ながらの火を使うのがいいそうです。 電子レンジは×ということです。


★★  年末年始からは、休みも入れながら書かせていただきます。 リンク先の、「闇の正体は偽ユダヤ」には、国内、国外、mixして書かせていただいてます、 国外のものを取り出して、このブログに載せています。


新しい年は、最高の別れと、最高の出会いを創造できますように。

スパシーバ 。。。。。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロシアの正しさ /年始の神社は ×/慰安婦

2015-12-29 22:53:37 | プーチン ・ ロシア

ロシアの正しさ

○ 10.16 プーチン大統領:ロシアはシリアで大いなる戦果を挙げた、数百人のテロリストが殺された

「ロシアは再三にわたり、中東に過激主義がはびこることの危険性を訴え、国際社会はあらゆるレベルで過激主義組織の取り締まりを協力して行うべきだ呼びかけてきた。」

「アフガニスタン情勢はまことに危機的だ。様々なグループのテロリストらが影響力を増し、さらなる拡張への野心を公言している。目標のひとつが、中央アジア地域への進出である。我々はこうしたシナリオを阻むべく一致して取り組むべきだ」。


◎ 10.15 アフガニスタン国内にはIS戦士が3000人いる

アフガニスタン産の麻薬の違法な流通が横行しており、イスラム原理主義組織の活動が活発化し、中央アジア諸国にイスラム過激派が流入する恐れも増しているという。


○ 10.19 ベルリンでシリアにおけるロシアの行動を支持する集会が開かれる

ベルリンにあるロシア大使館の近くで18日、シリアにおけるロシアの行動を支持する集会が開かれ、ドイツにあるシリア・コミュニティの代表者たちが参加した。

大使館前の広場で、5メートルに及ぶシリアの国旗を広げ、「ありがとうロシア、ありがとうプーチン大統領!」や、「サラフィー主義者は、シリアから出て行け!」と叫んだ。
また集会には、在ドイツ・シリア学生連合やドイツの反ファシズム団体の代表者たちも参加した。集会には、合わせておよそ50人が参加した。


○ 10.20 プーチン大統領、シリアのテロリストは前進基地を作り、侵略拡大計画を練っている

「テロリストらはシリアおよび中東の一連の諸国で前進基地を作り、侵略拡大、地域全体の不安定化の計画を今も練り続けている。戦闘員募集係は多くの国から、残念ながらロシアからもCIS諸国からも人員を集め続けている。」

シリアへのロシアの軍事支援はロシアの軍事ドクトリンおよび国際法に完全に依拠している点を再び強調した。



○ 10.20 露下院議長が乗った航空機に戦闘機が接近:ロシアはスイスの説明を待っている

議員たちは政府間会議に出席するためにジュネーブに向かっていた。スイス連邦防衛局は、接近は確認作業だとし、高度3700メートルでの確認作業は一般的なもので、年間100回行われていると発表した。

この航空機は実際のところ国際会議に向かっていた特別便だった。これは非外交的な行為だ。

当初、戦闘機はフランスのものだと認知された。行動は迅速に実行され、駐ロシア・フランス大使が説明のために外務省に呼び出された。なおフランス国防省は、接近した戦闘機はスイスのものであると指摘した。


戦闘機による確認作業は数時間を要した。これはスイスが説明した一般的な確認手順としては長すぎるため、疑問を投げかけた。

フランスは、大使の呼び出しについて遺憾の意を表した。ロシアは外交ルートを通じて謝罪した。

しかし、たとえこれが性急な行動だったとしても、それには理由がある。なぜならハイレベルの外交官たちが乗った航空機は、国際法によって保護されている。

軍事専門家たちは、戦闘機F18の接近は重大な脅威であり、これは正当化されるべきであると指摘している。今度はスイスが説明する番だ。



○ 10,13 ロシア外務次官:ロシアがシリアで空爆しているのはISの拠点のみ

メシコフ外務次官は、EU諸国がロシアに対してシリア穏健派野党勢力に対する空爆をやめるよう呼びかけたことについて記者団にコメントし、「私は声明を見ていないが、全ての人にとって、ロシアが野党ではなく、テロ組織やISに対して空爆していることは、すでにずいぶん前から明白だ」と語った。


○ 10.13 ラヴロフ外相:ロシアは在シリア・ロシア大使館への砲撃をテロとみなす

「シリアのダマスカスにあるロシア大使館への砲撃だが、この報道は実際にロシア大使によって確認された。大使館領内に2発の迫撃砲弾が着弾した。これは、恐らくテロとの戦いを支持する人々を脅かし、彼らが過激派との戦いで打ち勝つことを許さないことを目的とした明らかなテロ行為だ」。



年始の神社は ×

(宇宙への旅立ち 12.28 )

正月に人食いエイリアンを神と祭る神社仏閣にお参りに行くんじゃない!

山伏姿の僧侶の手が、爬虫類人の肌にカラーシフト!

人食い爬虫類人の山伏=人食いユダヤ



正月に神社仏閣に行って、お参りするのは止めた方がいい。神社仏閣に祭られている神は、人食い爬虫類エイリアン達だ。そう、神社仏閣は「爬虫類エイリアン達に、人間の子供達を御食事として提供する場所」だ。

そんな人食いエイリアン達を神と拝み、賽銭をあげ、新しい1年のお願いをする?クレージーだと思いませんか?しめ縄とは爬虫類エイリアンのシンボルの龍を模ったもの。神社の入り口にあるデカイ鈴も、元々は「オレ達、爬虫類エイリアン達が来るぞ~」と知らせるものだったという。


ほとんどの神社仏閣の前には階段があり、人間生贄儀式が行われたピラミッドに近い構造になっている。

若者達が生贄として人食い爬虫類エイリアン達に捧げられた場所、マヤのピラミッド。


神社にある赤い鳥居も、古代に人食いユダヤ人達が羊(ユダヤ人にとって羊は人間を意味する)の血を、彼等の家の入り口に塗ったのが由来。つまり鳥居の赤は人間の血を意味する。

赤い鳥居。不気味だと思いません?

祠は爬虫類エイリアン達が来るまで、誘拐拉致した子供達を閉じ込めておいた場所。


☆ マヤのピラミッドの絵を見ると、人間の心臓を食べている。 ジョンマケインと一緒に写真に写っていたユダヤの男は、心臓を食べていた。

ISが内臓売買、内臓を取り出すという行為のなかに、かれらが、爬虫類だと分かる、それは、ビジネス以上のものなのだ。



◎  http://lite-ra.com/2015/07/post-1323.html 中曽根元首相が慰安所開設していたと証言してます。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あちら側 / なぜ?

2015-12-28 16:44:37 | 悪魔教 サイコパス 麻薬  奴隷

あちら側


○ 10.16 英国の原子力技術者 10月17日に世界の半分を破壊する巨大地震を予言

ケッシュ氏によると、強い地震によって、北アフリカと南アフリカの間に断層が形成され、米国とアジアの沿岸部は大津波に襲われ、4000万人が犠牲になる恐れがあるという。

注目に値するのは、近いうちにも北米全土で演習が始まることだ。演習では米国とカナダが大地震が発生した場合の活動に関する訓練を行う。ケッシュ氏の予言が、この演習と何らかの関わりを持っていることは恐らくないだろう。

☆ 闇の動きである。 時がたち移り変わり、預言には、誰も驚かなくなってきた(笑)


○ 10.18 IS戦士はロシア空軍の空爆を避け、ひげを剃り、トルコに逃げている

ネットに出回っている写真には、剃り落とされたひげとかみそりの刃が写されている。

ISおよびアル・ヌスラによるイスラム教解釈によれば、男性はひげを剃ることが禁じられる。そのためこれら団体の戦士はひげを生やしているイメージが広まっている。


○ 10.16 EUサミット、トルコとの合同移民対策行動計画が承認


○ 10.17 トミオ・オカムラ氏:移民問題は偽善的民主主義という問題を暴き出した

17日、プラハで、チェコにおける不法移民に反対し、チェコのEU脱退を問う国民投票の実施を求める集会が開かる。主催は「自由と直接民主主義」運動。日系チェコ人政治家のトミオ・オカムラ氏は国民投票実施を求める署名を行う考えだ。


オカムラ氏:自分の国のことは直接的に決定する権利を持っているのだという自覚を国民にぜひとも喚起したい。移民の流入という問題は、民主主義における偽善的ゲームという問題を暴き出している。

我々は数年にわたりこの問題を喚起している。 民主主義は、オリガルヒの独裁へと、たちどころに変質してしまう。そういう問題だ。

署名してくれた人皆に感謝したい。しかしこの非民主的な国では、残念ながら、署名の数などは、政治家に対していかなる意味も持ちはしない。この国では国民の意思など一顧だにされない。国民が何を望み、政府が何を望まないかが一目瞭然だ。


○ 10.18 英国、難民がリムジンで移送された問題でスキャンダル勃発

英国でアフリカからの7人の難民がマンチェスターのヒースロー空港からショービズ界のスターよろしくリムジンで移送されたことで、納税者らが憤慨、一大スキャンダルになっている。

英メディアによれば、300kmの走行にかかった費用は3000ポンド。内務省の負担になるという。出費を請負業者だけに負担させることを命じていた指導部はこれに激怒した。

既に難民を収容するホテルの経営者も内務省予算で融資を得ていることが明らかになっている。一日あたり7000ポインド、すなわち1万1000ドルが支払われているという。


○ 10.18 「IS」 募集係りに最大1万ドルの給与を支払っている

テロ組織「IS(イスラム国)」は、シリアに行く志願者を探している募集係りに、最大1万ドルを支払っている。ブリュッセルで16日、ISの「募集係」に関する調査を行うためにベルギーを訪れた国連の専門家たちが発表した。

「リクルーターが2000ドルあるいは3000ドルから1万ドルの給与を受け取る場合もあるということだ。全ては、獲得した人物の能力に左右される。例えば、医師またはコンピュータサイエンスの専門家などの高等教育を受けた人物であるならば、それに応じて給与は上がる」。

志願者の平均年齢は「23歳あるいは、それよりも下」だという。またシリアへ向かう女性が増えている。カルスカ氏は、「無職の人ばかりではない。多くの人は、良好な社会環境の中で暮らしている」と指摘している。
シリアあるいはイラクの過激主義者たちに加わるために、ベルギーから375-500人が出発した。ベルギーがEU諸国の中で一番多くなっている。



なぜ?  (あるブログ)

◎ 筆者は以前から、東京大空襲で全都が焼け野原と化したのに、皇居に一発の弾丸も落ちなかったことが妙に胸に引っ掛かっていた。それについて書かれた本にも、出会ったことはない。皇居は森に囲まれて灯火も少なく、上空から見えにくいというのは理由にならない。アメリカ空軍は精密な地図で、皇居の位置も知り尽くしていた。


日本の戦国時代も、敵の首魁(しゅかい)の住む本丸「城」を攻撃目標とした。東京全都に32万発の弾丸が落ちて火の海と化したのに、皇居に一発の弾丸も落ちなかったのは妙と思わないだろうか。

無条件降伏なのに最高責任者の天皇は裁かれず、天皇制が継続されたことも奇妙だった。東西ドイツのように国が分断されず、戦争責任のない朝鮮半島のほうが38度線で分断されたのである。

なぜだろう。そこには英王室を代表する、レプティリアン血流の意志が働いていたとしか思えなかったのである。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロシア・イラン・EU・英国・米 / 天皇への視点

2015-12-27 23:33:40 | 天使と悪魔


○ 10.16 (チェチェン) カディロフ氏、ロシアのテロリストのために死刑を導入することを提案

同氏によれば「刑務所でテロリストに食べ物を与え、生きながらえさせることは間違っている」。

☆ ロシアほど、観念的ではなく、本当の、悪魔教の正体を知っている国はないのではないだろうか。


○ 10.17 天然資源省はロシア生まれの動物が外国の動物園で公開解剖されることを許さない

☆ (カナダで?) 子供たちの目の前で、動物園で(たぶん死んだ)ライオンを解剖してみでたのです。

この違いは、埋まることのない、西側との違いです。

 
○ 10.14 イランのスレイマニ将軍率いる数千人のイラン兵、シリアに到着

シリアにイラン兵ら数千人が到着。イラン兵らは近いうちにもシリア政府軍とともに、蜂起軍に占領された北の都市アレッポへの攻撃を開始する。ロイター通信が報じた。ロシア航空隊はこの作戦のなかで支援を行う。

スレイマニ将軍は少なくとも2度、秘密裏にモスクワを訪れ、交渉を行なっていた。スレイマニ将軍の最初のモスクワ訪問によって、ロシア指導部はアサド体制支持のためにはシリア領内に空爆を行う必要性を認めたと報じていた。



○ 10.10 欧州委員長「米国は、我々がロシアとどう付き合うか、指図する事などできない」

これまで、欧州は、対ロシア関係においていかなる政策を実施すべきか、米国が指図するのを許してきた。米国は、欧州に対し、対ロ制裁を導入するよう、文字通り強制した事を隠してさえいない。

米国のバイデン副大統領は、次のように公言した-

「欧州の人々が、制裁を望んでいなかったことは確かだ、しかし米指導部と米大統領は、それをあくまで要求した。そして、経済的損失を被るというリスクを負いながらも、ロシアが報いを受けるようにするため、しばしば欧州を厄介な立場に置いてしまった。」


しかしユンケル委員長の発言は、EUの立場が変更される可能性のあることを示唆している。EU加盟国のいくつかの国々の経済は、対ロ制裁により、深刻な損失を被っているからだ。対ロシア制裁を延長するかどうかの問題は、今年末、投票に持ち出される。投票の結果に影響を与えるだろう。


○ 10.16 英国民、シリアでのロシアのIS空爆支持は70%以上、世論調査

英国民の3分の2以上がシリアにおけるロシアの行動に支持を表明していることが同国の「デイリー・エクスプレス」紙の行った世論調査で明らかになった。

「支持する」と答えたのは回答者の71%。調査には英国在住の2万7千人以上が参加した。
「二方向から、つまり一方は欧米が、もう一方はロシアがISを攻撃すれば、より効果があがるはず」との確信を表している。


○ 10.17 米主導有志連合がシリア火力発電所を破壊、アレッポは停電

諸外国の武官及びジャーナリストを対象にしたブリーフィングでカルタポフ上級大将は、「誰かが居住区のインフラを計画的に破壊したという印象を受ける」と述べ、欧州へ押し寄せる難民の数は増える一方だと指摘した。

「我々のパートナーらは火力発電所が一昼夜8時間しか稼動していなかった事実を知らなかったわけはない。それでも空爆は数日間にわたって行なわれ、10月11日、同火力発電所はとうとう完全に稼動できなくなってしまった。」

「誰かが居住区のインフラを計画的に破壊し、一般市民が住めない状況を作り出そうとしたという印象を受ける。」

ロシア軍の空爆については、カルタポロフ大将は、これ以上ないほど正確に行なわれていると語っている。

ブリーフィングに集まった外国の武官、記者団に対し、米軍主導の有志連合が使用している地図を公開した。地図にはイスラム教寺院、文化施設、エネルギー関連施設、給水施設など、民間人の生活に欠かせない施設が全て記載されている。


10.16 APがすっぱ抜き、「国境なき医師団」は誤爆にあらず、米軍はあらかじめ熟知

AP通信の報道によれば、アナリストらは病因に関する資料も、病院が記載された地図も入手していた。諜報部からの情報では、この病院は国際テロ組織「タリバン」の司令部によって管理センターとして使われており、武器が保管されている可能性があるとされていた。

専門家らは攻撃を正当化し、司令部にテロリストらは殲滅されたと報告している点は特筆に価する。
米国防総省の公式的な代表者らはこの情報を否定している。
これまでの発表では、タリバンは地元民を死亡させないためにクンドゥズから後退していたとされている。



天皇への視点

(コメント)
パククネ大統領のこの時代、ようやく慰安婦新基金一億円合意か。
これにより、天皇を告訴する動きも出てきた。
が、案の定、その告訴を反対する動きも。
けれどこれはかなり大きな進展だと思う。
からゆきさんをつくった、天皇は罪を償わないといけないと思う。
メッセージの通り、いろんな動きが始まり、新時代は近い!!


ドラコニアン天皇 大勢のレプティリアン達を皇居に招待し、盛大な誕生パーティーを開く
(宇宙への旅立ち dec.23)


しかしドラコニアン天皇は良い身分ですよね?82歳まで、毎年、人々の血税を湯水の様に使って、自分の誕生日パーティーを、何百人ものレプティリアン達を招待して祝う。

招待された人々は全員、レプティリアン達であり、人間(家畜)は1人も招待されていません。


何十万円もする様なドレスに身を包み、何百万円もする様な宝石をジャラジャラと身に着ける。これが人食いドラコニアン流ファッション。

皇居の記者会見場には、人食い爬虫類エイリアンのアヌンナキの絵が飾られている。

赤毛、そして歯並びは前後に2列。天皇の歯並びもガタガタというよりも、2列に並んでいる様な歯。もちろん天皇はアヌンナキの血を引くドラコニアン皇族だからだ。

米軍のトップ(スティムソン)に電話で、原爆を落とす場所と日時を伝えたのは天皇ヒロヒトだったという。敵は国内に居たという事だ。


☆ このことを語った 「鬼塚英昭動画」が、宇宙への旅立ちブログにあります。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マレー機 /悲しみのロシア史 /熊と苺/泥棒クマ

2015-12-26 21:49:15 | 感じるロシア


10.13 オランダ安全保障会議報告

オランダ安全保障会議は「マレーシア航空機ボーイング777型機に対するミサイルは、東ウクライナから発射された」と指摘しているが「その地区をコントロール下においていたのは誰か」については示していない。


10.13 ウクライナ、ロシアとの航空便を完全停止へ

ロシア交通省は、ウクライナとロシアの間の空の便を10月25日から完全に停止するというウクライナ国家航空庁からの通達を受理した。ロシア交通省が明らかにした。
キエフ当局側によれば、「ロシア航空局がウクライナ企業の飛行がロシア領内で制限される原因を提出しなかった」ため、なされたもの。


10.13 ドンバスでマレー機を撃墜したミサイル、オランダの結果を「アルマズ・アンテイ」が覆す

ロシア対空防衛システム製造企業「アルマズ・アンテイ」社のだした調査結果は、オランダの調査委員会が提出したMH17便を撃墜しえたミサイルの型についての帰結を「完全に覆した。」

「もしマレー機がミサイルシステム『ブーク』によって撃墜されたのであれば、使われたミサイルは9M8のみだったことは間違いない。つまりこれは、(特殊な形状の)攻撃要素を持たない9M3M1よりずっと旧式のミサイルということになる。わが社の数学的シュミレーションは絶対に正確だ。」


10.12 マレーシアで旅客用ヘリコプター行方不明に

旅客用にチャーターされたヘリコプターが、マレーシアのスマトラ島北部で行方不明になった。新聞「ジャカルタ・グローブ」が伝えた。


10.15 マレーシアはMH17機の捜査結果を自制した態度で待っている、ロシア大使

大使は、マレーシアは西側の圧力にもかかわらず、当初からロシアとドネツク、ルガンスク両人民共和国との協力に関心を示していたと補足した。

「マレーシアに対しては、当然ながらかなり強力な圧力が講じられ、ドンバスの義勇軍側とコンタクトを持たぬよう、再三にわたる説得が行なわれた。

だが、マレーシア指導部は非常に正しい、公正な決定を採り、直接的なコンタクトに出て、マレーシア人の専門家が事件現場に入り、まず真っ先にブラックボックスを回収できるよう合意をとりつけた。

このおかげでブラックボックスはマレーシア側の手に十分早い段階で渡された。そしてこれにより、入手が可能だった詳細を知ることができたのだ。」



悲しみのロシア史

それにしても、ロシア革命はなにゆえにひと握りのユダヤ人指導者の下に、容易に推し進めることができたのだろうか。

ロシア人は黙って見ていただけなのだろうか。当時の革命政府には、ロシア人はほとんど参加していなかったのである。レーニン自身がその事実を述べている。


10月革命が起きてのち、ロシア人は新政権の成立にはほとんど関わることをしなかった。ロシア人としては、このような反民族的なシステムには入りたくなかったのである。

レーニンは、政府の官僚として誰を起用するかをじっくりと考える必要はなかった。当時は戦争中だったので、西側からユダヤ人が続々とロシアの中央に移って来た。ソ連の新政権にユダヤ人は約150人参加した。そして、政府のトップ・クラスの人々はすべてユダヤ人であった。政権内部のロシア人は2~5%ときわめて少なかったのである。

レーニンの祖母はユダヤ人だった。レーニン自身がユダヤ人とのハーフだったのである。ロシア10月革命後の新政権では、そのメンバーのうち99%をユダヤ人が占めていた。しかし、アメリカとドイツからロシアにやって来たユダヤ人たちは、革命家、あるいは共産主義者であり、ほとんどがユダヤ教を信仰していたわけではなかった。


その頃のユダヤ運動には2つの流れがあった。1つは共産主義である。共産主義者、革命家たちはユダヤ教を信奉しない。もう1つはシオニズムである。シオニズムとは、ユダヤ教徒が自分たちの宗教本部であるエルサレム(シオン)を中心として、自分たちこそ世界を支配しなければならないとする思想である。そのような人々をシオニストという。


10月革命後、ユダヤ人たちはこの2つの流れでともにロシアを支配していたのである。やがてそうしたユダヤ人の中に摩擦が生じるようになった。

1920~1930年代、アメリカやドイツからやって来た共産主義者のユダヤ人たちと、ロシアにいた150万人のユダヤ教徒との間に、激烈な闘争が巻き起こったのである。革命家たちはユダヤ教を信仰していないため、ユダヤ教徒たちは共産主義者を批判し共産主義者と闘うようになった。

レーニンやトロツキーたちとともに来た人々は、この戦いでほとんど消えてしまった。革命政府の中心にあった者たちは、ほとんど殺されてしまったのである。こうして第二次世界大戦勃発以前に、このユダヤ人の間の闘いには決着がついたのであった。


☆ 悲しみのロシア。 ロシア人は、迫害により、大部分が国外に行ってしまった。 プーチンはそのことを、「私にとっては小さなことではない」と言っている。

日本人の滑稽さとは ・・・ 日本は日本人によって、統治されていると思っていることだ。

田布施朝鮮族とは ・・・ 偽ユダヤと同じ、RH- 、 つまり、血に飢えた特殊な種であるということを知らない。

日本は、日本人によって統治されずに、100年が過ぎたのだ。 そして、そのことを知らない。 なんということだ。



熊と苺

10.15 アムール州、クマが野苺食べて道路に出現、小学生はびっくり

15日朝、スクールバスを待っていた小学生4人の前にクマが出現し、子どもたちを驚かせた。クマは住居付近に生える野生のラズベリーの茂みから突如現れた。子どもたちが近づいてくるバスの方向へと逃げ出すと、クマは道路をわたってノーヴォヴォ村の方へ姿を消した。ノーヴォヴォ村のウラジーミル・ジヴノフ村長の決定で非常事態体制がしかれている。

☆ 熊は、余計な殺戮はしません。 この記事、もし5次元世界であれば、たんに、仲良しになろうということですが、3次元の地球では、熊と人間の戦いを、人間が造り出す。 くまさんの食料がないのかな、などと心配になる。



10.17 カムチャツカ、泥棒クマがおいしい夕食後、換気窓から逃げる

カムチャツカで子クマが人家に入り、食べ物を探した。誰もいなかったので、台所で食事をとった。人が戻ってくると、大慌てで窓から逃げ出すことになった。

おびえたクマは、換気窓から脱出しようとしたが、狭くて通り抜けられない。まるでウサギの穴にはまりこんだくまのプーさんのように。
まだ幼いとはいえすでにかなり大きな野生の猛獣を目にしながら、住人らは怖がることもなく、携帯電話で動画を撮影した。ビデオRuptly

☆ ロシアという国は、5次元の世界が日常に入り込んでいる。 つまり、人々の心のなかに根源的な、宗教ではなくて信仰が、生きている。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マレー機証明/シリア/光の団結/なまはげ・サンタ

2015-12-25 19:48:39 | 天使と悪魔

 
10.12 マレー機証明  (桜井ジャーナル)


報告書がオランダ安全保障会議から公表され、反クーデター軍が支配する地域から発射されたブーク・ミサイル・システム(SA11)に撃ち落とされたとしているようだ。が、その可能性はきわめて小さい。

 西側が支援するキエフ政権は旅客機が撃墜される5カ月前、クーデターでビクトル・ヤヌコビッチ大統領を排除して成立している。憲法の手続きは踏んでいない非合法政権。すぐにクリミアの住民はクーデター政権を拒否、ドネツクでは戦闘が始まった。5月2日にオデッサではクーデターに反対する住民をキエフ政権が虐殺している。

 
撃墜について調べると称して西側諸国は調査チームを編成したが、その時点で予想されていた結論になっている。

チームのメンバー国はNATO加盟国のオランダとベルギー、アメリカの属国であるオーストラリア、そして実際に撃墜した可能性があるキエフ政権。この構成を見ただけで公正な調査が期待できないことは明白、つまり茶番だ。

 事件の直後、ロシアの取材チームは現地の住民から旅客機の近くを戦闘機が飛んでいたという証言を得ている。ブークは発射してからしばらくの間、軌道上から煙が消えず、広い範囲の人が気づき、今の時代なら撮影されたはずだ。

 
BBCのチームは、キエフ軍の航空機が民間機の影に隠れながら爆撃しているという話も映像に記録していた。旅客機の残骸を調査したOSCE(欧州安全保障協力機構)の調査官も榴散弾ではなく左右から銃撃された可能性が高いと話している。


7月7日から17日にかけてNATOは黒海で軍事演習を実施、当然、MH17もモニターしていたはず。もし西側が宣伝している通りのことが行われていたなら、簡単に証明できる。

 西側の政府やメディアは嘘をつき続けてきたわけだが、今回、アメリカは特に情報の隠蔽を徹底している。本来なら、この撃墜を利用してロシアを追い詰める予定だったのだろう。



○ 10.12 シリアのアサド体制を破壊するために雇っている傭兵部隊が露軍機に攻撃され、米国は支援を強化

シリアでの戦闘を「内戦」と表現することは間違いであり、プロパガンダ。シリア軍は外部から侵略してきたサラフ主義者、ムスリム同胞団、アル・カイダ系戦闘員と戦っているのである。だからこそ、シリア国民からアサドは支持されている。

 この記事をWikiLeaksが公表した文書も裏付けている。その文書によると、2006年にアメリカ政府はサウジアラビアやエジプトと手を組み、宗派対立を煽ってシリアを不安定化させる工作を始めたというのだ。そうした工作の延長線上に2011年3月の戦闘はある。

   アメリカが主導した国々がISに対すると称してシリア領空を繰り返し民間人を殺すだけで、ISはダメージを受けてこなかった。アメリカが「穏健派」に提供した武器、弾薬、小型トラックなどがISへ流れている。

 その象徴がトヨタ製の真新しい小型トラック「ハイラックス」。ISの戦闘員がパレードに使ったその小型トラックはアメリカの国務省がシリアの反政府勢力へ提供した43台の一部だという。そのせいではないだろうが、パレードをアメリカ軍は攻撃しなかった。


露国との関係を強めているイランが中国へも接近  

米国好戦派が破壊しようとした国々が団結へ  (桜井ジャーナル記事)

 中国海軍の孫建国提督がイランを訪問、10月13日にイランのホセイン・デーガン国防相と会談、両国の軍事的な協力関係を深めたいと語ったという。中国としてはイランの石油も魅力だろう。


アメリカの好戦派はリビアに続いてシリアの体制転覆を目指し、軍事介入の口実を作ろうとしてきた。

チュルキン大使が示した情報には、反シリア政府軍が支配しているドーマから2発のミサイルが発射され、ゴータで着弾していることを示す文書や衛星写真が含まれていたようで、その後、国連内の雰囲気が大きく変化したとも言われている。

 その後、アメリカのジョン・ケリー国務長官は、シリア政府がサリンを使ったことを示す証拠を持っていると語っているが、証拠が示されることはなく、逆にアメリカ政府の主張を否定する事実や分析が次々に出てくる。

 ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、アフガニスタンの反政府軍支配地域で「第三国」がアル・ヌスラなどシリアの反政府軍に対し、化学兵器の使い方を訓練しているとする報告があると語った。

 さらに、アメリカの科学者、国連の元兵器査察官のリチャード・ロイドとマサチューセッツ工科大学のセオドール・ポストル教授からもアメリカの政府やメディアの主張を否定する分析が明らかにされた。
 
アメリカ政府はシリアのバシャール・アル・アサド政権を軍事的に倒すため、嘘を承知で「サリン話」を宣伝していたと言えるだろう。アメリカ政府の主張をそのまま宣伝していたメディアの罪は重い。

 アメリカ支配層の目論見としては、中東、ウクライナ、ロシア、中国を別々に潰していく予定だったのだろうが、全てが同時に進行する事態になり、その間にロシア、中国、シリア、イラン、イラクの関係が緊密化している。

 ロシアや中国を中心にまとまっているBRICSの存在感も強まり、AIIB(アジアインフラ投資銀行)や新開発銀行(NDB)も始動している。

 昨年5月20日、プーチン露大統領の中国訪問にタイミングをあわせるようにしてロシアと中国は軍事演習「海上協力-2014」を東シナ海で開始、24日に日本と中国の軍用機が数十メートルの距離まで接近するということもあった。



アメリカの支配層はメディアを使ったプロパガンダで人心を操り、旧ソ連圏、西ヨーロッパ、東アジアなどの潜在的なライバルを潰し、西南アジアを支配しようとしてきたが、この世界制覇プランは崩壊した。

ネオコン/シオニストなどが余裕を失っていることは彼らの言動に現れているが、日本の「エリート」は自分たちが服従している勢力が危機的な状況であることを理解しているようには見えない。



なまはげ・サンタ  (宇宙への旅立ち dec. 23)

セント・ニコラスとクランパスは、12月25日に「悪い子は居ね~か~?」と言って、人々の家を回ったそうだ。良い子にはプレゼントをあげ、悪い子は連れ去ったそうだ。

これって、あの秋田に伝わる「なまはげ」と、全く同じですよね?同様に年末に「悪い子は居ね~か~?」と言って、人々の家を回ったという言い伝えになっているでしょ?そして子供達や若い女性達を誘拐して行ったという。つまり「なまはげ」=クランパスと考えても良いですね。
Image result for なまはげ


つまり、ツノの生えた人食い爬虫類エイリアン達(鬼、または悪魔)による、人間の子供達の誘拐、そして生血を飲み、人肉を食うという習慣は、世界中にあったという事なのだ。それもクリスマスに。

そして、あのクリスマスの歌にも出てくる「ジングルベル」は、子供達を誘拐するセント・ニコラスと、その人食い爬虫類エイリアン達が持っていたベルが元になっているという。


つまり、爬虫類エイリアン達が彼等の食料の子供達を誘拐しに来た時に、そのベルが鳴ったという事だ。その時代の人々だったら、そのベルの音を聴いたら、震え上がった事だろう。「また、自分達の子供達が誘拐され、食べられてしまうのか...」と。

下のビデオの8:22から、北欧で行われている北欧盤の「なまはげ」クランパスが子供達を誘拐する祭り(=クリスマス)のイベントの様子。

サンタの元祖はオディン、そしてセント・ニコラスと呼ばれている人食い爬虫類エイリアンだった。

そのセント・ニコラスの元となった神(悪魔)がオディン。もちろん人食い爬虫類エイリアン。太陽神(悪魔)であり、特にスカンジナビア辺りで信仰されていた。お酒の神であり、死神でもあったという。

そのオディンが、セント・ニコラスとして、悪魔教の人々に信仰されていたという。そのセント・ニコラスが一緒に連れているのがヤギの角を持つエイリアンのクランパス。

☆ 子供たちが本当に恐がっている。 子供や動物が恐がることをする神なんていない。 悪魔です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

移民/観光客/金融/情報攻撃/天皇ビジネス

2015-12-24 22:01:19 | NWO   金融   NGO  国連  銀行


○ 10.12 移民はどこに消えるのか?

スウェーデンTVは、サイト上に、同国にやって来る多数の移民達が、跡形もなく消えてしまう事についての情報を掲載した。彼らは、難民認定要請ばかりか、そもそも何の登録手続きもしていない。

一方で、スウェーデンにおける移民状況が、公式筋が以前に伝えたよりも、深刻である事を意味し、他方では、犯罪件数がますます増える事を意味している。なぜなら、不法な移民は、個人的に犯罪に関与しないとしても、犯罪を誘発するような不穏な状況を創り出すからだ。

☆ これほど、威嚇的な目をもつ難民などいないでしょう。 本当に闇に迫害されている人々は、正視に堪えないほどの悲惨さです。

急に湧いてくる出来事は、必ず、爬虫類の陰謀。 そしてまた、かれらの住まいでもある地下空間が、光の働きで消滅していることでもあると確信します。


○ 日本に急増 外国人と呼ばれているレプティリアン達

(宇宙への旅立ち jul.23)

このレプティリアンの男、自分の手がシェイプシフトしてしまっているのに気づいている様子で、この直後、この手を隠す仕草をする。

白人という名のレプティリアン達が、大勢、日本に押しかけているので、卵とバターの値段が上がっているという。バター不足?日本人だったら、バターなんて、あまり食べないよ。

レプティリアン達が大勢来て、一番不足しているのは、もちろん絞りたての人間の生血、そしてフレッシュな人肉。そのために、プリンスホテルでは、外国人観光客という名のレプティリアン達のために、ビュッフェで人肉を提供しているらしい。


(コメント リーマン・ショックの直後、不躾な外人が減って喜んだのもつかの間。
今度は入れ墨たっぷりの方々が、スーパーにたくさん来ています。

☆ フクシマがある日本に、なぜ観光客が増えるのか。 それは、レプタリアン天国だから。 レプは、レプ組織から、旅費をもらうなど特典があるそうです。


○ 9.30 中国外務省「中国はテロとの戦いにおけるロシアの措置を支持する

「テロリズムとの戦いに向けた措置は、国連憲章を基盤にし、その国の主権と領土保全を尊重した上で講ずることができる。中国は、この領域でのロシアの行動を支持している。」


金融

○ 10.8 世界中の中央銀行が米国債から脱却

全世界の中央銀行が前代未聞の速さで米国債を売却しようとしている。ウォールストリートジャーナル紙が報じた。

ドイチェバンク(独中央銀行)国際問題部の主任エコノミスト、トーステン・スロク氏の掴んだデーターでは、米国債市場からの資本引き上げは6月も続いており、過去12ヶ月の資金流失額は1230億ドルに達した。この額は1978年以来、最大。


10.9 中国 人民元の国際決済システムの運用開始

中国当局は、人民元の国際決済システム(CIPS,)の運用を公式的に開始した。このシステムは、SWIFTに代るものとして注目されている。ロシアの新聞「コメルサント」が報じた。



10.14 ロシア外務省 マレーシア機に関する報告書について:ロシアは情報攻撃に直面している

報道官はブリーフィングで、「我々がまたロシアに対する情報攻撃の段階にあることを再び発表しなければならない」と述べた。

ザハロワ報道官は、ウクライナに墜落したマレーシア航空機MH17便の事故原因に関するオランダ安全保障理事会の報告に関するテレビ「ユーロニュース」の報道内容についてコメントし、ロシアの立場は報じられなかったと指摘した。

マレーシア機の事故に関するオランダ安全保障理事会の報告に対する米国務省の反応を「プロパガンダだ」と指摘し、次のように語った-


「この不可解な混乱は、我々がいつも読んでいるものだ。これは混乱させること、また、しかるべき世論を形成することを目的としており、これはプロパガンダと呼ばれるものだ。自分たちの主張と調査結果を一致させることは、すでに日常的なものになっている。なおそれはマレーシア機に関する内容だけでなく、他の内容でも同じだ」。


○ 10.14 ロシア外務省:ロシアはマレーシア機事故調査の目的が真実の解明であるのか、疑問を持っている

「私たちの経験を共有し、私たちが持っている追加情報をその場で伝えるために、オランダの専門家や、彼らがロシアを訪れる必要があると考えている人々を招いた。しかし残念ながら、オランダの同僚たちは、この招待に応じなかった」。



天皇ビジネス 売春業&人間ソーセージ輸出
「からゆきさん」ってご存知ですか? (宇宙への旅立ち dec.22)

昔、大勢の日本人の女性達が「海外でのメイドの仕事」などと嘘をつかれ、売春を強要され、そして最終的には殺されて人間ソーセージにさせられていたという真実。

大勢のうら若き女性達が船に乗せられ、海外に輸出された。その多くはレイプされた後、殺され、ひき肉機に入れられ人間ソーセージにされていた。

そのビジネスの経営者が天皇家だったのだ。伊藤博文のアドバイスを受け、そのビジネスを始めたという。

それを裏付ける話があった。夢野久作の『人間腸詰』人間ソーセージだ。


1904年にセントルイス万博があった。日本政府は、その万博でウーロン茶を売る事に決めた。そしてさだ吉は、パビリオンの建物を建てるための大工、そして客引きとして雇われた。

さだ吉は時間のある時に、カラクリ細工の入れ物を作り、アメリカ人に人気になった。

何人かの売り子の女性達が居たが、その内の2名が急に病気になり、地元で働く2名の女性が雇われた。その地元の女性達が、夜、さだ吉を誘った。女性と馬車に乗せられ行き着いた先は大きなビルで、中に入るとカラクリ細工の様な地下通路や扉があった。


すると突然、大男が出てきて、さだ吉にカラクリ細工のドアや通路などを作ってほしいという。何か変な予感がしたさだ吉はイエスとは言えなかった。すると突然、部屋の反対側のカーテンが開き、多くの人々が乱交パーティーをしているのが見えた。その大男は「お前がカラクリ細工を、この建物にしてくれるというならば、あちらの部屋に入れてあげてもいいさ」と言った。


それでも答えを出し渋っていると、今度は反対側のカーテンが開き、巨大な粉砕機が見えた。そして、その大男は「もし、できないと言うならば、お前を、あの粉砕機に入れてやる!」と怒鳴った。

そして、その粉砕機の場所に連れて行かれると、そこにはあの日本女性が居た。「私は可哀想な日本女性。「からゆきさん」として連れてこられたの。そして、この大男の愛人にされてしまったの。」と言った。そして彼女の体は、その巨大な粉砕機に投げ込まれ、「キャー!」という悲鳴をあげ、ガリガリガリ!という骨が裂ける音と共に、ミンチ肉になって行ってしまったのだった。


米国からの帰り、日本政府の人達に送られて船に乗る際に、おみやげをもらった。そのおみやげの袋の中を見てみると、美味しそうなソーセージの缶が入っていた。

甲板でビールを買い、早速、そのソーセージの缶を開けてみた。そしてナイフでカットして食べてみると、何かがヌルーっと舌に纏わりついた。よく見ると、それは黒い髪だった。「ああ、あの人間ソーセージになってしまった女の子、ここまで俺について来てくれたんだな~」とため息をついた。

という話。天皇家は「からゆきさん」ビジネスを通して、売春業、そして人間ソーセージ業まで幅広く行って、巨万の富を得たという真実のお話でした。

(コメント)

セブンイレブンも、皇室関係者が経営しています。

日本ではマイナンバーが始まります。
ですが、キャバクラや風俗従事の女性は
マイナンバーの提示が要らないと国が言ったそうです。
お金に困った女性がそのようなところに勤務して
生気を奪われ、肉を売られてしまうのでしょうか?







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

証拠隠滅/造られた領空圏/抵抗/70年間の嘘

2015-12-23 21:58:38 | 罪と罰  戦争  テロ  災害

9.18 国連 キエフ中心部の広場及びオデッサでの騒乱事件に関する証拠隠滅を懸念

2014年2月にキエフ中心部の広場(マイダン)で起きた騒乱事件や同じ年の5月2日にオデッサで発生した労働組合会館放火事件に関する証拠が失われている事は、懸念を呼び起こしている。

出来事が起きた後すぐに、証拠が失われてしまい、調査ができなかった。責任の所在を明らかにしたり、報告書を作成したりする作業が大変遅れている。

それゆえ、私はウクライナ政府に対し、調査、特にオデッサ事件に関する調査を加速化するよう勧告する。」

このように述べた国連のハインス報告官は、さらに「オデッサ事件の際の治安機関や消防の職員らの仕事ぶりが、疑惑を呼んでいる。彼らが到着したのは、当然そうあるべき時間よりも、はるかに遅かった」と指摘した。


☆ これは、JAL123と全く同じ。 到着しなかった。 ひどいね、このように、種が同じであれば、同じことをするのです。



ロシアのトルコ領空侵犯は、トルコが、国境を移動させたせい 

(マスコミに載らない海外記事)

ロシア戦闘機の一機が、作戦行動中、実際僅かに国境を越えた可能性はある。しかしアメリカ軍当局とトルコの上記“侵犯”主張の本当の理由は、トルコが一方的にトルコ-シリア国境を5マイル南に“移動した”せいだ。

シリアのロシア航空機が“トルコ領空を侵犯”と通信社は現在伝えている。しかし、より早い時期の報道は、この主張は間違っている可能性があり、アメリカが、トルコに、こうしたプロパガンダをするよう強要したのだ。

だから、最初に領空侵犯と戦闘機の緊急発進の主張をしたのは、トルコではなく、アメリカだった。トルコの情報筋は、これを確認していない。
事実は、ロシア機が国境のすぐ近くを飛行し、トルコが支援している反シリア政府戦士の拠点を爆撃したのだ。彼らには、そうするだけの十分な理由がある。

しかし、これは実際、一体何がねらいなのだろう? ドイツ、オランダとアメリカが、トルコと、その北シリアのイスラム教主義突撃隊を守るため、トルコに、パトリオット地対空防衛システムを置いていた。

このシステムは、撤去すると発表されているか、既に、撤去されている。こうしたシステムを、トルコに戻させようという企みなのだろうか? 一体どのような本当の狙いのために?



闇の抵抗

○ 10.8 ロシア外務省:ロシアがシリアで空爆しているのはISの拠点ではないとする主張は作り話

ザハロワ報道官は、「ロシアがシリアで空爆しているのはISの拠点ではなく、野党勢力と一般市民だとする主張は、作り話だ」と述べた。

ロシア外務省はシリアでの作戦に関するマスコミ報道に客観性の傾向があることを指摘しているが、それでも従来通り、ロシアの目的と行動を歪曲しようとする試みが行われていると指摘した。


○ 10.13 NATO、「イスラム国」、ウクライナのナショナリズム―3つの頭をもつモンスター

先日ウクライナをストルテンベルグNATO事務総長が訪れた。

NATOという軍事ブロックのリーダーがダマスカスでもアンカラでもバグダッドでもなくキエフを訪れたことは、一見奇妙に見えるかもしれない。


イスラム系のテロ組織が公然とキリスト教世界全体に対して敵対的な力を蓄えているのは、他ならぬ中東地域なのだから。


MIA「ロシア・セヴォードニャ」の専門家で哲学者のウラジーミル・レペヒン氏は、NATO事務総長がウクライナを訪問する目的は、「イスラム国」と実は同一の本性をもった政権を支持することだ、と見ている。

両者の違いはわずかに次の点にしか見出されない。すなわち、ウクライナのウルトラナショナリストらはクリスチャンを装い、「イスラム国」はムスリムを装っているということ。どちらにせよNATOには、身内の存在だ。

実は全てが非常に論理だっているのである。
ここ何週間か、EUの対ウクライナ関係は明らかに冷え込んだ。難民問題のおかげでEUはキエフに対する義務から逃れるチャンスを手に入れた。


キエフとNATOの間には、これとは異なるタイプの相互関係が打ち立てられている。NATOにはEUとは異なる優先順位がある。欧州の社会的危機を、NATOは問題にしない。

NATOにとっての最優先は、「ヴァーチャルな」敵との永遠の闘争である。NATOの目には、ロシアという敵がいる。NATOの役人たちは、あらゆる機会をつかまえて、「文明」世界にとっての脅威は南ではなく、キエフより東のどこかにある、と証明しようとしている。


NATOはシリアに部隊を派遣し、「イスラム国」と本当の戦争を遂行することには消極的だ。

こうした次第でNATOのウクライナにおける活動がここ何週間か急激に活発化しているのだ。キエフの臨時政府は本能的に感じ取っている。EUの役人らにとっては、とうの昔から、ルソフォビア(ロシア嫌い)こそが最重要の価値観になっているのだ、と。

ウクライナとしては、これを利用しない手はない。

このような陋劣な方法で、キエフ政権は欧州に這い込もうとしているのである。EUがだめなら、NATOに。侵入するには潤滑油が要る。

潤滑油の役を果たしうるのは、欧州存続にとっての脅威だけである。脅威はどこからくるか?もちろんロシアから!ここにおいてNATOとキエフの利害関係は素晴らしく一致するのだ。


状況が変われば、地方選挙後すぐにでもキエフはドンバスに攻め入るかも知れない。

実はNATOと「イスラム国」、ウクライナのウルトラナショナリズムは、3つの頭をもつ、血に飢えたモンスターなのだ。

NATOは東に拡大する。そしていずれの方向にも拡大する。拡大はNATOに組み込まれたプログラムなのだ。同じ理由で、「イスラム国」は「正しくない者」どもとの戦争を、最後の一兵に至るまで戦い抜く。同じ理由で、キエフ政権はドンバス問題を再び力で解決しようとする。



日本 70年間の嘘   領土は盗まれてなど いない  


陸軍内部で皇道派と統制派抗争を繰り返していた。
これは天皇制の護持を危うくさせるものであった。
そこで、最高指導者は、太平洋に荒波を起こすことを考えた。


アメリカには原爆投下を約束した。
しかし、ソ連だけが心配だった。 だから、沖縄、小笠原、千島を与えると約束した。

60万の兵士たちも提供すると約束した。その密使の役目をしたのが、瀬島龍三でした。

そして、8月31日、「在外邦人現地に於いて共存」
つまり、終戦処理会議の決定において、シベリアに60万の日本兵を スターリンに謹んで捧げたのです。確かにソ連の横暴は許しがたい。

けれど、最高指導者をはじめとする、終戦処理会議の首相、大臣らの非人間性、非人間的行動は許しがたい。もっとも非難すべきものだと思います。


終戦処理会議の悪党をもう一度、紹介します。


総理大臣      東久邇宮稔彦
外務大臣      重光 葵
国務大臣      近衛文麿
陸軍大臣      下村 定
海軍大臣      米内光政
参謀総長      梅津美治郎
軍令部総長     豊田 副武
内閣書記官長    緒方竹虎


この後外務大臣はすぐに吉田茂に代わり、吉田がこの政策を推進する主役となって、白洲次郎を使ってGHQと折衝しました。
そのとき、かれらはGHQに在外邦人を満州、中国、朝鮮の現地に定着させるよう積極的に要請しました。

そして、一般人の切り捨てを具体化するという、許しがたい行為におよんだのです。
この事実は、日本の外交文書に明記されています。
そして、これを許可したのが最高指導者でした。


☆ これほどの嘘が言える。 70年間、日本人は、日本が被害者、ソ連は悪魔と、思い込んできた。
これは、人間脳では、決してできない。 今もなお、ソ連が盗んだといい、クリルへの抵抗を試みる。

日本は、NATOである。 永遠に、仮想悪魔、仮想敵が必要なのだ。

70年間、自分の国のことを知らなかったという、ガラス張りの国民なのだ。 外からは丸見え。
あぁ、騙されているのだなぁ。


田布施族とは、エタ、非人、つまり、特殊な朝鮮族、サイコパス脳、RH-、レプタリアンである。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オオカミ君/ケネディとプーチン/原発/兵器/原爆

2015-12-22 20:57:52 | 感じるロシア


10.10 寒波にブルブル、モスクワのオオカミがバナナをあんぐり

7日に初雪が観測され、めっきり冷え込んだモスクワ。モスクワ動物園でも突然の寒さに動物たちは右往左往。そしてなぜかオオカミも寒さに慌てたことに起因するのか、なんとバナナを食べ始めた...。

「オオカミはいろんな果物や野菜をたくさん食べますよ。たとえばジャッカルなどは食べるもの全体の4-5割が肉で、そのほかはみんな野菜や果物です。」

☆ ワン・ニャンも、ビーガン食がいいそうです。 ヒルズとかの、ナチュラルフードとか。 そのほかにも、今はいろいろあるでしょうね。 


10.13 ケネディandプーチン  (裏ジャーナルブログより)

ケネディ大統領は、アポロ計画の目的を公表しようとして暗殺されたのです。

これにより、以後、UFO、宇宙人の情報はアメリカが独占するようになりました。
UFO推進技術をアメリカは極秘に研究、開発しています。


■UFOは実在する?
JAL貨物航空の機長、副機長、機関士の3人は、アラスカで巨大なUFOに並行飛行されました。

すぐ管理センターに連絡しましたが、レーダーにまったく映ってなかったので、「みまちがい」として処理されてしまいました。

アポロ宇宙飛行士たちは、月にたくさんの人間以外の住居と、UFOがいるのを目撃したのですが、かん口令をしかれ、その件はしゃべってはいけないと言われました。


米国の首都、ワシントン上空で、32機のUFOがデモンストレーションを行いました。
市民の8割が見たといいます。

しかし、後に米政府は、空軍のデモンストレーションであると発表したのです。

2002年10月5日に、ロシアの政府機関紙プラウダの公式サイトが月の都市の写真を発表。
http://www.enterprisemission.com/expect.htm


ロシアのプラウダ紙が火星のスフィンクスとピラミッドを発表。

ロシアは人工衛星や宇宙船の情報をキチンと公表してるけど、アメリカはうそばっかり公表しています。

最近のプーチン大統領は、「宇宙に関する情報はすべて公表すべき、地球人の一部の人だけが独占してはいけない」と言っています。
そのためにプラウダ紙に発表させています。

それによると、「月には都市がある。月面都市がある」と公表しています。

プーチンが大統領に就任してまもなく、そういう情報を発表しました。
プーチンは世の政治家の中で、一番政治家らしい政治家です。



10.6 世界中の原発がサイバー攻撃の脅威にさらされている?

「 チャタム・ハウス」の報告書によると、様々な国の原発で、ハッカー攻撃の危険性を「否定する文化」が支配しているという。明らかになったところによると、多くの原発が、サイバー攻撃から身を守ることができない状態にあるという。

原発を保有する多くの会社が、原発のネットワークはインターネット接続から切断されており、完全に安全だという伝説を信じ続けているという。


○ 9.29 ロシア 放射性廃棄物から燃料生成へ

ロシアは、放射性廃棄物から燃料を生成する。そのためのユニークな工場が、クラスノヤルスク地方のジェレズノゴルスク市で稼動を開始した。

軍事目的の原子力を平和利用に変える技術は、外国よりも効果的で安価であるほか、生産性もより高い。また安全対策に大きな注意が払われており、全プロセスをロボットが制御する。

コンビナートは、厚さ200メートルの石の下にある山の内部にある。そのため、核弾頭を搭載したミサイルが直接落下しても耐えることができる。

☆ 光は、プーチンに善き技術を提供する。 悪しきETは、極悪レプタリアンハイブリットたちに、地球を滅亡する技術を提供する。



○ 10.2 非常事態省 将来の脅威として遺伝子変異兵器などの出現を予想

ロシア非常事態省は、将来の軍事紛争には、地球物理学及び遺伝学の領域で開発された兵器が現れる可能性があると見ている。そうした結論は、国際消防・救助フォーラムで採択された文書の中で述べられている。

潜在的脅威として、指向性エネルギー兵器、そして非致死性の放射線・電磁波兵器、さらには地球物理学的、遺伝学的兵器を考えている。又、情報の客観性に影響を与える力を持った情報兵器も、劣らず危険だとみなしている。

最も深刻な脅威となるものとして、地殻の中を流れる地球物理学的プロセスの変化、ヒトのDNA構造の異変、遺伝子変異と遺伝病などを呼び起こす兵器が挙げられている。




原爆投下   (世界のタブー   杉並からの情報発信です)

6. 米国による広島、長崎への原爆投下は戦争の早期終結のためではなく、黄色人種を使った原爆の人体実験だった!

米国支配層は開発した二種類の異なった原爆、ウラン型とプルトニューム型をそれぞれ個別に人体実験するために、ウラン型原爆を広島に、プルト ニューム型原爆を長崎に投下した。

しかも広島では一般市民の被害を最大にするために、学生や労働者が活動を開始する午前8時15分に時間を絞って 爆発させたのだ。広島の犠牲者20万人、長崎での犠牲者14万人は、昭和天皇とトルーマン大統領とスチムソン陸軍長官によって殺されたのだ!


7. 原爆の広島投下は、昭和天皇が指示した。

昭和天皇は原爆完成直前に米国主導層から原爆投下地の希望を聞かれ広島と指名した。なぜならば、昭和天皇が一番恐れたのは降伏の際に陸軍がクーデ ターを起こすことであった。

広島は陸軍の半数が集数する第二総軍の司令部が置かれており昭和天皇は原爆による第二総軍の壊滅を考えたのだ。


8. 原爆の長崎投下は、日本キリスト教の中心地長崎を破壊するためになされた。

米国では原爆使用を決定する政府と軍部の最高幹部はフリーメーソン員らによって占められていた。そして原爆の投下地点の最終決定権は、フリーメー ソンの最高幹部が秘密裏に団結する【死の血盟団】のスチムソン陸軍長官が握っていた。

彼は原爆の投下目標リストから京都を外して密かに長崎に替え た。なぜならば、【フリーメーソン】はルシファー(悪魔・堕天使)を信仰する秘密宗教であり反キリスト教であり、スチムソン陸軍長官は戦後日本の 復興は非キリスト教徒が中心となるべきと考えた。


☆ ロシアは、原爆を、国際法に訴えるように促す。 けれど、日本政府としては、それは困るのです。
ようやく、日本人が、そのことに目覚めないように訓練してきたのです。

こういう事情で、ロシアは日本権力者にとって、やっかいな存在です。

北方領土は、ポツダム宣言にもうたわれており、もう決着がついています。
また、昭和天皇が、天皇制護持のために、自ら、スターリンにプレゼントして、おまけに、60万の兵士もプレゼントした
という外交文書があるのです。

でも、領土を返せというプロパガンダが続き、今も、続いています。 それは、なぜか ・・・

田布施を、クーデターで、偽天皇を造り、スタートしたからです。 それを、米マフィアが暴露したら、終わりです。

日本人は、なにも知らずに、ロシアが盗んだ、アジア侵略はしていないと、日本の権力者に、丸め込まれたのです。

なぜなら、かれらは、エタ・非人、 つまり、RH-の、朝鮮族だからです。 日本人は、かれらにとって、奴隷です。

中国もロシアも知っている、日本人は知らない。 今から、教科書を捨てて、歴史を知っていこう。

また、ソ連に抑留された日本人の遺骨収集は、当時の、薬師寺の館長、高田氏が何度も政府に頼んだ。 けれど
遺骨の収集さえ、してはもらえなかった。

ロシア人ではない、日本のなかの異邦人を知らなければならない。 ロシア人もまた、ロシア人を皆殺しにしようとする
ハザールによって苦しんだ、そうです、ソ連とは、ロシア人は2割しかいなかった、ハザールユダヤの国だったのです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイケル /あちら側サイド

2015-12-21 16:53:53 | 魂の戦い アサンジ スノーデン ドゥテルテ

マイケル   マイケル・ジャクソンの曲で「タブロイドジャンキー」という曲を知っているだろうか?(玉の思いブログ)


私はBadまでのレコードは購入してよく聴いたものですが、その後のアルバムには詳しくなかった。

なのでこの「タブロイドジャンキー」という曲も初めて知りました。

この曲は、1995年に発売されたアルバム「ヒストリー パスト、プレズント・アンド・フューチャー ブック1」に収録されています。簡潔に「HIStory」という有名なアルバムです。

全世界で2000万枚を売り上げたそうです。マイケル・ジャクソンを詳しく知らない人も多いでしょうが、1982年に発売された『スリラー』は、何と全世界で1億400万枚売上ています。これ以上売上げたアルバムは今のところないそうです。

面白いですよね、悪のフリーメーソン、イルミナティが支配している音楽業界で、もっとも売上げたのが、悪のフリーメーソン、イルミナティと戦ったマイケル・ジャクソンなのですから

マイケル・ジャクソンが、悪のフリーメーソン、イルミナティと戦っていたというのは、ネットでは有名になっています。だから悪を批判しているブログの多くには、マイケル・ジャクソンを取り上げている人が多いです。


この「タブロイドジャンキー」という曲は、悪のフリーメーソン、イルミナティによって、散々デマを流され苦しめられたマイケル・ジャクソンが、真実を訴えた曲です。

まずは動画をご覧下さい。日本語字幕になっています。

上記の歌詞から一部転載


中傷さ                    剣じゃないとおまえは言うけれど
おまえのそのペンは人を苦しめるのさ
お前は神を十字架にかける           そんなものを読む必要なんてない
そんなものをうのみにする必要なんてない    買うなんてやつらを増長させるだけ
なぜ僕らは自分自身を欺き続けるんだ


それを雑誌で読んだからって          TVで見たからって
事実だと思いこまないでくれ          でもみんな読みたがるんだ
それを雑誌で読んだからって          TVで見たからって
それを事実だと、本当のことだと思いこまないでくれ
彼はホモだとやつらは言うのさ

転載終了


マイケル・ジャクソンはホモだとか、幼児性愛者だとか児童虐待などなどいろいろ悪のマスコミによって叩かれました。でもそんなことは全て嘘だ、信じるな、マスコミは作られていると、この曲で言っているんですね。

実際にアメリカでも日本でもマスコミはマスゴミと言われるように、ほとんどが悪によって作られた情報を流してしるわけです。ニュースに至っても作られているんですよ!嘘ニュースが多いんです。


マイケルジャクソンと気づき ムーンウォーカーはワクチンに対する警告?


マイケルジャクソンが作ったムーンウォーカーという映画をご存知でしょうか?

ムーンウォーカーあらすじ

今世紀最大のエンターティナーと呼ばれ、ステージでも華麗なその姿を見せるスーパースター、マイケル・ジャクソン。しかし彼の私生活は、完全に謎のべールで包まれていた。

実は彼は、地球の愛と平和を守るため愛の守護神コスモから遣わされた「ムーンウォーカー」という名の使者だったのである。ある日、友人である3人の孤児たちとともにピクニックに出かけたマイケルは、ふとしたことからミスター・ビッグ(ジョー・ペシ)率いる暗黒組織のアジトにもぐり込んでしまう。

そこでマイケルは子供たちを麻薬漬けにして世界を支配しようとしている彼の企みを知るのだった。持ち前のコスモパワーで「ムーンウォーカー」に変身した彼は、暗黒組織を叩きつぶし、子供たちを悪の手から救い出すのだった。


この映画で ケイティという小さい女の子とマイケルが暗黒組織のアジトにもぐりこんで見つかってしまい、麻薬を打たれそうになるシーンがあります。

ケイティは、ミスタービッグから逃げるのですが、このとき注射をされるのをすごく嫌がります。

そのシーンと子供たちがワクチンをいやいや打たされているシーンがダブりました。

もしかしたら マイケルはムーンウォーカーを通して、 子供たちにワクチンを打たせないでというメッセージを送っていたのではないかと思ったのです。

エボニーエッセンスさんは 以前、マイケルの慈善事業について全部翻訳されたそうですが、確認したところ、マイケルがユニセフや赤十字に寄付したという話は聞いた事がないそうです。

つまり マイケルはユニセフや赤十字が慈善という名の下に ワクチンを子供たちに打たせ、人口削減を行っているということを知っていたということです。

転載終了


ユニセフや赤十字が慈善というのは真っ赤な嘘です。すべて悪の支配者フリーメーソン、イルミナティの資金調達機関です。

予防ワクチンは非常に危険ですよ。本当に人工削減です。打たないほうがよいでしょう。

マイケル・ジャクソンは曲やPVで悪と戦っていたんです。子供たちが危険であると分かっていたから、子供たちを守りたかったんだと思います。



あちら側サイド

① 10.11 ロシア 英政府に対し「ロシア機攻撃許可」に関する情報について説明を要求

先に英国のタブロイド紙「デイリースター」は、匿名の関係筋の言葉として「生命の危険にさらされた場合には、イラク上空でロシア機を攻撃する許可が、英国空軍のパイロットに与えられた」と報じた。

「こうしたマスコミ報道を憂慮している。なぜなら、元閣僚の発言の引用だからだ。すぐに、英国外務省に説明を求めた。同時に、イラク上空で英国機とロシア機が交戦する可能性があるなどとの仮定は、理解できない。

よく知られているように、イラク領内での『IS』掃討作戦には、ロシア軍機は参加していないからだ。さらに英国機は、シリア領内での『IS』に対する有志連合による空爆には参加していない。」


② 10.12 イラク テロリストを援助しているとして米国を非難

ジャーナリストのハデル・アフ-ホイ氏は、自身のツイッターの中に、イラク人グループが、同国北部で奪回されたバイジの「IS」戦闘員の基地で見つかった、米国製のパラシュートや補給品の入った複数の箱を示している画像を載せた。

「見て下さいよ。見て下さい、こちらもそうです。これは米国のパラシュートです。私達がいるのは、『IS』が占領していた北部サラーフッディーン州の都市バイジ近郊にある油田です。誰がここで、こんなものを目にしたでしょうか? あなた達すべてが、証人ですよ。」


③ 10.10 ロシア、ついにノルウェーを「占領」?

週末ノルウェーのテレビTV2では、ロシアがノルウェーを占領したという内容の、現在の国際状況をある意味で視聴率アップに利用したドラマ・シリーズ「占領されしもの」が放映されている。

あらすじをかいつまんで言えば次の通りだ。ノルウェーに、急進的な環境保護派による政権が誕生、彼らは、環境保護を追い求めるあまり、北海での石油とガスの採掘を縮小してしまう。

EUは、ノルウェーの石油やガスを放棄するのを望まず新政権と対立、その結果、ロシアはEUの同意を得て、ノルウェーを占領、同国領内の油田やガス田を奪うという「途方もない」内容だ。信じられないくらいの多くの人々、63万3千人が視聴した。これは全人口の13%にあたる。


「全くひどい作品だ。私は、ロシアのマフィア役をやってくれと言われた。他の発想はないのだろうか?

ロシアと言えば、男は必ずマフィアで、女性は娼婦だと思っている。とんでもないステレオタイプ思考だ。
ノルウェーにおけるロシア嫌いは、多くの政治家達にとって単なる名刺であるばかりではない。より高いレベルにのし上がるための切符であり、成功を約束された役柄なのだ。」


実際、ロシアが、自分の国を占領するといった恐れを抱いているのは、ノルウェーばかりではないようだ。しかし、実際世界が直面している脅威は、本当のところ全く別のものである。特に欧州を襲っている脅威の第一、それは難民危機である。

現実的には、ロシアをめぐる、いかなる脅威も存在しない。


④ 10.9 ウクライナ大統領「ロシアはシリアでISを殲滅し、世界秩序を崩壊させている」

シリアでテロ組織「IS(イスラム国)」の拠点に対して空爆を開始したロシアは、「安全保障の世界的秩序」を不安定化させているとの考えを表した。

BBCのニュース番組「ニュース ナイト」のインタビューで、「15ヶ月前にロシア兵が現れた」とするドンバスの状況にたとえ、「ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、グローバルな不安定性を望んでいる」と述べた。

今回も、ウクライナにロシア軍が存在するとする証拠を一切提示しなかった。

ポロシェンコ大統領によると、プーチン大統領は「経済問題と国内の支持を失った」ため、世界的大混乱を目指しているという。

☆ 以上、爆笑ネタでした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加