スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

Food/山崎パン/アメリカンドリーム/沖縄基地の根幹

2015-10-31 14:23:00 | (旧 新) 米国
 
Food

①  8.10 スコットランド EUで初めて遺伝子組み換え作物の栽培を禁止する意向

欧州連合(EU)の新規則と、英政府から独立しているスコットランドの自治体制は、遺伝子組み換え作物を自国で栽培するのを禁止することを可能とする。

スコットランドは「クリーン」なイメージを維持するために、EUで初めて遺伝子組み換え作物の栽培を禁止する意向。
スコットランドは遺伝子組み換え作物の栽培に関する欧州協定から脱退しなければならない。 英国政府に自分たちの意向を伝えたと発表した。

☆ 体に悪い遺伝子組み換え食品を、あえて推奨する国、禁止していく国、 そこには道徳以上の徹底的な違いがある。


③ 8.15 米製ソーセージから鉛、露農業監督庁が摘発

鉛は重金属に属し、発がん性物質だが、ソーセージから見つかった量は許容値をほぼ2倍も上回っていた。現在、この食品を流通からはずす措置がとられている。


④ 8.17 ロシア、農薬入り米国産ワインを売り場から撤去

ビフェナゼートは草食ダニ退治に使われ、フタレートは癌治療などにも使われる。後者はコンテナを通じ、または製造過程で混入した疑いがある。


危険な臭素酸カリウムを使い続ける山崎製パンに天罰下る  (宇宙への旅立ち sept.15)

https://twitter.com/NJN_2/status/643775822822641665
ヤマザキパン工場で火事、爆発音も

いつまでも腐らないパンって米国では当たり前ですね。1ヶ月経っても腐りません。そしていつまでも柔らかい。
自家製のパンを作った事がある方だったら、普通のパンは2目で、既に硬くなり、美味しくなくなります。まあ、ベーカリーからのパンでも、それは同じ事でしょう。


 それにしても、怒りさえ覚えるのは山崎製パンの企業姿勢です。もし、消費者の健康を第一に考慮しているのならば、トランス脂肪酸低減化よりも、すぐにやることがあるはずです。サンドイッチ状の惣菜パン「ランチパック」や食パン「芳醇」などに添加している小麦粉処理剤・臭素酸カリウムの使用を中止することです。

 臭素酸カリウムは、ラット実験でがんが確認されたことから、「食品添加物のFAO/WHO合同食品添加物専門家会議」(JECFA)で「遺伝毒性発がん性物質」に指定されています。国際がん研究機関(IARC)でも、「ヒトに対して発がん性があるかもしれない」という「グループ2B」に分類しています。

 臭素酸カリウムを添加すると発酵時間が短くなる上、傷んだ質の悪いパン生地でもふっくらと焼き上がるため、1980年までほとんどのパンメーカーが使用していました。しかし、国際機関で相次いで、臭素酸カリウムの発がん性が報告されたことと、学校給食から臭素酸カリウムを追放する消費者運動の高まりなどから、日本パン工業会は使用自粛を決定したのです。

 ところが突如、2004年に山崎製パンが使用を再開したのです。山崎製パンは日本パン工業会の会員ですから、まさに“掟破り”です。



8.17 アメリカン·ドリーム:無人機をもっと、情報をもっと、死体をもっと

米軍はこの4年間で無人機を倍増させ、各地の紛争に使っている。国防総省員の言葉としてThe Wall Street Journalが伝えた。

パトロール用の無人機だけでその量は2019年までに現在の一日当たり61機から90機まで増える。
米当局はこれまで各地の対テロ戦に無人機を使用してきた。人権団体の訴えでは、無人機による攻撃ではしばしば市民が死亡している。


○ 8.17 オバマ氏後任候補、米国を世界一の武装国とすることを決意

Hewlett-Packardの元社長で米国の次期大統領選に出馬しているカーリー・フィオリーナ氏は、ワシントンはモスクワと北京に備えて武装し、「敵を追い払う」べきだと述べた。

北京は「南シナ海の物流ルートを支配しようとしており」、ロシアは「米国が野放しにするからどんどん前に進む」と同氏

米国を世界で最も武装した国とし、また、ワシントンと同盟諸国が「強化を続ける敵国である中国に対抗」できるよう豪州、日本、フィリピンを支援するよう提案している。なお、露中とならぶ敵はイスラム国であるという。リア・ノーヴォスチが伝えた


○ 8.17 ドネツク砲撃で家屋・学校が損傷

昨夕ウクライナ軍は重火器による大規模砲撃を開始、ドネツクの住宅区が被弾している。タスが伝えた。住民は急いで避難している。


○ BRICSへの戦争??

8.17 ブラジルで大統領弾劾を求める大規模集会

大統領弾劾を求める集会だ。首都ブラジリア、サンパウロ、リオデジャネイロなどの街で行われ、「ジルマ、去れ!」と書かれたプラカードが掲げられた。



天皇メッセージ  沖縄県公文書館
 
☆ 沖縄をプレゼント、北方領土をプレゼント、 それで、偽天皇は、天皇制を維持することができた。 おまけに、原爆を投下した者に、勲章をプレゼント。

沖縄基地は、それゆえに、なくなることはない。 なぜなら、それでは、天皇制を廃止するぞと、アメリカは恐喝することができる。 困るのは、偽天皇と仲間達、つまり、田布施の朝鮮族。 利権仲間。

クリルは合法的にロシアのものだが、米が仮想敵として残したのだ。 それゆえに、クリルはロシアが盗んだものだとプロパガンダされ、中国は危険とプロパガンダされる。 教育もマスコミも支配できる、偽天皇の力。 この効果を目的に、アメリカは天皇制を残したのだ。


米国国立公文書館から収集した“天皇メッセージ”を公開しました。(平成20年3月25日)
【資料コード:0000017550】

内容は概ね以下の通りです。

(1)米国による琉球諸島の軍事占領の継続を望む。
(2)上記(1)の占領は、日本の主権を残したままで長期租借によるべき。
(3)上記(1)の手続は、米国と日本の二国間条約によるべき。

メモによると、天皇は米国による沖縄占領は日米双方に利し、共産主義勢力の影響を懸念する日本国民の賛同も得られるなどとしています。

1979年にこの文書が発見されると、象徴天皇制の下での昭和天皇と政治の関わりを示す文書として注目を集めました。

 ※ 「渡辺武日記 対占領軍交渉秘録」(東洋経済新報社)によると、渡辺と米軍の最初の「大きな交渉テーマ」は、米国の銀行ディロン・リードに対する日本と天皇一族の借金返済問題であった。

金額も、返済にいかなる方法をとったのかも不明である。  永遠の闇となるだろう。 

南京大虐殺を引き起こしたのは軍団長などの「武断派」が「上(天皇)の意志に従う」として作戦を強行したため。「武断派」は南京強行突入を天皇の直接指示として方面軍の指示を無視した。

 
神格化されていたために、戦前戦中の公式記録はほとんど天皇の指示、指揮には触れない。

「第二次世界大戦で日本の天皇は実質的に軍と官僚を指揮しておらず、名目的な君主制だった。」  というのは天皇制を防衛するために、米国が主導してきた大宣伝であることが明らかになってきている。


 マッカーサーにとって、天皇の戦争責任、天皇制の扱いをどうするかは戦争中期からの懸案だったはず。
 欧州戦線の処理から、戦後の米英とソ連の対立が必至となるに従い、天皇制の温存に傾いていったことだろう。


米軍の国土自由使用と天皇制の防衛が、利害の一致を見たためである。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サウジ・ネオコン・ウクライナ/プーチン/日本人が知らない日本

2015-10-30 21:13:07 | 天使と悪魔


(櫻井ジャーナル記事の抜粋) サウジの財政が破綻する恐れも

WTI原油価格が値下がりしている。6月に1バーレルあたり約60ドルまで回復していたのだが、今は約42ドル台だ。

 原油相場の値下がりが加速したのは昨年10月からだが、その直前、9月11日にアメリカのジョン・ケリー国務長官はサウジアラビアのアブドラ国王と紅海の近くで会談、値下がりはイランやロシアにダメージを与えるはずだった。1980年代の半ばに成功した作戦をまた使ったのだが、今回は失敗したと言えるだろう。

 このとき、ロシアの通貨ルーブルも急落している。ロシアや中国を中心とする国々、例えばBRICSはドル離れを進めている。アメリカによる原油や為替の相場操縦は、そうしたドル離れを促進することになったはずだ。

 原油安がアメリカやサウジアラビアへダメージを与えることにアメリカ支配層は気づいたようで、下げ止まり、反転するかに見えたのだが、サウジアラビアがロシアへ接近した後、6月下旬から再び下がり始め、アメリカのシェール・ガス/オイル業者が深刻な事態に陥っている。


 巨大銀行は「大きすぎて潰せない」うえ、「大きすぎて処罰できない」ということで政府が助けてくれると高をくくっているかもしれないが、全体としては「リーマン・ショック」よりも酷い事態になるとも言われている。

サウジアラビアも危機感を強めているはずだ。イエメンに対して始めた干渉戦争が泥沼化、戦費もかさんでいる。

 サウジアラビアの増産が値下がりの原因だとするならば、生産調整すれば良いように見えるが、一説によると、ジョン・ブレナンCIA長官の手下がサウジアラビアの石油会社、Aramcoを説得してフラッキングさせ、減産できない状態になっているともいう。
 
 金融資産を取り崩し続けなければならなくなると、投機市場に吸収されていたドルが流出することになり、基軸通貨の地位からドルが陥落、アメリカは基軸通貨を印刷できるという特権を失い、アメリカの支配体制が大きく揺らぐこともありえる。

ネオコン/シオニストなどは、アメリカが「唯一の超大国」となり、自分たちが世界を支配するという計画を実現できないなら、全面核戦争で人類を破滅させようとしかねない。



同士分裂の可能性

8.16 クリントン前国務長官 「IS」誕生の責任はブッシュ大統領にあり

来年の米大統領選挙に共和党から出馬の名乗りを上げているジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事は「IS(イスラム国)」誕生の責任の一部は、ヒラリー・クリントン前国務長官にあると発言したが、彼女は、この非難を斥けた。ロイター通信が伝えた。

クリントン前国務長官は「イラクでの状況尖鋭化は、ジョージ・ブッシュJr.政権の行動が原因で生じた」と述べ「ジェブ・ブッシュ氏は、自分の兄の行動を擁護し、それによって起った事の全体像を隠そうとしている」と指摘した。

また「当時のイラク政府との間で、2011年末までに米軍撤退について合意したのは、他でもないブッシュ大統領だ」とし「その事が、あの地域で『IS』が勢力を強める原因となったのだ」と強調した。


自滅戦争の可能性

○ 8.17 アナリスト:米国人はこの世の終わりに備えるように近未来の危機に備えている

前代未聞の経済的破綻という暗い予測の影響で、米国人が商品を買い込み、備えを急いでいる。RTのロバート・ブリッジ評論員はそう書いている。

このヒステリーは2000年到来前夜を思わせる。今回はコンピューターでなく、経済が問題だ。Gallupの調査によれば、7月、米国人の国家経済への信頼度は2014年10月以来最低になった。


○ 8.14 ロシア イランとの合意締結後に欧州MDを展開する理由が見当たらない

リャプコフ外務次官は記者会見で、米国がイランとの合意を締結した後に、欧州でミサイル防衛(MD)システムの配備を続ける理由が見当たらないとの見解を発表した。

「しかもこれほど急速なペースで、ロシア領土へ明確に影を映しながら行われている」。
なおNATOはロシアに対して、MDシステムがロシア軍の核抑止力に対して用いられることはないとの言葉を信じるよう呼びかけている。


○ 8.19 ウクライナ南部・東部情勢先鋭化 現地から仏人ジャーナリストの証言

この一週間、ウクライナ南部・東部の状況は、急激に悪化した。毎日、一般市民の間で新たな犠牲者が出ているとの悲劇的なニュースが届いている。米国当局は、紛争がエスカレートしているのはドンバスの義勇軍とロシアのせいだと主張している。

 ラジオ・スプートニク記者は、東ウクライナにおり、事態の悪化を肌で感じているフランスの歴史家でジャーナリストのロラン・ブライアル氏の意見を聞いた-

「私はドネツクに、約ひと月いる。言える事は、ここ4.5日、銃撃や砲撃が強まったということだ。 市の中心部が、被害を受けている。私は、キエフ地区の近くに住んでいるが、自分自身、砲撃の証人となった。日に日に犠牲者の数も増えているようだ。ドンバス領内に、ウクライナの特務部隊が入り込んでいることは明らかだ。義勇兵らは、住居地区への砲撃や一般市民が住む地区への銃撃が強まっていることを話してくれた。市民を町から去らせようとしているのだ。電気を供給する施設への攻撃も行われている。


地元住民は、OSCEに対し強い苛立ちを感じている。なぜなら。OSCEの代表らは、昼間だけしか働いていないからだ。

ここにはロシア軍はいないと断言できる。いるのは自主的にやってきたロシアの義勇兵達だ。国境付近での、ラヴロフ外相は、ポロシェンコ大統領が述べた欧州諸国に対するロシアの攻撃について『たわ言』と言ったが、これはポロシェンコ大統領の言葉を定義する正確な表現だ。私は、ラブロフ外相の言葉に賛成だ。なぜなら言うことが何もない時には、何でも言えるものだからだ。」


プーチンの言葉

8.18 プーチン大統領、ウクライナの困難は終わる

ウクライナの困難は終わりを告げ、問題を解決してロシアと一緒に新たな未来を築くだろうとの確信を表した。なおプーチン大統領は、ウクライナ政府が行っている外部による管理方法については、屈辱的なものだとの考えを示した。

「ロシアでは500万人のタタール人が暮らしている。ウクライナ人は300万人だ。一時的に滞在するウクライナ人はすでに今およそ300万人いる。なお、その大半は召集の対象年齢の男性たちだ。彼らがどのような理由でロシアに来たのかは明白だ。私たちの国では彼らが仕事を探すのを邪魔する人は誰もいない。我々は、ウクライナ国民のロシア領での滞在を最大限自由化する決定を承認している」。

☆ タタールのクビキという言葉を知っている。 様々な民族の思惑で、憎しみがぶつかることもある。 けれど、友達になることもある。 もしそこに、全てを対立させようとするレプ種がいなければ。 


日本人が知らない日本

○ ポツダム会談
 
ポツダム宣言って何も数百ページにも及ぶようなものではなくて、わずか13項目というシンプルなもんなんだね。
なにも「つまびらかに読んでいない」なんて言い訳するほど大げさなものではありません。
「戦後レジームからの脱却」なんてほざきながら、その実は戦後の日本を決定づけたポツダム宣言を読んでいないんじゃ、話になりません。

すでに、70年前に歴史が決着をつけている。

戦後の日本は1945年8月、ポツダム宣言を受諾して始まった。
ポツダム宣言では、日本の戦争についての認識を2つの項目で明らかにしている。

ひとつは第6項で、日本国国民を欺瞞し、これをして世界征服に出ずるの過誤を犯した勢力を永久に取り除くと述べている。
日本の戦争について世界征服のための戦争だったと明瞭に判定している。

日本がドイツと組んでアジアとヨーロッパで世界征服の戦争に乗り出したことへの厳しい批判だ。
もうひとつ、第8項で、カイロ宣言の条項は履行せられるべく、と述べている。


カイロ宣言とは1943年、米英中3国によって発せられた対日戦争の目的を述べた宣言だが、そこでは3大同盟国は日本国の侵略を制止し、罰するため、今次の戦争を行っていると日本の戦争について、侵略と明瞭に規定するとともに、日本が暴力と強欲によって奪った地域の返還を求めている。

こうしたポツダム宣言は日本の戦争について、第6項と第8項の2つの項で、間違った戦争だという認識を明確に示している。


☆ ポツダム宣言を、勝者のものとして、なお、日本が被害者であり、虐殺はなかった、慰安婦はなかった、領土は盗まれた ・・・

これほど、70年も、洗脳された国民は、世界でも、唯一といって良いだろう。

それだけ、罪を創ってしまったのだ。 ソ連目線とは、はっきりと、意図的に、捏造された。



あのとき、本当は戦争ビジネスをした犯人を、現人神とした、その、類まれな無知を、しっかりと認めなければならない。

すべては、そこから。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NASA情報/戦争の理由/ロスチャイルド/イエスの言葉(?)

2015-10-29 17:14:39 |  宇宙  ロボット AI 技術


NASA情報  ISS宇宙ステーションは存在しない (宇宙への旅立ちAug.)

油井 亀美也さん、メード・イン宇宙のレタスを初めて試食
https://www.youtube.com/watch?v=v1JI758ovFM&list=UUoQBJMzcwmXrRSHBFAlTsIw&index=27

あなたは上のニュースを見て、ISSで本当にレタスが栽培されたと考えるか?それとも、たちの悪いジョークだと考えるか?

そしてISS宇宙ステーション内の女性の髪は、いつも爆発!している。しかも髪がほとんど動かない

結論を言えば、NASAの映像は、すべて嘘の映像であり、宇宙ステーション内の女性の爆発髪形は、ワザと無重力を演出するために、ヘアースプレイで固められた髪型だという事だ。

これだけ嘘映像が溢れていれば、ISSは存在しないと考える方が自然だろう。

☆ 実際の画像はリンク先へ。


ドラコニアン画像  (宇宙への旅立ち Aug.)

NASAではなく、普通の市民が、偶然にドラコニアンを携帯に納めて、発信されている。 


ある歌手の楽屋に入っていくと、トカゲが寝ていた。 ちょうとした騒動が起こったが、もちろんマスコミは報道しない。 なぜか、同種だから。

これから増えると感じます、見てしまうこと、そして、見えてしまうこと。


なぜ戦争が次々と起こったのか?その理由は人間達を狩り人肉を食べるため

その地を支配するため 金銀財宝を盗むため その地の資源を手にいれるため
などが考えられるが、特に歴史の中で隠された事実は、戦争または侵略による人肉食カニバリズムである。

もちろん軍隊を率いるのは獰猛な爬虫類人達。その爬虫類人率いる軍隊が、行く先々で人を殺し、血を飲み、人肉を頬張った事は歴史的に隠蔽されている。なぜか?それは歴史というものを書いている人々も爬虫類人達だからだ。

リチャード王は、気味悪がる兵士達に、仕留めたばかりの敵の肉を食べる事を薦めたという。リチャード王は人肉にかぶりつきながら兵士達に言った「オイ!なに気味悪がっているんだ!サッサと採れ立ての敵の人肉を食べろ!」。

↓下の図を見ると、中世のヨーロッパの侵略の歴史で重要な人肉食いが描かれている。レプティリアン達(ユダヤ系アーリア人、またはカザール人)が侵略した先々で人肉を貪っていたという事を示す図。
侵略に付きもののカニバリズムは西洋だけに留まらない。


日本軍が南京大虐殺を行った時も、日本軍の爬虫類人達によって、多くの中国人達が美味しいお食事として食べられてしまった。

南京大虐殺に関する映画を見ると、中国人爬虫類人達が、死んだばかりの遺体から腕だけ切り集めて日本軍に献上する場面が映っている。きっと日本軍に居た爬虫類人達は、腕の部分が特にお気に入りだったのだろう。

現在、靖国神社をお参りし、戦争をやたらと起こしたがっている奴等は、全員、人食い爬虫類人達と言って間違いない。戦争は彼等にとって、好きなだけ人肉が食べれる人肉ビュッフェなのだ。 (宇宙への旅立ち Aug.15)


8.18 タイ・バンコク爆破はデービッド・ロスチャイルドの仕業か? (宇宙への旅立ちAug.18)

「米国は3日以内に厳しい報復に出る。ロスチャイルド家は既に、中国とロシアが憎むべき事が生じるように準備した。」
ロスチャイルド率いる米国政府株式会社はBRICSの国々に、戦争を仕掛けたと宣言した。この米国政府株式会社には、オバマ大統領のホワイトハウスは含まれてはいない。



コメントより

○ バンコク在住者です。
いくつか気になる情報がありましたので、少し記載します。

タイ人のうわさによると、
現場近くPraza Atheneeというホテルで当日日本商工会議所主催によるVIP向けプラユット現首相の歓談会が事件発生3時間前にキャンセルされ、21日に延期となりました。

また、現場近くのアメリカ大使館は、ここ数日前に警備を厳戒態勢に備えたそうです。また、領事官長も今月8日付で新しい領事官長に代わっております。
また、今年はじめから、タイでは欧米系のワーカーたちが突然大人数辞職したこともありました。
この事件につながる何かがあるのではないかと疑っています。



イエスの言葉(?)

Q、ですが聖餐式(ミサ)は、イエス自身によって伝えられたのではありませんか?

   そうではない。
   
イエスが自分の処刑までもう時間が残されていないと悟り、別れの晩餐に弟子たちを集めたことは本当である。だが彼は聖体を与えるような儀式だけでなく、その他のいかなる儀式や式典なども確立させようと考えたことはなかった。

さらに言えば、たとえそれが象徴的なものであろうと、キリストの肉を食べ血を飲むとする行為は、まさにカニバリズム(人肉食習慣)を連想させるものであり、イエスはそうしたものと何の関係もない。
 
こうした(カニバリズムの)儀式には、それ以前からある他の(カニバリズム的)宗教儀式がキリスト教に取り入れられたのである。

そのようにしてイエスの使徒たちの名称や十字の印などとともに、後世に導入されたのである。十字の印もイエスに由来してはいない。

十字架というものはイエスの時代には、現在の電気椅子と同じように、人を処刑するためだけに用いられていたのだ。
  もしあなた方に正常な判断力があれば、自分の信仰の象徴に十字を使おうと思いつく者は誰もいなかったことがわかるだろう。イエスが現代に生まれて電気椅子で処刑されていたなら、あなた方は電気椅子をペンダントとして胸に下げようとするのだろうか? ←笑える


イエスの死後に付け加えられた、真実でないキリスト教の信念を挙げてください。

   挙げればたくさんあるが、中でも霊的な進歩にとって一番悪い影響を及ぼしている最も重要なものを挙げてみよう。

①  宗教的儀式の執行に精神的な何らかの価値があり、死後に天国において特別な賜物の確保に役立つという信念。

②  聖書やその他の聖典が神のみ言葉であるという信念。

③  教会や聖職者が、地上における人と神の仲介者であるとする信念。

④  自らの悪い行為を清算するためには「告白・告解」が必要であり、司祭から許されることで解消されるとする信念。

⑤  臨終において悔改めれば、すべてが許されるという信念。

⑥  イエスが十字架上で死ぬことで、人類の罪を贖(あがな)ったとする信念。

⑦  原罪があるとする信念。

⑧  性を何か罪深いものだとする信念。

⑨  人生は1度きりであり、ただ1度の人生で魂の行く末が永遠に決められるとする信念。
    (救われる者は永遠の天国と栄光が約束され、罪人には永遠の地獄と罰が待ち受けるとする信念)

⑩  キリスト教信者だけが救われるとする信念。

⑪  肉体の蘇えりを信じる信念。


   霊性進歩の道には近道などはない。

   我々を霊的に進化させる、つまり「救済する」唯一のものとは自己の改善であり、エゴを手放して愛の能力を成長させること以外にはない。救済には宗教的儀式が不可欠とする信念は、さまざまな教会の指導者たちが人々の霊性を監督指導し、コントロールするために利用してきたものである。

Q、  では宗教に儀式があるのは良くないことなのですか?

   人々の霊性を操作したり逸脱させるために、儀式を利用するのは良くないことだ。
   
儀式など必要ないのに、どうしてその儀式を行ない続けねばならないのか? あなた方の歴史を見ると、儀式や象徴は、メッセージの代わりに別に用意されたあるメッセージにすり替えられてしまうことが多い。その結果、そうした儀式や象徴を盾に取り、結果的に従うべき信仰にことごとく反するという大きな過ちを犯すことになる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歴史の本当

2015-10-28 13:37:41 | ソ連目線

ソ連参戦の真実

8.15 朝鮮解放記念特集:ソ連の対日参戦は米国がしつこく頼んだから

8月15日、南北両朝鮮は、日本の占領統治から朝鮮半島が解放されて70年となることを祝う。この日は旧ソ連の全ての人民にとっても特別な日である。

1945年8月時点でソ連は対独戦でぼろぼろになり何百万という若者を失っていたが、それでも同盟国としての義務に忠実であり、最後に残った枢軸国・大日本帝国を撃滅するための新たな戦いに赴き、ついに極東の人民に待望の自由をもたらした。


関東軍との戦いで様々な民族からなる大勢のソビエト市民が死亡したが、その死は無意味ではなかった。激しい満州攻勢によって日本側の主力を粉砕し、その戦意を完全に喪失させ、朝鮮解放に決定的な貢献を果たした。

我々民族間の伝統的友好関係の基礎を築いたのは今日なお鮮やかなこうした記憶なのである。
しかしその後の朝鮮分断と冷戦によって、ある種のステレオタイプがうまれ、歴史的歪曲さえ行われた。

大戦中、ソ連が自ら背負った重い任務が無視されるようになった。朝鮮半島解放に対するソ連の貢献をめぐる「神話」と「実情」について、アレクサンドル・ジェビン代表にインタビューを行った。


「米軍が朝鮮半島南部に上陸したのは1945年9月8日だ。既に日本は無条件降伏を認め、文書に調印していた。にもかかわらず、今、韓国を含む一連の国々で、日本軍撃破・朝鮮半島解放・第二次世界大戦終結におけるソ連の役割をおとしめることを目指した、歴史的事実の意図的改竄がまかりとおっている。

それによれば、ソ連は米国による広島・長崎原爆に便乗し、日本を降伏させ、極東というパイの切り分けに参加しようとした。このようなでっち上げは歴史的事実を示すことにより容易に反証される。ソ連が極東で参戦したのは、連合諸国、特に米国から再三の要請があったからなのである」。

周知のように、第二次世界大戦末期、米国は、ソ連の参戦がなければ対日戦勝の対価はあまりにも高いものになる、と考えていた、とジェビン氏。

「もし日本が満州および朝鮮に展開していた精鋭らを引き上げさせていれば、戦争はあと1年長引いたかも知れなかった。そうなれば米国も、日本上陸後、何百万という犠牲を出したかも知れなかった。

そうならないように、日本撃破にソ連が協力してくれることが、米国には必要だったのだ。他ならぬこの同盟諸国の懇請により、ポツダム宣言には、欧州で戦争が終結したのち2-3か月後にソ連が対日参戦する、と記されたのだ。

こうした事実はすべて、ヤルタおよびポツダムにおける同盟諸国会議で合意された国際文書に明記されている。これ以外の説明は歴史的根拠を一切持たない捏造にほかならない」。

70年前の出来事への解釈アプローチには、他にも争点がある、とジェビン氏。それは朝鮮解放とその後の分断を結びつける試みのことだ。しかしそれが誤った公式であることは、事実と、歴史資料が証明している。それについてはインタビューの第2部にてお伝えする。



ロシア参戦は、 7月16日、ニュー・メキシコ州での原子爆弾実験成功を知る前に、トルーマン大統領が奨励したものだった。

だが今や、トルーマンと彼のブレイン達は、スターリンの助けなしに、原子爆弾で日本を降伏させられるのを理解した。それで、ソ連と戦利品を分け合う意図は皆無だったアメリカは、アメリカが地球上の新たな超大国だという初期の冷戦メッセージをロシアに送りたかったので、天気が良く、原爆が利用可能になり次第(実際は、四発目の原子爆弾を製造する為に使える核分裂物質はもはや無かったが)原子爆弾使用の方向で進めるようトルーマンは、爆撃機司令部に命じたのだ。


近衛文麿のソ連との交渉によると、敗戦後の日本は、沖縄、小笠原、千島列島
これらの領土すべてをソ連に貢ぐことになっていました。
また、賠償として一部の労力を提供することになっていました。
それは、どうしてなのか、なぜそんな提案をスターリンに申し入れたのか。
ここがどうしてもわからなかったのです その理由はただひとつ、天皇制の護持でした。


しかし、アメリカが沖縄と小笠原を占領したことで、それらすべてを
ソ連に手わたさなくてもよくなった。
しかし、陸軍内部で皇道派と統制派抗争を繰り返していた。
これは天皇制の護持を危うくさせるものであった。
そこで、最高指導者は、太平洋に荒波を起こすことを考えた。


アメリカには原爆投下を約束した。
しかし、ソ連だけが心配だった。
だから、沖縄、小笠原、千島を与えると約束した。
60万の兵士たちも提供すると約束した。その密使の役目をしたのが、瀬島龍三でした。

そして、8月31日、「在外邦人現地に於いて共存」
つまり、終戦処理会議の決定において、シベリアに60万の日本兵を
スターリンに謹んで捧げたのです。確かにソ連の横暴は許しがたい。
けれど、最高指導者をはじめとする、終戦処理会議の
首相、大臣らの非人間性、非人間的行動は許しがたい。もっとも非難すべきものだと思います。


終戦処理会議の悪党をもう一度、紹介します。
総理大臣      東久邇宮稔彦
外務大臣      重光 葵
国務大臣      近衛文麿
陸軍大臣      下村 定
海軍大臣      米内光政
参謀総長      梅津美治郎
軍令部総長     豊田 副武
内閣書記官長    緒方竹虎

この後外務大臣はすぐに吉田茂に代わり、吉田がこの政策を推進する
主役となって、白洲次郎を使ってGHQと折衝しました。
そのとき、かれらはGHQに在外邦人を満州、中国、朝鮮の現地に
定着させるよう積極的に要請しました。
そして、一般人の切り捨てを具体化するという、許しがたい行為におよんだのです。
この事実は、日本の外交文書に明記されています。
そして、これを許可したのが最高指導者でした。  (サラサラブログ)



☆ 歴史の嘘とは、すべて、この70年、昭和天皇の犯罪を隠すためにあった、隠すためだけではなく 濡れ衣をだれかにきせるためにあった。
そのための権力であり、反対するものにはデスノート、司法、マスコミ、宗教、教育、全てを駆使して、プロパガンダがなされた。

そうすると、騙された日本人全体が、知らぬまに、おおいなる罪を犯していたのだ。

維新のクーデターとは、似ても似つかぬぶ男を、天皇にすえたという大胆な芝居で幕が開いた。
天皇制自体、古事記自体、子供騙しの作り話だと思ってはいるが。

すえられた天皇とやらは、偽ユダヤによって、その地位と、あまりに多額な財宝が約束される。

すき放題するようになる。 やりたい放題だ。

田布施部落族というのは、在日である、本能的に在日への嫌悪感があるが、けれど、やつらは、本当の韓国人でさえないのだ。


尖閣の脅威なども、造られたものである。 田布施誕生とは、戦争をするための仮想敵をつくり、基地を米軍に提供し、ロシア悪とするという一致した計画で生まれた。

この国は日本ではない、そして、あまりにも嘘の国なのだ。
今更どうすることもできないだろう。 けれど、一人一人は、この醜なる国と心中することはない、せめて魂だけは。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原爆 ・ 王様 /ロシアの本音 /失われた日本人

2015-10-27 21:33:14 | 田布施族 朝鮮半島  


狙われるロシア

8.12 ロシア議会下院議員:広島・長崎原爆について法廷を開く必要あり

ロシア議会下院議員でアフガニスタン退役軍人連盟代表フランツ・クリンツェヴィチ氏はロシア外務省に対し、広島・長崎原爆に関する国際法廷開設に向けてイニシアチブをとるよう請願した。

「米国高官が70年経って誰も悔いておらず、侘びてもいないことは驚くに足らない。奴らは日本人民に謝る気が無い。そして今後も、米国は常にすべてにおいて正しいのだと主張し続けるのだ」。

「我々アフガニスタン退役軍人は、日本への原爆投下は人類に対する最もおそろしい犯罪であると考え、それはそうとしかるべく評価されるべきだと考える」。


☆ 狙われるロシア。 アメリカから? いいえ、日本から。 むしかえすな、ここは、大日本帝国で、日本人など虫けらなのだ。 これから一仕事。 日本人を皆殺し、そして、天皇NWOを造っていくのだ。 

ということで、中露潰しのエイジェントが誕生したわけです。

少し前だったなら、スプートニクの日本支社は、爆破されたかもしれない、そんな恐ろしさ。 けれど、今、光も強い。 大丈夫。 レプタリアンの狂気は萎えてきているから。


○ 8.9 長崎市長、現地で原爆の惨禍を直視するようオバマ大統領に呼びかけ


米国は「核は戦争の早期終結と犠牲者の低減のために必要だった」としているが、日本は既に降伏を決めていた。市民に原爆を使用した責任は追及されていない。

☆ ロシアがある役割を、あえてなさなかったなら、長崎からの、このような発言はなかっただろうと思う。 なぜか? 天皇関与をしっていないのなら、市長などする資格はないのだから。 知っているからこそ、国民が目を覚まさないように、クリミヤで核を用意したというロシアに、ことさらに反応し、ロシア悪と扇動する、それが、日本で、ある立場を得るための鉄則だ。

アメリカへの発言は、天皇にも、田布施にも、都合の悪いことなのだ。 なぜ、長崎の市長が、ピストルで殺されたのか?  怪しい、 とても怪しい。


○  昭和天皇  「原爆投下はやむをえないことと、私は思ってます。」


隠された言葉

ながこ    →   ながさき

ヒロヒト   →   ヒロシマ

☆ 隠された言葉に、王仁三郎は気がついて、昭和天皇の、とんでもない正体を知ったとも言われる。 天皇制打倒を考えていたとも言われる。 ありえないような、なぜって、最初から最後まで、お仲間でしょうという評価が定着しているのだから。

さすが、レプとしかいいようがない大迫害。 これでは、その後の神道宗教が、100パーセント嘘ともいえるような、万系一世、明治、昭和両天皇は、ほとんど神であるというプロパガンダに邁進する、一つの原因にもなったのか?


王様

① 8.10 マスコミ:「イスラム国」が英女王の暗殺を準備している

デイリー・メール紙は、ロンドン中心部で爆発が起これば大勢の犠牲者が出て「地元イスラム過激派のテロに対する昔からの恐怖が具現化する恐れがある」と指摘している。

マスコミによると、新たにISのメンバーに加わった数百人がシリアとイラクで戦うために英国から出発した。また他のISメンバーたちには、英国に残って、英国で攻撃を行うよう呼びかけられたという。

☆ とても違和感がある記事。 なぜって、英王室は悪ISに狙われる善でも正義でもなく、むしろ同根と感じるからです。 わざわざ、王室を狙っているというネタが、事前に分かるものでしょうか?


○ 8.12 英国 ウクライナ軍兵士のための訓練プログラム倍層へ

ファロン国防相は、英国は今までもウクライナの友であり、これからも友であり続けると述べた。国防相は、「私たちは貴方たちと肩を並べて行く」と語った。

☆ ISは、今度はウクライナへ移動という記事もあった。


② 天皇は、冷房も節約している、健康が心配、 という記事。 きっと、宮内庁から。

いろいろやります。(笑い)  でも、知ってましたよね、

創価のオバサンも311も福知山も、事前に知っていた。 学習院は、311の日は、事前に休校とされていた。 だから、知っていましたよね、まちがいなく。

食べて応援と言うけれど、超安全な食品は、常時調達されている、ですよね。 面白いように、王様の特権が生かされる、地球とはそんな場所で、人間とは、何とでもできる種である。

宮内庁の人々、たち膝、つまり、朝鮮方式で、皇后にお使えしている画像がある、それはそうですよね。



8.14 択捉島では全ロシア青年教育フォーラムが開かれている

☆ このようなことは、キシダの出番になります。 ロシアは盗んだ、でも、日本は琉球を盗んでいないし、尖閣は、日本だと、証明を無視する。

レプの脳だからこそできるのです。 



8.15  ロシアの本音

正常な本音を語る。 そのとき、きっと、奇妙な在日、レプタリアン、よしこなどが、一斉に非難の嵐を浴びせる。 そして、ロシアはきっと、あぁ、日本の国民とは、これが本当なのだ、今まで、錯覚していたかもしれないと感じるだろう。

スプートニク日本支社が、あり続けるのか、ただ、嫌な思いをするだけではないのか。 奇妙な在日、レプタリアンとは、歴史でいつも、このような役を演じてきた。

○  8.15 メドヴェージェフ首相などロシア高官の南クリル訪問について日露が又してもとげとげしい言葉を応酬している。
この論争で、正しいのはどちらか。モスクワ国立国際関係大学国際研究所主任研究員アンドレイ・イワノフ氏が解明を試みた。


「純形式的観点からロシアが正しい。それが気に入ろうと気に入るまいと、クリルは第二次世界大戦の結果、事実としてロシアの一部になっている。1875年にクリル諸島と交換でロシアが取得した南サハリンが1904-1905年の露日戦争の結果として日本帝国の一部となったのと同じことだ。

日本はこれまで一度として、第二次世界大戦の結果全体を認めないとは言っていない。ならば、南クリルについてもその結果を認めないならば、奇妙で、非論理的ということになる。

日本側は「クリル」とはみなさないわけだが、ともかく、「日本と行うあらゆる領土交渉は、南クリルは戦争の結果として今やロシアの領土なのだという、ロシアにとって疑いの余地のない事実に立脚して行う」ということを改めて確認しようとしているのだ。


もし日本がその事実を認めないならば、ロシアの見方では、日本は現実をありのままに受け入れる能力がないことを露呈するのだ。そうなると、ロシアは、同じ現実を共有していない相手などと交渉を行えるのだろうか。
これまで両国は、経済では、それなりにうまく協力できていた。


しかしロシアに対して不正な制裁が導入され、日本もそれに加わり、両国経済協力は一定程度、損害を出した。ロシアの専門家らは、制裁が撤回されるまで、改善を議論しても無意味であると考えている。

日本が反ロシア制裁に参加している現状では、南クリルについて話すことなど、なおさら無意味である。安倍首相の発言によれば、この問題で飛躍的前進を望んでいるという。ロシアが独立した外交政策をとることについて、ウクライナにおいて自ら犯した過ちと犯罪について、西側諸国はロシアを裁こうとする。これと日本が結託しているこのときに、クリルをめぐる対話で飛躍的前進を日本が望んでいるとなれば、身構えざるを得ない。


2000年代はじめ、ロシアは自らの領土を一部譲る形で、中国との領土問題を解決した。諸島の住民たちからは不満を買ったが、基本的にロシア社会はこれを理解し、許容した。当時中国はすでにロシア社会の中で、ただの隣国でなく多くの国際問題でロシアを支持するパートナーとして受け止められていたからだ。以来中国からの支持は高まるばかりだ。

この点日本は違う。なるほどロシアで日本は人気だ。その経済的、技術的発展度、文化、サムライ魂は感動をもって受け止められている。しかしここ最近は、「日本とくれば米国主導で西側が進める反ロシア制裁を思い浮かべる」という連想が強まる一方である。


だから南クリルを返せという日本政府の主張がますます強まる中で、その主張は今では強い者から弱い者への、勝利者から敗者への、年長者から年少者への要求としてロシアでは受けとめられるようになっている。

日本がロシアにそのような態度をとっているという確信をロシア人にさらに強めさせるのが、ロシア高官が「北方領土」を訪問するなど受け入れられないという、日本から聞こえてきた警告である。

しかしロシア人は年少者とか部下に対するときの口調で話されるのが嫌いだ。こういう次第で、日本は「メドヴェージェフ首相のクリル訪問は受け入れがたい」などと言うが、そんないきりたった反応を示すことこそ無分別かつ無謀なのである」。


☆ ヤルタ会談が気にいらないのであれば、ヤルタ会談自体を法廷に訴えるべきなのだ。
なぜ、こうなのか、なぜ、原爆には寛容なのか。

昭和天皇の犯罪は隠す  という目的だけである。 それを知っていながら、シラッとしていられる天皇家。 レプだからこそ、そうできるのだ。

日本に生まれてきた魂達は、ただ一つだけ、歴史の本当のことを知ることだけが、宿題だ。 なぜなら、天皇を美化し、罪を隠すために、すべての教科書があるのだから。

まず、そこから出発する。 そうして始めて、右脳も働く、 人間種 になれるのだ。

大変な国である。 明治維新のクーデターとは、日本人の人間としての脳を取り去るためのものだった。
日本人は、自分をすっかりなくしてしまったのだ。 決して、神に選ばれた特別な存在ではない。
選民意識とは、人間性をゆがめるための、悪なる罠なのだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

制裁のメリット/好きですロシア/奇跡/長生き猫さん(米)/露革命

2015-10-26 20:55:55 | 感じるロシア
 

制裁のおかげです  なにやら、すべて、自給自足でたりるようになってきた!

① 8.10 ロシア版クレジットカードの発行に向けた計画は順調に進んでいる。ロシア中央銀行総裁エリヴィラ・ナビウリナ氏がプーチン大統領との会談で述べた。

「創設、されたのか?」とプーチン大統領。中銀総裁は、首を縦に振った。国際決済システムによる現行のクレジットカード取引もロシア国内のそれについては既にこのロシア版の取引センターで行われている、と総裁。

来年には大量発行が始まり、おそらく3000万枚が発行される。
ロシア国内では国内向けクレジットカード「ミール」として機能し、海外ではMasterCardやAmerican Expressとして機能する、という形だ。

② 8.11 ロシアは独立した格付け機関を創設しなければならない。米国のコントロール下にある国際格付け機関には、欧州でさえ憤慨の声があがっている。プーチン大統領が中央銀行総裁ナビウリナ氏との会談で述べた。

「欧州委員会の指導部とかつて議論したことを思い出す。彼らは米国のパートナーたちの行動に憤慨していた。米国の格付け機関が出す評価の多くは客観的でないと考えていた。彼らは独自の、もうひとつの、独立した格付け機関を作ろうとしていた。ロシアもまた、それについて考えなければならない」。

ロシアが創設しようとしている格付け会社は今年最終四半期にも稼動を開始する可能性がある。銀行や保険会社、企業経営者ら、発行者らが投資元となることが出来る。VTB、ビンバンク、ロスゴスストラフ、アルファバンク、ガスプロムバンクなどが出資に名乗りを上げている。


好きです ロシア

8.15 ミキさん、今度はロシア人ダーチャ(別荘)でシャシュリク体験

日露の両言語で早口言葉を学んでいるというミキさんのビデオをこないだご紹介したが、http://sptnkne.ws/7RN
ミキさん、こんどはロシア人の大好きな料理、シャシュリクに挑戦! シャシュリクはロシアの大自然のなかでみんなでわいわい楽しみながら作るバーベクキューのこと。ミキさんは料理の過程を紹介し、印象を語っている。おいしそ~う!


8.15 ロシア鉄道のモスクワ―ヴォロネジ間2階建て電車、ロシア国内記録(写真)

ロシア鉄道の子会社「連邦旅客会社」のモスクワ―ヴォロネジ間の2階建て電車が遠距離電車として旅客席数最大となり、ロシアの国内記録を樹立した。

☆ いいねぇ、広いバス。 まだ、道は閉ざされていない。 近いのだ、ロシアも中国も。このバス、旅心を誘います。



奇跡 

① 8.14 ニューヨーク上空にプーチン大統領の顔が現れる

ニューヨークに住む女性は、鳥たちの奇妙な行動を撮影した動画をユーチューブに投稿した。動画には、鳥の群れが何かの模様を描くかのように飛んでいる様子がうつっている。

その中で、鳥たちが人の顔の輪郭を描いているかのように見える一瞬がある。
大勢のインターネットユーザーは、その顔がロシアのプーチン大統領に似ていると指摘している。

☆ プーチンの顔です。 このようなことは起こります。 聖母マリアが訪れた写真は数多くある。 ある人々は、それで人生が変容した。 闇に出会うよりは、崇高な変化がおとずれる。


② 8.15 バルト海にイルカが迷い込む

リトアニア海洋博物館の魚類学者サウリュス・カラリュス氏は、「自分の目で2頭のイルカを見たときは、嬉しい驚きを感じました。イルカたちはスミルティネ沖のバルト海で自由にのびのびと泳いでいました。私は海洋博物館で35年間働いていますが、このような素晴らしい光景を目にするという幸運に恵まれたのは初めてです」と語った。

目撃されたイルカは大西洋バンドイルカだったという。「バルト海は大西洋バンドウイルカの生息や繁殖には全く向いていません。塩分濃度が少ないほか、エサの問題も生じる恐れがあります。デンマーク海峡を経由して北海からバルト海に迷い込んだに違いありません」と語った。


地上絵

これも、本当。 はやしひろしさんは、上空からの設計図が地球に描かれていることを証明した。 上空から、仲間が、それを見て分かる、発着点、そして、終着点。 

はやしさんは、ある時、UFOを見た。 そして、ガラッと視点が変わった。 地球は、一本の線、ラインによって、設計されていたのだ。



8.14 オレゴン州の雄ネコ、ベルベットくん、世界最高齢ネコに選ばれる

米国オレゴン州に暮らす猫が26歳と13日で世界最高齢ネコに選らばれた。ギネスブックが明らかにした。
この雄ネコ、ベルベットくんはオレゴン州ポートランドから南東に160キロの農村に暮らしており、一日の大半は表で過ごしている。大好物はねずみのほかにはチェダーチーズ。

☆ 家の中で寝たきりではなくて、外で過ごし、ネズミが主食。 (笑) ヒルズ、ロイヤルカナンと、厳選するのでもなさそうで、人間と同じチーズのようです。



「ロシア革命の真相」 (偽ユダヤがロシアを壊滅したということだ)

1917年ロシアでボルシェビキ革命が起き、帝政ロシアのロマノフ王朝が倒れ、ソビエト連邦が誕生する。革命を主導したレーニンやトロツキーに資金提供したのがブンド(ユダヤ人労働総同盟)とジェイコブ・シフやポール・ウォーバーグなどの国際銀行家であった。レーニンは1918年から1922年までの4年間に4億5000万ドルをクーン・ローブ商会に返済している。

1913年10月にウィーンで発行されたユダヤ機関誌『ハンマー』の記事にはロシア革命が預言されていた。

「ツァーはキエフにおいてユダヤ人に対する徹底的な撲滅政策を決議した。運命はこの大闘争の結果にかかっている。ただしそれはユダヤ人の運命ではない。何故ならユダヤ人は負けることがないからである。それはただツァーの運命に過ぎないというだけのことである。

ツァーの勝利はその終焉の発端に過ぎない。逃れる道はないことを知るべきである。このことをよく飲み込んでおけ。我々はキエフにおいて、全世界に向かって我らに屈辱をあたえるものを容赦しないことを示そう。

もしユダヤ人が今までにロシアに革命を起こす事実を隠す政策をとっていたのならキエフ事件におけるツァーの態度が判った今日、その政策は捨てるべきである。この事件の結果がどうであろうと、ツァーに対しては容赦しない。それが我々ユダヤ人の決心である」

共産党幹部達は、ロシア名を付けていても、本当はユダヤ人だった。

[ソ連高級委員のユダヤ人のロシア名と本名]

•レーニン ⇒ ウリヤーノフ
•トロツキー ⇒ ブロンシュタイン
•カーメネフ ⇒ ローゼンフェルト
•ジノビエフ ⇒ アプヘルバウム   など多数。


☆ ソ連目線でロシアを見る、シベリア抑留をロシア人のせいにする。 それは、ロシア人が背負った運命だ。
本当は、ロシア人皆殺しのための、シベリアの施設だったのだ。

ソ連目線でロシアを見ることは、田布施朝鮮族が日本人に植えつけた、プロパガンダだった。
そして、日本もまた、特殊な朝鮮族の国になっていた、そして、今も。

本当は、日本人もロシア人も、騙されたお人よし。
プロパガンダで偏見をもった日本の罪を、本当の歴史を知ることで浄化して、清算していくのが、今の日本人の宿題だ。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

露への投資/制裁/米マフィアの本音

2015-10-25 19:04:29 | (旧 新) 米国

7.30 外国企業、ロシアで自ら発見した地下資源の開発を許される可能性あり

外国人が自ら発見した資源を開発できないリスクを回避うるためのメカニズムだという。「地下埋蔵物利用者は今後の作業に対する権利が確実に保証されてはじめて探索・評価活動を終了させるのに多額の投資を行う、という立場をとりはじめている」とのこと。


7.31 米国 対ロ制裁拡大:「イジェフスク機械製作工場」や「カラシニコフ」が加えられる


7.31 EUは対ロ経済制裁を延長したが、これにモンテネグロ、アルバニア、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、ウクライナが加わった。フェデリカ・モゲリニ欧州外相が述べた。


米の本音

① 8.10 ナルィシキン議長:米国はロシアの経済的豊かさに近づくために制裁を強化した

10日付けの「ロシア新聞」に掲載された論文で、米国の対外債務は膨大だと言及し、「他国の荒廃は、米国にとって最も一般的な方法である」と指摘している。一方で米国が世界の「紙幣印刷機」を手にしていることや、北大西洋条約機構(NATO)を完全にコントロールしていること、また欧州のリーダーたちの通話を盗聴していることが、債務返済で米国の役に立つことはすでにない、との見方を示している。


「米国はドルを唯一の基軸通貨として維持するだけでなく、世界の別の大国や地域の経済的豊かさに近づかなければならない。そのために米国は今、制裁対象のロシアの団体と個人の新たなリストを発表し、自分の銀行に(それらの助けを借りて欧州の銀行に)ロシアの団体と取引をしないことと、そのためのあらゆる理由をみつけるよう指示した」と指摘している。

米国は7月7日、オホーツク海にある「ガスプロム」のユジノ・キリンスク鉱床への技術設備の供給を禁止し、「ガスプロム」に対する制裁を強化した。「ガスプロム」は2018年にユジノ・キリンスク鉱床で生産を開始する計画だが、これにより支障が出る恐れがある。


② 8.12 トランプ氏 人民元切り下げについて語る:中国は米国を破壊する
トランプ氏はCNNのインタビューで、「中国は我々を破壊するだけだ。彼らは自国通貨の切り下げを続けている。この後も、そしてその後も続けるだろう。中国は人民元の急落を達成するだろう。これは我々にとって破壊的なものだ」と語った。
トランプ氏はまた、「中国は米国のお陰で裕福になった。国から雇用を奪い取った」と指摘した。


☆ 米の本音は? 恐怖かもしれません。


③ 8.13 アナリスト:米国はシリアの政権交代のために「イスラム国」を利用した

米国防情報局の元長官が最近、米情報機関はシリアでイスラム過激派の活動が活発化していることを知っていたと発言した。地政学アナリストのエリック・ドレイツェル氏は、米国はシリア政府を転覆させるためにイスラム武装勢力を使用したとの見方を表した。


「米国はリビアでカダフィー政権を転覆させるために自分たちが管理化においていたアルカイダの関連組織やその他の過激派グループを利用した。

しかしシリアでは政府が持ちこたえ、4年以上も戦い続けることに成功している。そこで米国は新たな手段が必要となった。アサド政権を打倒するためのものだ。これを証明する米国の軍事諜報文書がある。

米国は『イスラム国(IS)』が成長していることを2012年の時点で知っていたが、それを阻止しようとはしなかった。シリアで利用することに期待していたからだ。米国の戦略は今も変わっていない」。

シリア紛争ではトルコの役割が高まり続けていると述べ、
「トルコもシリア北部に独自の目的を持っている。米国はアサド大統領を厄介払いするだけでなく、米国の一存でシリアを建て直すことを望んでいる。『IS』との戦いは、自分たちの行動を正当化するための素晴らしい口実となっている」。


8.10 ポーランド農相 ロシアにEU産の食料品の廃棄を止めるよう求める

サヴィツキー農相は、制裁の対象となった農作物や食品を廃棄せず、EUと協力するよう求めた。

ロシアによる食料品の禁輸措置とそれの1年間の延長は、EUに大きな影響を与えた。それは顕著に表れている。 EUの農業生産者は、禁輸措置によって55億ユーロの損失を被った。最も大きな被害を受けたのは、ポーランド、フィンランド、ドイツ、イタリアの生産者だという。

☆ 自分たちが、ヤヌコビッチを力でおろし、キエフという、ロシア殺し軍隊を造った本人であるという罪意識は、永遠に知らない。 EUの魂は、罪と罰という根源を失った魂なのだ。 

制裁をすることは日常茶飯事の習慣、けれど、ブーメラン現象など、想像もしなかった、魂のバカな男たち。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本

2015-10-24 22:37:24 | 田布施族 朝鮮半島  

8.3 JETRO 2016年にウラジオストクに事務所開設の可能性

ロシア極東のウラジオストクに2016年、日本貿易振興機構(JETRO)の事務所が開設される可能性がある。沿海地方行政府が伝えた。

ロシアのビジネス代表団が日本を訪問し、2つの合意に調印がなされた。沿海地方行政府国際協力局のコルモゴロフ副局長は、「これらの合意の枠内では、まず情報交換、日本および沿海地方の起業家たちの共同フォーラム、セミナー、ビジネスミッションへの参加、また我々の企業が外国市場へ進出したり、日本でパートナーを探すことへの協力などが見込まれている」と語った。

「私たちは、JETROの事務局をウラジオストクに開設して欲しいとの自分たちの希望を伝えた。JETROの代表者は、JETROがこの提案に関心を持っていることを指摘し、近いうちにもこの件について検討すると約束した。

話し合いでは、我々の地域間の貿易及び投資協力の拡大に双方が関心を持っていることが指摘された。そのため、来年にも沿海地方にJETROの事務所が開設されることが決まる可能性があるかもしれない」と述べた。



8.7 日米の友情を脅かすは「ウィキリークス」にあらず、米国の果てない地政学的野心なり

ウィキリークスからは日本の政治家、高官、企業家が米国の国家安全保障局(NSA)によって盗聴されていた事実がマスコミへと流されたが、ラジオ「スプートニク」の予想通り、これによって日米関係が冷却化することはなかった。

まず、北朝鮮の核ミサイルプログラムから取り上げよう。そもそもこの問題が作られている中に欠陥が潜んでいる。なぜなら真剣には、こうした問題は存在しないからだ。現段階でも近未来でも北朝鮮が朝鮮半島からはるか遠く離れた米国はもちろん、全く近くにある日本の安全をも脅かすことが出来るようなミサイル核軍備を備えることは不可能だ。

ところが日本には南北朝鮮は特別な価値を持っている。日本は友好関係を保つほうがよい。それにそのスタートはすでに現時点で切っておかねばならず、韓国とも北朝鮮とも関係を築いておくほうがいい。もちろんのこと、これは米国の気にいるところではない。

日本が、南シナ海における中国の野心を抑止する米国を支持しようとすることは、疑いも無く米国の国益に叶っている。だが、こんなふうに日米があくせくしたところで、中国がアジアのこの一隅に狙いをつけることを止めるなどということはまず生じないし、これがこの場所の緊張緩和につながることは絶対にない。

第2に、日本は中国を加えた二国間ないしは三カ国間経済地域連合を形成することを先延ばしにしている。本来であればそうした連合は、少なくとも米国との連合に劣らず利があるはずなのだ。



8.7 創価大学キャンパス内に「ルスキー・ミール」が開設へ

2015年8月5日、創価大学はロシア基金センター「ルスキー・ミール(ロシアの世界)」との間に、キャンパス内に同センターを開設する合意を結んだ。

日本の大学が学内にロシアとの文化教育交流を強化し、ロシア語、ロシア文学、ロシアの豊かな伝統の学習への関心を高める目的でこうした学術啓蒙機関を設けた例はこれが初めて。

創価大学内では日本においてロシアの文化伝統の振興を図ろうというチームが形成されており、ロシア語科の教授で国際学術教育プログラムを率いるステラ・シヴァコヴァ氏、講師のユーリヤ・ディチャチエヴァ氏がこれを率いる事が決まった。

ロシア基金センター「ルスキー・ミール」は現在世界44カ国に存在している。その主要課題は世界文明の重要な要素としてのロシア語、ロシア文化を振興し、外国におけるロシア語教育プログラムを支援し、異文化間対話を発展しつつ、民族間の理解を強化することにある。

センターは「ルスキー・ミール」の文化歴史文学遺産やロシア語教育のメソッドと実践、現代の創造的なアイデア、プログラムへの広範なアクセスを提供する。センターの作業は開示性、公開性、寛容性を原則に行なわれている。

☆ かなりドキッとしました(笑)。 創価 ですよ。



8.9  米国はいかに広島の地獄を準備したか?

当時日本は、超強力な新型大量殺戮兵器にとって理想的な実験場だった。

1945年8月までに日本は、米国の敵国として残った唯一の国だった。また日本は、太平洋戦争における米国の同盟国、中国やソ連の圏外にあり、核攻撃が両国に損失をもたらす事はあり得なかったからだ。また戦争は4年目に入り、日本の海軍及び空軍は疲弊し、敵機の空襲に抵抗できる状態ではなかった。

広島・長崎の原爆投下に参加した米国人の中で、その後、自分自身の行動について、悔い改めた者はいない。

彼らは「我々は、日本軍国主義に対する祖国の勝利に大きく貢献した」と胸を張っていた。しかし、日本の潜水艦「伊58」の乗組員達は、広島に地獄を用意した者達を厳しく罰する運命を担うことになった。

「リトルボーイ」の一部をテニアン島に運んだ重巡洋艦「インディアナポリス」を、その帰途7月30日フィリピン海で撃沈させている。巡洋艦は、日本の潜水艦による雷撃を受けてから12分後に沈み、およそ300人の乗組員が海の藻屑と消えた。生き残った800人以上の乗組員も、4昼夜海上を飲み水もなく食糧もなく漂った。脱水症や幾度にもわたるサメによる攻撃のため、最後まで生き残り救出されたのは、わずか317名だけだった。


☆ 日米の戦争とは言うが、真珠湾攻撃は、偽旗として、日米の暗黙の戦争ごっこのスタートだった。 昭和天皇は、自己保存のために、原爆を事前に、実験場とすることに承諾し、広島、長崎を指定したのだ。

その犯罪を隠すために、原爆は、戦争終結のために、しかたがなかったというプロパガンダが、天皇と米マフィアとの共同で、日本を覆った。 もちろん、エイジェントが大勢従った。

そして、その代わりに、ありもしない領土問題を造った。 ロシアは領土など盗んでいない。 合法的になされている。 南京虐殺はあった。 複数の日本人兵士により、あかされている。

けれど、日本人は、日米の戦争犯罪人を信じこんだ。 そして、犯罪人を、神として崇めた。 罪のない中露韓を蔑視、ない罪を負わせた。

その罪の重さに呆然とした。 そして、よく、ばちがあたらなかったものだと、唖然とする。

私達の先祖は、愚かだったと認めなければならない、人としての共感をもって。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米への視点/オバマvs米軍/日英/OSCE

2015-10-23 21:11:03 | コービン   英国

ロシアの米への視点  ホワイトハウスと軍とは違う

8.8 軍部はオバマ政権に政治モチーフによる「ロシアの脅威」があると信じこませようとやっきになっている。つまり、「ロシア抑止」のため、これに対応する予算、マテリアル、人材を得ようとしているわけだ。

ホワイトハウスは、ロシアが脅威になっているという意見には同意しておらず、ロシアと対立し、抑止するという路線を分かち合っていない。

オバマ政権のアーネスト報道官によれば、ジェネラルの個人的見解は大統領の国家安全保障問題担当顧問団の意見とは一致していない。


ホワイトハウスはウクライナには一切の軍用機を供与してはならないとしている。 「ロシアの脅威」を語る人間は昔からソ連との戦争準備を行ってきた軍産複合体の出身者だと指摘する。



オバマ大統領 軍隊に告ぐ!グアンタナモ収容所を閉鎖しなければ米軍全体が閉鎖

揃いに揃った軍服を着たレプティリアン幹部達。米軍がこの世から消えるのも秒読み状態


グアンタナモ収容所、それは911テロ自作自演劇のブッシュ爬虫類政権が作り、イラク戦争の内情を知っていたフセイン大統領下の軍人らをぶち込んでいるもの。

オバマ大統領は選挙時に、既にグアンタナモ収容所閉鎖の方針を打ち出していた。その割には、なかなか閉鎖しないな~と私は思っていた。

そしてついにオバマ大統領は、なかなか言う事を聞かない米軍に切り札を出した。それはグアンタナモ収容所を直ちに閉鎖しないのならば、大統領権を使って米軍全体の予算を通さないようにするという脅しだ。

米軍はなぜ、そんなにグアンタナモ収容所を閉鎖する事をためらっているのだろうか?それはもちろん、グアンタナモ収容所に収容されているイラク人とかにイラク戦争の真実などを暴露されるのを恐れているのだ。特に化学兵器は無かったという事実が外に漏れるとまずい。イラク戦争を行ったのは、あくまでもフセイン大統領がイラクに危険な化学兵器があるという嘘の理由だからだ。

米軍がグアンタナモ収容所閉鎖を選ぶのか?それとも米軍全体の閉鎖を選ぶのか?まあ、どちらにしても米軍が潰れる日は近い。


☆ 米軍の様子などは、「宇宙への旅立ち oct.10」を(リンク先)をご覧ください。

☆ 沖縄基地にこだわっているのは、むしろ、日本政府とも言われています。 利権がらみなのだと思います。



類は友を呼ぶ

① 8.9 日英 アジアにおける中国の影響力に対抗するため協力へ

日英外相会談は、西側諸国や日本政府が南シナ海の係争海域における中国の活発な活動に懸念を抱いている中で実施された。

☆ 日英ほど、薄汚い国があるだろうか。 戦争ゲームは英王室、昭和天皇が主役だ。 もちろんレプタリアンの王様。 


② 8・5 ラヴロフ外相、対中関係拡大はロシアの最優先課題に合致

8月5日から6日、マレーシアでは、ロシア-ASEAN閣僚会議、東アジアサミット参加国外相会議、第21回ASEAN安全保障地域フォーラム大会と、ASEAN路線での毎年恒例の複数の行事が行なわれている。


③ 8.5 カザフスタン、キルギスのユーラシア経済連合加盟を批准

キルギスのユーラシア経済連合加盟に批准したなかではカザフスタンは最後の国。これまでにすでにアルメニア、ベラルーシ、ロシアが批准している。
ユーラシア経済連合は関税同盟および統一経済圏をベースに2015年1月1日から発足。加盟国はアルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、ロシア。



8.5 OSCEは死んだ。新OSCE、万歳!

「こんにち、我々にはOSCEは必要だろうか? 今のOSCEは欧州の安全と協力を効果的に保障する組織となっているだろうか? 答えはノー。しかも、そうした組織でなくなってからは、だいぶ日がたつ。


軍事、政治的分野で今のOSCEが出来ることは唯一、紛争時における当事者らの行動監視を組織することだけだが、これにも多大なクレームはある。一方で経済分野におけるOSCEの役割はゼロに等しい。

人道分野ではOSCE内のそれに準じた機関と監視員らは、紛争当事国間のいざこざの解決に力を貸すよりは、それに火を注いでいる始末で、一方の側に別の側の政治的、文明的規範を単に押し付けることのほうが多い。

OSCEの墓石にはこうした文句を並べることが出来るだろう。『その人生は高尚な意図に満ちていたが、実際はそれとは別の道を歩んだ』と。


○ 8.6 OSCE 武器を持ってロシアからウクライナへ入った人々を見たことは一度もない

ウクライナ東部の停戦の履行状況を監視している欧州安全保障協力機構(OSCE)の監視団は、活動を開始してから1年の間に、検問所「ドネツク」と「グコヴォ」のロシアとウクライナの国境を武器を持って越えた人を見たことがないと発表した。
 













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原爆に怒らない異常な感性日本

2015-10-22 22:22:41 | 原爆  原発   生物兵器 


8.6 ロシア議員 日本への原爆投下を人類に対する犯罪と同列に置くことを提案

クリン ツェヴィチ氏は5日、原爆投下から70年を前に記者団に対し、「1945年8月6日と9日に広島と長崎へ原爆を投下する軍事的必要性は一切なかった。米国は原爆投下を見せしめのために利用した。そしてそれは日本ではく、まずはソ連に対するものだった」と語った。

またクリン ツェヴィチ氏は、「これは野蛮行為であり、その本質において無意味であり、人類に対する最大の真の犯罪であり、国連を含めた全ての国際機関が参加する方法で判定するべきであると考えている」と指摘した。


8.7  平和をもたらすためではない

「私がきたのは平和をもたらすためではない。」 そんな言葉があった。 なぁなぁの関係で、経済をなりたたせるのは、ある一面だ。

ロシアはあえて、日本の田布施システムにきりこんでいく。 歴史の嘘に切り込む。 マスコミの嘘に切り込む。 

結果として、日本人、あるいは右翼、奇妙な朝鮮族が、このことをもってロシアに戦線布告をしようとも ・・・


①  8.6 日本人は広島と長崎への原爆投下に対する米国からの謝罪を待っている

「スプートニク」広報部 8月6日モスクワ 国際通信社・ラジオ局「スプートニク」の依頼により日本でPopulus社によって実施された新たな世論調査「スプートニク。世論調査」によると、世論調査に回答した日本人の過半数以上(61パーセント)が、米国は広島と長崎への原爆投下について謝罪するべきだと考えており、回答者の74パーセントが、原爆投下によって大勢の市民が命を落としたため、戦争だからといって原爆投下を正当化してはならないと考えていることが分かった。


世論調査の2つ目の部分では、「広島と長崎への原爆投下は戦争を終結させるための行動であり、原爆が投下されなければ戦争は長引いた」との主張にわずか10パーセントの回答者が賛同した。「一般市民の大量虐殺を引き起こしたため、戦争だからといって広島と長崎への原爆投下を正当化してはならない」との主張に賛同した回答者は74パーセントだった。


☆ NHKの世論調査と異なっているのである。 いったい今までだれが、本当に国民の声を知ろうとしただろうか? なんと、悪魔化されていたロシアではないか!

このような行動は、無知な日本人の反感を呼ぶのだろうか、皇室と政治やの反感と、それゆえの行動を呼ぶのだろうか。 これによってロシアは、善意も通じない日本国民の底知れぬ無知に、唖然とするだけなのだろうか。

あるいは、中露潰しの、しょうもないエイジェントの出番となるのだろうか。 皆さん、中国の経済は危ないのです、露中はハイウェイでNWOをするのですよ。

天皇のエイジェントと中露潰しのエイジェントは、名もない投稿者を使って、国民に訴えかける。 



② 8.6 安倍首相の反核イニシアチブ:日本は米国に協力しロシアを非武装化する用意あり

米国は大分以前から核廃絶を訴えている。明らかに米国とも合意の上で、今回日本が似たり寄ったりのイニシアチブを出した。ポドベリョースキン氏は言う。

唯一の被爆国として、日本は十全に倫理的な権利を持っている。しかし、世界を核から解放するという立派な取り組みは、ロシアと中国を非武装かするという、まったく立派でない最終目的を持っている。

ロシアと中国は武装解除を望まず、核廃絶のイニシアチブを支持していない。このようなロシア・中国は残酷なモンスターであり、進歩的人類の敵であると批判されるだろう。かわりに非核戦略兵器開発にいそしむ米日は平和の擁護者に見える。


☆ 早速、戦線布告。 あ~ぁ、幼稚すぎるが、日本人は信じてしまう。 少なくとも、少し前までは。

中露は、核武装しなければ、ユダヤはとっくに世界を戦場にしていた。 かろうじて、中露が武装することによって止めていた。

なにを言うのか、オームを使って核を造ろうといたではないか、JAL123では、核(プウトニウム)を運搬していたではないか、かなりガラス張りになっているのだ。

中国は宣戦をしかけてくるのか、そうではなくて、アベと米が戦争をしたがっているだけではないか、と、知ってきた人が、以前よりはいる。

 

③ 8.7 米国、広島・長崎原爆という残虐行為で国際法廷に問われるか?

下院のナルィシュキン議長がモスクワ原爆投下70周年をテーマとする円卓会議で、広島・長崎原爆に関する国際軍事法廷を開く必要がある、と述べた。元駐日大使、アレクサンドル・パノフ氏はこれに次のようにコメントしている。

「議論の余地なく、これは非人道的な兵器使用である。それも、故意に市民を狙ったものだ。広島・長崎には重要な軍事施設はなかったのだから。
日本への原爆使用に軍事的必要性はなかった。原爆投下の決定が下る前夜、7人の最高級米国将官のうち6人までが、反人道行為となる、と主張した。

日本の軍人たちは、破壊は甚大だが、1945年米国が東京の大部分を爆撃し、焼き尽くし、10万人の市民を死なせた一件と同程度だ、とした。これもまた、絶対的に非人道的で、全く無根拠な行動だった。

なぜなら東京には軍需工場や軍部はなかったのだ。しかし、広島・長崎原爆は日本に降伏を決意させることはなかった。ソ連が参戦してはじめて、鈴木首相は、ソ連が参戦しては、日本の状況は全く絶望的だと明言し、降伏条件を飲むことを主張したのだ。

法廷開設は米国が否決するだろうから、現状では、政治家、社会活動家、学者、記者らからなる国際社会法廷の開設が可能なだけだ。こうした人らが集まり、問題を討議し、独自の判決を下す、というものだ。それは非常に大きな意義をもつだろう。もしかすると、法的拘束力ある国際法廷の開設を判決として出すかもしれない」


☆ 天皇の犯罪であることは、あまりにも明確な事実。 だからこそ、日本国民も権力の全ても学者も記者も、法廷は望まないだろう。

ロシアの人間としての叫びは、無知と無関心という波に消えていきそうだ。


☆ 原爆には怒らない、本当は、アジア侵略もしたし、虐殺もした、慰安婦業者には天皇の勲章が贈られているし、原爆投下した米のある人にも、天皇の勲章が贈られているし、クリルは昭和天皇がスターリンにプレゼントしているし、ソ連は盗んでいない。

これほど嘘をつく国に私は生まれた。 そして無知ゆえに、自分もまた、罪人になった。




(歴史・嘘・本当)

A級戦犯の代わりに罪を問われなかった最高責任者 (もうすぐ北風が強くなるより)

東京裁判は、天皇皇族などの戦争責任者を不問として、一部のA戦犯で処理した「手打ち式」
 
従って、天皇皇族は靖国神社を決して参拝などしない。

東京裁判の結果に従い、政権幹部は靖国参拝をしないか。それとも、日本国民自身の手で過去にさかのぼって本当の責任者の始末をつけるか、
あるいは、世界と再び戦争をするか。
このままぐずぐず参拝しては、世界の鼻つまみ国家になるのか。
 ーーーーーーーーーーーーーーー 


 日本を愛すると自称する人々の中には、東京裁判を勝者の論理として批判する傾向があります。しかし私はこれほど「日本的」な手打ち式はないと思っています。

当時の日本政府は政府として無条件に敗戦を認め裁判に身をゆだねたのです。その結論に反対ならもう一度戦争をするしかありません。

この裁判を「日本的」というのは、明治維新期までの日本は、敗戦の将が腹を切れば配下のものの責任は不問にする伝統があったからです。
ドイツやイタリアのようにトップ以下責任者を自国民自身の手で始末するよう、当時の世界は日本国民に求めませんでした。

本来なら天皇以下最高責任者を峻別し、日本国民の手で始末をつけるべきでした。


しかし「一億総ザンゲ」などとわけのわからない集団主義に犯されていた日本人はどうすればよいかわかりませんでした。
腹を切って責任を取るべき東条英機は、自殺にも失敗する始末(沖縄戦の現場責任者は自害)。東条らは裁判でも往生際が悪い。
しかし、アメリカを筆頭とする戦勝国は「お前たち少数が責任を取れば天皇を含め大多数の日本人を許す」という寛大な処置をしたのです。

安倍首相以下、A級戦犯が合祀されてから靖国を公式参拝した首相は、日本国と世界との合意を「機会あればチャラにするぞ」との意思表示をしたに等しいのです。

命拾いした天皇とその取り巻きたちが恐れ多くて靖国を参拝しないのは、この道理をよく知っているからです。

不満があっても東京裁判の結果を受け入れるか、日本国民自身の手で過去にさかのぼって本当の責任者の始末をつけるか、もう一度世界と戦争して勝利するか、ぐずぐずと無能力者のフリをしてやり過ごすか、

この4つしか選択肢はありません。
どの選択肢が、世界から尊敬されつつ世界と共存していける道か、いうまでもなく明白ではないでしょうか。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


石井部隊
 満州の中国人、日本人に「石井部隊」と呼ばれていた731部隊は、村落へのペスト菌散布、焼き払い、生体実験、生体解剖を行い、関東軍、警察と共に恐怖の的だった。



昭和天皇は英国の陸軍元帥だったと官報の記事。
日本国民を焼き殺したのは昭和天皇ですか?
http://www.asyura2.com/13/warb12/msg/506.html


○  福沢諭吉が、女性を海外に売り飛ばすことを推奨し、天皇はその話に飛びついた!!!
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-686.html

○  カーチス・ルメイ少将が受勲した理由
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3003055.html

この事実は、今でも「米国で笑い話」になっています。昔も今も、米国の機嫌を取りたかったのでしようね。


https://goo.gl/FvzBbw オールジャパン


☆ 他のブログでは、アドレスをクリックするとすぐ記事になるのですが、gooではなりませんね。(泣)
よかったら、アドレス入力してみてくださいね。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加