スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

これもロシア流? スッキリ復讐   琥珀の間  

2017-10-19 15:53:51 | 感じるロシア


10.16 ロシアのモデル、ウォール街の投資銀行家への独創的な復讐法を考案【写真】


傷ついたロシアのモデル、クリスティーナ・クチマさんは付き合っていた男性のメルセデス・ベンツをプールに水没させた。英紙デイリー・メールが報じた。


ウォール街の投資銀行家であるその男性ガイ・ジェンティーレさんがデイリー・メール紙に語るところ、クリスティーナさんとの交際歴は1年。



クリスティーナさんはビジネスを始めようと決めたが、初期費用として5万ドルが必要になったと述べた。だが、ジェンティーレさんは多額の金を渡さず、別れることを選んだ。


ジェンティーレさんは「あのね、選んだ男が間違ってるよ」と述べた。

対してクリスティーナさんは顔にお茶をかけ、去り際にメルセデス・ベンツ S400の鍵を掴み、レストランから走り去った。


翌日ジェンティーレさんに届いたメッセージには「嘘つき!私のビジネスを助けるって言ったくせに!あなたが言ったんじゃない!これで投資家になりたいって言うの?じゃあ、投資家さん、裏庭にサプライズが待ってるから」と書いてあった。


裏庭に急ぎ向かったジェンティーレさんが見たものは、プールの底に沈むベンツだった。






☆ 何年も 恨んだり 後悔したりするよりは 殺害や 窃盗をしたのではないのだから 後にひく感情もない スッキリとした出発ともいえるのでしょう (笑)






10.17 ロシア皇帝秘宝の「琥珀の間」が発見?






ロシア帝政期の秘宝「琥珀の間」は第2次世界大戦時にナチスによって持ち去られた後、行方がわからなくなっているが、


この度、独ザクセン州南部のドレスデン市に近いエルツ山地の洞窟で見つかった可能性がある。


英タブロイド紙のデイリー・メールが3人のドイツ人研究者たちの言葉をもとに伝えた。


エルツ山地で探索を行ったのは、Leonhard Blumeさん、Günter Eckardtさん、Peter Lohrさんの3人。


この場所に伝説の秘宝があることを「信頼できる情報提供者」より聞いたのだという。


地中レーダー探査の専門家でもあるLohrさんは、周辺の土壌をレーダーで調べたところ、プリンス洞窟内で地下壕に似た空洞を発見した。


この洞窟が史料で初めて言及されたのは1455年。第二次世界大戦中はナチスの技術者たちが使用していたとされるが、その用途などの詳細を示す資料は、廃棄されてしまったのか、現在では残っていない。


Lohrさんは、洞窟に琥珀の間が隠されているという説を裏付けるものとして、この近くに、1945年4月にケーニヒスベルグ発列車の運行が認められた鉄道駅がある事実を挙げる。


またここには、最後のドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の秘宝も隠されていると考えている。3人の研究者たちは現在、探索の継続に必要な資金源を探している。



琥珀の間は、プロイセン王フリードリヒ1世のためにドイツ人の職人たちによって制作されたが、後年ロシア皇帝ピョートル大帝に贈呈された。


時は移り第二次世界大戦中の1941年、レニングラード(現サンクトペテルブルク)を包囲したドイツ軍は、宮殿内にあった琥珀の間を解体し、東プロイセンの首都ケーニヒスベルグへと持ち去った。


その後暫くの間はケーニヒスベルク城で保管されていたが、1945年春、ナチス軍の撤退と共に行方がわからなくなっている。



☆ 隠されていたものは 必ず 明らかになる すべての 歴史も ・・・


そうなってほしいです。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴールドでドル崩壊か | トップ | イスラエル  墓穴をほった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

感じるロシア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。