スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

韓国  韓国にTHAAD

2017-06-01 14:06:54 | 田布施族 朝鮮半島  


◎ <民主主義は韓国を見習え!>
 


韓国民の民主的クーデターで誕生した文在寅大統領は、日本の官房機密費に相当する資金を半額させて、それを雇用や福祉に回すと公約、実行していると報じられている。すばらしい。



それだけではない。公的な行事での食費以外は、すべて給与から支払うというのだ。これも立派だ。


毎夜高級料理店で、時には妻や母親まで連れて、美食に吸い付く安倍との落差は、天地の開きがある。



一時は、宏池会に所属した菅にいいたい。宏池会を創設した池田勇人が首相になると、女房役の大平正芳は、池田に対して「ゴルフNO」「料亭NO」と約束させた。


神奈川県の市議上がりに言っても分かるまいが?




https://fanblogs.jp/sec/blog/article/edit/input?id=6268248







◎ 中国を恫喝するために  韓国政府に無断で THAADを設置



朝鮮の弾道ミサイル攻撃に備えると称し、アメリカ軍はTHAAD(終末高高度地域防衛)ミサイル・システムの機器を韓国へ持ち込みつつある。


朝鮮のミサイル発射実験もアメリカにとってありがたいことだったはずだ。




スキャンダルで朴槿恵政権が機能不全の状態になっているのを利用し、アメリカ軍はシステムを2基搬入したのだが、その後、新大統領の文在寅に知らせることなく、さらに4基を設置したことが判明した。


新大統領の反対を予想し、勝手に持ち込んだということだ。そこで調査が開始されたようだ。




アメリカの好戦派を引っ張ってきたネオコンは1991年12月にソ連が消滅した段階でアメリカが唯一の超大国になったと信じ、翌年の2月に国防総省内でDPGの草案という形で世界制覇のプランを作成した。



ボリス・エリツィンを使ってロシアは属国化、中国はカネで懐柔済みで、自立した国は簡単に屈服させられると判断、また西ヨーロッパ、アジア全域、旧ソ連圏を潜在的なライバルだとみなし、ライバルとして成長しないように押さえ込むことにする。


その段階で核兵器は使える兵器になったと考えるようになったとも言われている。



21世紀に入ってロシアではウラジミル・プーチンがロシアを再独立させたが、国力の回復は先だと推測していたようで、アメリカ軍の先制第1撃でロシアと中国の長距離核兵器を破壊できるようになる日は近いと主張している。


アメリカはロシアと中国との核戦争で一方的に勝てると見通しているのだ。




そうした分析は間違っていることをロシア政府はさまざまな方法で示してきたが、ネオコンは後へ引けない状態。




東南アジアではインドネシア、マレーシア、タイなどでサラフィ主義者が活発に動き始め、ミャンマーでアウン・サン・スー・チー派から弾圧されているロヒンギャと呼ばれるイスラム教徒の中へ潜り込み始めているようだが、5月23日にはフィリピン南部、ミンダナオ島のマラウィ市がダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)に制圧されたと伝えられている。



安倍晋三政権の動きもこうした東アジア情勢と無関係ではないだろう。



https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201706010000/





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ関連 | トップ | 共生文化  プーチンと鳩  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

田布施族 朝鮮半島  」カテゴリの最新記事