スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

中東での 露米

2017-07-07 19:39:13 | シリア ・中東


7.7  ダーイシュがヤラセ化学攻撃を準備している可能性 露外務省


米軍のシリア政府軍攻撃を正当化するため、シリアのテロリストが、演出された化学攻撃を準備しているとの情報をロシア政府は有している。ロシア外務省のザハロワ報道官が発表した。


先に伝えられたところによると、ロシア外務省のガチロフ次官は、シリア政府が化学兵器による新たな攻撃を準備しているとする米国の発表が、いかなる裏付けもないと述べた。






7.7 米国 シリアで露の軍事警察に同意する意向 マスコミがすっぱ抜き


Daily Beast, トランプ陣営は今後のシリアでアサド政権の存続を認め、シリアにロシアの軍事警察が管轄する安全保障ゾーンを創設する案に同意する構えを示している。米インターネットニュース「デイリー・ビースト」が報じた。


ホワイトハウスは「ダーイシュ(IS,イスラム国)」にシリアの大半の領域の掌握を再び許さないためにこうした譲歩に出る構え。

アサド政権が奪還していない領域は米国の統一連合や「シリア民主軍」が管轄を行う案が示されている。



デイリー・ビーストによれば、こうした戦略への移行交渉はすでに数か月間にわたって露米間で行われている。


移行案の策定はティラーソン米国務長官が担当しており、7月7日のハンブルグでのプーチン、トランプ首脳会談で提出される可能性がある。



なお、先に伝えられたところでは、エンゲルス空軍基地から飛び立ったロシアの戦略爆撃機「TU-95MS」は5日、最新鋭巡航ミサイル「Kh-101」で、シリアのハマ県とホムス県境界に位置するダーイシュ(イスラム国、IS)の施設を攻撃した。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 150年の田布施の嘘  vs... | トップ | 新しい島と大地の誕生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

シリア ・中東」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。