スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

バグダティの生死    アラブ諸国 vs カタール

2017-07-17 17:01:12 | IS   中東 


7.17 ダーイシュ指導者バグダディ容疑者は今も生きている?







イラク内務省対テロリズム・情報局のアブ・アリ・アル・バスリ局長は、過激派組織「ダーイシュ」(イスラム国、IS)最高指導者のバグダディ容疑者死亡説を否定した。サウジ系の衛星テレビ局アルアラビーヤが報じた。



バスリ局長によると、バグダディ容疑者はシリアに潜伏を続けており、場所はラッカ近郊だと見られている。



バスリ局長は、イラクの情報機関はバグダディ容疑者とその追随者の「追跡と、全ての移動のモニタリングに誰よりも関心を寄せている」と指摘した。


バグダディ容疑者は1971年、イラクのサマラで生まれた。



報道によると、バグダディ容疑者は敬虔な家族の出で、親類は有名な宣教師や、アラブ語、レトリック、論理分野の専門家だった。



2003年の米軍主導の有志連合によるイラク侵攻後、反政府武装勢力との関与を深める。



先の報道によると、専門家は、過激派組織「ダーイシュ」最高指導者バグダディ容疑者が死亡したとの発表が、国際社会の警戒を解くために出された可能性があるため慎重に接する必要があるとの見解を示した。







7.17 アラブ諸国、カタールから2022年W杯剥奪を要求







アラブ6カ国が国際サッカー連盟(FIFA)に、2022年開催のFIFAワールドカップの会場をカタールから移すよう要求。ニュースサイト『The Local』が15日、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長の情報を基に報じた。


会長によると、要求はサウジアラビア、イエメン、モーリタニア、アラブ首長国連邦、エジプトから出された。


これら諸国は、カタールが「テロリズムの後援者」であり、ツアーを訪れるファンの安全を保障する用意がないと主張する。



要求が無視された場合は大会ボイコットも辞さないという。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フクシマでの実験結果 | トップ | テリゾールのダーイッシュ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。