スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

暗殺の危険のなかで チャップリン・天皇とチャップリン 515・226/プーチンキャンセル/田布施町

2016-10-11 19:38:00 | 天使と悪魔


人食い爬虫類エイリアン昭和天皇に来日の度に命を狙われたチャップリン 彼は善の宇宙人だった


第二次世界大戦直前に起こった5.15事件、そして2.26事件。それらの真の暗殺ターゲットは、来日中、または来日予定だったチャップリンだった!


なぜチャップリンが人食い爬虫類エイリアンの昭和天皇ヒロヒトに狙われたのか?それはチャップリンが「天皇(エンペラー)とは、人々を支配し、征服する者である。」という定義を映画にしたからだ。



下の日本語訳ではエンペラーが「皇帝」という訳になっているが、日本ではエンペラーと言ったら「天皇」の事だ。


チャップリンの「エンペラー(天皇)」の定義は「人間を支配し、征服する独裁者」と彼の映画では扱っている。彼の天皇に関する定義は正しかった!それで天皇家から彼の命が狙われる事となった。



首相犬養毅を暗殺したグループに対する調書によると「首相官邸でチャップリン歓迎会が催される事を知り、チャップリンも含めて歓迎会に来ている人々全員を暗殺する予定だった」と書かれている。



東京駅を降りてタクシーに乗ったチャップリンと日本人マネージャーは、不審な車が後をつけている事に気づき、慌てて軍幹部の言う通りに皇居に向かった。


天皇という独裁者に対して、チャップリンは一礼をしたくなかったが、彼の日本人マネジャーに強制され、皇居に向かって一礼した。一礼をする事により、暗殺司令官の天皇に敬意を示すフリをした。すると不審な車は走り去ったという。

もちろん、その不審な車は、日本における爬虫類組織のトップの天皇家、そして宮内庁から送られたチャップリン暗殺のための追跡車だった。




急に、ここで画像のアップロードができなくなってしまいました。画像の出てくるべき場所には「server rejected」となっていますが、誰かコンピューターに詳しい人、是非、コメントで修復の仕方教えてください。多分、この記事が天皇家、そして爬虫類組織にとって脅威になる記事なので、妨害が入ったのでしょう。

まあ、画像が貼れ無くても、ビデオを見てもらえば、私の主張したい事が分かるでしょうけれども...。



そう、天皇家、そして日本の爬虫類組織、いや世界の爬虫類組織のイルミナティに命を狙われていたチャップリンは、皇居に一礼をする事により、一時的に暗殺の魔の手を逃れた。しかし、それはほんの一時的なものに過ぎなかった。




そして5.15事件と呼ばれている日本の当時の首相の犬養毅が、チャップリン歓迎パーティーが催されるはずの首相官邸で暗殺された。本当の狙いはチャップリンだったというのは見え見えだろう。

チャップリンは、土壇場で、その歓迎パーティーに行くのをキャンセルしたという。きっと彼の属する光から「行くな!」という指令が来たのだろう。



そして2.26事件の際にも、チャップリンは日本に来るはずだった。これは偶然では無い。彼は、またしも土壇場で、来日をキャンセルした。




では、なぜチャップリンが命を狙われたのか?それは、先程にも述べた、彼の「天皇とは人々を支配し、征服する独裁者である」という正しい定義を、彼の映画に盛り込んだからだ。



そして日本の天皇家だけでは無く、天皇家が属する世界の人食い爬虫類組織イルミナティからも命を狙われていた。チャップリンの映画の主題は「愛」と「平和」だ。


偉大なる独裁者チャップリンhttps://www.youtube.com/watch?v=CfAHws-6CMY

偉大なる独裁者チャップリンのビデオを見てもらえば分かるが、彼が兵隊達に向かって


「(天皇の様な)独裁者のために戦うな!」

「(支配者の爬虫類人達は)お前を侮辱し、奴隷にし、お前の生き方を支配し」

「どうしたら良いのか」

「どう考えたら良いのか」

「どう感じれば良いのか」までコントロールしようとしている。

「そんな非人間達(人食い爬虫類人達)に身をゆだねるな!」と映画で述べている。




丁度、第二次世界大戦直前で、爬虫類組織が、これから大々的に戦争という名の強盗連続殺人、そして彼等の餌となる人間を狩るハンティング・パーティーを始めようかとしている時に、チャップリンの映画によって、人間家畜達が「平和主義者」になってもらっては困るからだ。



チャップリンに対しての暗殺計画は、失敗に終わった様だが、第二次世界大戦に関しては、爬虫類組織は大々的な成功を収めた。

人間達が爬虫類組織によって、殺人マシーンとして利用されてしまったのだ。残念ながら人間達は、戦争に「No!」とは言えなかった。

あまりにも政府、そして人食いエイリアン達である天皇、または女王、王室などの権威に恐れを成してしまったのだ。そして彼等の言いなりになり、戦争という名の殺し合いに参加してしまったのだ。




ここのブログに来ている読者の皆さんは、天皇やらの権威に身を任せる事は無いと思いますが、これからも人食い爬虫類組織の冷血非道な作戦には、断固として反対し、参加する事の無い様に、お願いしたいと思います。



では一体、チャップリンとは何者だったのか?

その答えは、彼は光側から送られて来た「善の宇宙人」だったと言えるでしょう。だからこそ、映画で平和と愛のメッセージを伝える事に成功し、数えられない数の暗殺計画にも関わらず、暗殺される事は無かった。彼の地球上でのミッションは、人々に映画で、愛と平和のメッセージを伝える事だった。

http://reptilianbuster.blogspot.jp/2016/10/blog-post_10.html






偉大なる独裁者








命を狙われたチャップリン











10.11 速報 プーチン大統領 オランド大統領との会談を拒否

ロシアのプーチン大統領は、10月19日に予定されていたフランス訪問を拒否した。BBCが非公式情報筋の話として報じた。

フランス訪問では、プーチン大統領とオランド大統領の会談が予定されていた。 10日、オランド大統領がプーチン大統領との会談を拒否する考えであることが明らかとなった。なおその後、ロシアのペスコフ大統領報道官は、ロシア大統領府は会談の準備を続けており、フランスからは会談中止の通知を受けていないと述べた。




◎ 山口県 プーチン大統領訪問

光に守られるように!  大丈夫です!





イスラエルと田布施町の怪について


  
さて、ちょっと最近気づいたのですが。

日本地図は世界の縮図であると良く言いますよね。


で、最近のパリテロ。

ISISという組織はイスラエルのモサドやアメリカCIAが育てたというのはここを読む人なら常識でしょう。


で地図を見て思ったのですが。
アフリカ大陸が九州に位置して、それで、地中海が瀬戸内海に該当する。

ということは、イスラエルと田布施町。
田布施とは山口県にある小さな町のことですが。

うーん。

同じ位置にある。。
と思ったのでした。



この山口県の田布施町というのは、何故か日本の歴代総理、政治家が生まれるので田布施の怪と良く言わる町です。

まぁ、知っての通り
伊藤博文、木戸幸一、宮本顕治、河上肇、難波八助、松岡洋右、安倍源基(終戦時の内務大臣)、賀屋興宣、岸信介、佐藤栄作、安倍晋三。
みーんな、この田布施町出身です。
自民だけじゃなくて共産党もそうなのが不思議ですよね。


この日本を支配する通称、田布施システム。


以下が良くまとまってます。
NAVERまとめ  「田布施システム」と明治天皇替え玉説



親戚の中で総理大臣を回す
調 べてみたら、田布施に縁のある岸信介、佐藤栄作、安倍晋三は、麻生太郎や吉田茂そして天皇家とも親戚関係でつながってるんですね。麻生さんは戦前の麻生財 閥ですし。

なんか明治維新以来、一部の人達でずっと日本を牛耳ってきたんだなあと、ちょっとあきれました。そりゃ庶民感覚なくなるわけだ。
ちなみに松岡洋右は田布施近辺の出身、大久保利通は薩摩藩です。






最近、検索してて知った衝撃のキーワード「田布施システム」。安倍さんの祖父・岸信介など、歴代首相の出身地だという、山口県の小さな町。ここに「明治天皇 替え玉説」など日本の現代史を理解する重要なカギがあると聞いて、ざっと調べてみました。多少、矛盾する情報もあり、どこまで信じるかは読む人にお任せし ます・・・



明治維新後、田布施出身の多くの志士が明治政府の重要なポストに就くこととなります。そしてその流れは受け継がれ、現在の安倍首相へと繋がっているようです。この明治維新から受け継がれてきた一連の流れは、「田布施システム」と呼ばれています。


日本国家の真相は、明治維新で長州藩田布施一味に国家を乗っ取られた




以下も結構まとまってます。
山口県田布施町の怪 ~日本国家の真相~ (心に青雲)
http://www.asyura2.com/07/bd50/msg/536.html


田布施町の怪の話は、知ってる人は知ってることでしょう。



そして世界地図で位置が同じだけだと思ったら、
なぜかこの田布施町の連中と、イスラエルは同盟を結んでる。

なんで千年王国なんか作りたいのか、さっぱり分からないのですがその目標のために頑張ってる人達です。

ナチス=ユダヤ=田布施町




こういうほとんどの人がもう既に知ってる話に
あんた!それどう考えてもおかしいだろ!
誰も突っ込まずに何故か平然と進んでいく現代の政治システム。


http://golden-tamatama.com/blog-entry-2149.html




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 核の災害の訓練 ロシア | トップ | 週刊誌目線で  アンジェリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。