スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

マントルまで掘削   地表が裂ける 

2017-07-12 21:18:09 | 地球の変化 秘密 ミーム



4.11 日本が内部のマントルまで地球を掘削








日本の海洋科学技術機構(JAMSTEC)が地球内部のマントルまで海底を掘り進める。



JAMSTECは地殻とコアの間にあるマントルまで地殻を掘り進める意欲的な目標を設定。


マントルは地球の体積の84%を占める。インターナショナル・ビジネス・タイムズが報じた。



計画には世界初のライザー式科学掘削船「ちきゅう」が用いられる。


地殻の厚さは5キロから10キロであるため、計画に立ちはだかるのは「深い水域」「硬い岩石」「熱」の3つの壁。



4キロの水と6キロの厚さの地殻を掘り進め、マントル上層部に到達する。











7.11 メキシコ 地表が裂け250度まで達す【動画】



メキシコのミチョアカン州のサッカー場で地表が裂け、その間から蒸気が噴出し始めた。地球の摩訶不思議な地下活動が研究者の関心を集めている。



地元の民間防衛庁の調べではサッカー場付近にあるプエブロ・ヴィエホ居住区の地表の温度は250度にも達している。


サッカー場の割れ目に落ちた2匹の子ヤギは死んでしまった。



現場には国民自治大学の研究者らも集まった。民間防衛軍はこの現象についてつぎのようにかたっている。









「我々はこれは火山ができようとしているのではないかということもできない。


なぜなら地殻活動は活発化しておらず、このことから火山が誕生する可能性はほぼなくなるからだ。

調査結果を待たねばなにもわからない。」内務省の声明にはこう書かれている。



メキシコには地球上で最も若いとされるパリクティン火山がある。


同火山は1943年、ミチョアカン州のトウモロコシ畑にできた。この火山の噴火で近郊の複数の村落が瓦解している。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多極型世界の始まり  田中... | トップ | 赤い月  赤い海 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。