スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

南極の地下に眠る ?? と イルミの王族たち

2017-05-25 15:23:47 | バチカン  王室  皇室  宗教


分からない あるいは ピンとこない部分は たくさんありますが ・・・


現王室は イルミであり、つまり 利益をむさぼる 戦争やであり、ということは、宗教のタグとは関係なく、悪魔教という認識を私はもっています。


そして、人間ではない ある種 と思っています。



南極も なにかがありそうということは 感じます。


以下の記事の ある部分は 全く 分からないのですが ある部分には 感応しました。









南極の地下の巨大母船に眠るプレ・アダマイト と 支配階級の王族たちの目論見



南極に関する話題です。


南極で巨大母船が地下に埋っていたのが発見されたという話でしたが、大きさの訂正があるようです。


以前は確か、大きさ50kmほどの巨大母船だったように記憶していますが、今回の訂正では、“長さは最大でも3マイル(4.8 km)ほどの卵型宇宙船”ということです。



この中に、プレ・アダマイトと呼ばれている、おそらく火星から来たと思われる巨人が長い眠り(ステイシス)に入っているとされ、


記事では、そのようなステイシス人は十数体ほど存在しているらしいと言っています。


記事では、カバールと言っていますが、おそらく300人委員会の支配階級の王族たちだろうと思いますが、


彼らはアトランティス以来の王家の血脈であることを誇りにしているようです。



カバールは、その王家が、火星からやってきたプレ・アダマイトと人類の混血から生まれた血筋だと考えているようです。



文中には、“彼ら(カバール)は自分たちを遺伝的にこのプレ・アダマイトに結びつけて、この種族を神に仕立て上げようとしています。そうなれば、彼らはデミゴッド(半神半人)になりますからね”とあります。
 


これがどうやら、(300人委員会)の連中の目論見のようです。



彼らの主張が正しいか否かも問題ですが、さらに重要なのは、彼ら(カバール)の意図でしょう。こうした主張をすることで、“自分たちが特別な存在であり、権力を有するのは当然の神の意志である”ということを、人類に納得させようとしているのだと思います。


要するに、この連中は権力を手放す気が、端から無いということです。




仮に、彼らが遺伝子的にプレ・アダマイトの血を受け継ぐ者たちであったとしても、このプレ・アダマイトは、単なる宇宙人で、神ではありません。



以前指摘したように、多少の例外はあるにしても、邪悪な存在と考えた方が自然です。


むしろ宗教的には、堕天使と人間の間に生まれた混血人種が、彼らの先祖だということになるのでしょうが、残念ながらプレ・アダマイトは、堕天使ですらありません。

要するに、ただの人なのであって、天使だったことすら1度もありません。
 


コーリー・グッド氏の情報は、極めて精度が高く信頼に足るものだと思っているのですが、氏の情報ですら宇宙人に関するもので、神はどこにも出てきません。


地球に関わっている宇宙人達は、カバールの連中と同様に、秘教を自分たちの思想の根幹に据えているようです。そうした思想は、ブラヴァッキー夫人が著した「シークレット・ドクトリン」に代表されると思います。



こうした教えの根幹にあるのは、“人間は進化して神になる”という考えです。これ自体は間違っていないのですが、ほとんどの者は多少の霊的能力を身につけると、自らを神だとみなすようになるのです。



要するに、宇宙人も含めてですが、地球上のほとんどの人は、神でない者を神と崇め、彼らに仕えることで多少の霊能力を得ると、自らが神になったと考えるほど、未熟な意識レベルに留まっているのです。



悪の首謀者のような連中の場合、それまでは動物システムに転落していただけだった魂(モナド)が、いまや完全に滅ぼされてしまったということなのです。





コズミック・ディスクロージャー: 南極~新エリア51 シーズン7 エピソード 19
転載元) Sphere-being Alliance 17/5/8
(前略) 

David:  南極が話題になっていますね。(中略)… まだ新しい情報が続々と出て来ているようです。(中略)… 


Co
rey:   (中略)… 1950年代に、プロジェクト・アイスワームというプロジェクトがあって、打ち上げ用の地下ミサイル格納庫が南極の氷床で建設されたようです。


(中略)… その研究開発基地で、ロッキード・マーチンといった企業が氷の下で見つけた多くの技術のリバース・エンジニアリングを行ったのです。


(中略)… ほかにも、軍産複合体に引き渡された超大型の元ナチス基地があります。(中略)… それがいま、影の政府にとって主な宇宙港になっています。(中略)… 



David:  (中略)… 南極に大きな宇宙港をもつ戦略的な意味は何ですか? (中略)…


Corey:  確かに不便ですが(中略)… 大気中の電磁力や重力場を考えると、南極のほうがずっと都合がいいのです。


ロケットの打ち上げがなるべく赤道に近いところで行われるのと同じです。(中略)…


David:  前にも話しましたが、ピート・ピーターソンの情報によると、直径約30マイル(48キロ)に及ぶ長い卵形の巨大母船が南極の地下に眠っているそうです。


Corey:  そのことですが・・・(中略)… 長さが最大でも3マイル(4.8km)ほど卵形宇宙船が一隻で、ほかにやや小さめの補助艦が2隻あるそうです。


いずれも月から難を逃れてここにはぐれてきた艦隊の一部だそうです。(中略)… 一番大きい母船の中に、確かにステイシスの中に眠っている存在がいます。本来のプレ・アダマイトたちです。おそらく火星からやってきたのだろうと思います。(中略)… 



David:  南極の話題で思い出したのは知り合いのインサイダー、ダニエルから聞いた話です。地球には自然に出来た古代スターゲートがあったって・・・(中略)…


Corey:  彼ら(カバール)が支配しようとしていたのは、南極にある超強力なスーパーゲートでした。

それは古代ビルダー種族が築いたものです。(中略)… スーパーゲートを使ってコズミック・ウェブを経由することで、どんなに遠くても、私たちの銀河の中か、あるいは近くの銀河ならば、どこへも移動できます。(中略)…


David:  で、いまスーパーゲートを支配しているのは誰ですか?


Corey:  宇宙港と南極版エリア51一帯を支配しているのと同じ、影の政府の一団です。(中略)…


David:  前回の報告では、カーリーたちがあなたを南極のある図書館に連れて行ったと話しましたね。(中略)…

図書館から巻物を抜き出したとも言いましたが(中略)…


Corey:  ジグムントによると、彼らはその下で過去世代の血縁目録を探していたそうです。


(中略)… 彼らは自分たちを遺伝的にこのプレ・アダマイトに結びつけて、この種族を神に仕立て上げようとしています。そうなれば、彼らはデミゴッド(半神半人)になりますからね。(中略)…


主にコンストラクトの中でカーリーと会いました。(中略)… 彼らがその文書を抜き出したのは、カバールの作戦を妨害し、彼らが王としての神権を手に入れないようにするためでした。(中略)…


David:  ステイシスに入っていた存在について少し話しましょう。(中略)… 何体ありますか? 彼らを起こす方法はありますか?


Corey:  具体的な数字は知りません。(中略)… 10数体程度だと思います。

彼らを起こす方法は見つかりましたが(中略)… もし彼らを起こすと決めた場合、ステイシスの近くに第五世代の小型核爆弾を置いて待機するつもりです。(中略)… プレ・アダマイトが凶暴化して敵意を示したら、大きな核爆発で全滅させるつもりです。


(以下略)



https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=128911





 
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝鮮と 中露vs旧米   天... | トップ | 日本という国の実像 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

バチカン  王室  皇室  宗教」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。