スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

劉氏・天安門詐欺   マクロン・ロス茶の傀儡

2017-07-15 16:51:23 | 天使と悪魔


7.14 中国、「内政干渉するな」 劉氏死での批判に反発







中国の国営通信の新華社は、中国外務省の耿爽副報道局長が14日、劉暁波氏への対応は内政問題だと強調し「外国は不適切な意見を述べる立場にない」と各国の批判に反発し、内政干渉しないよう求めたと伝えた。共同通信が報じた。


耿氏は「中国は法治国家だ。関係国が中国の司法の主権を尊重するよう求める」とし、劉氏が中国の法律を犯したと主張した。


また劉氏の重病ついて「関係部門が人道的観点からあらゆる努力をして治療した」と語り、中国の対応を正当化した。


劉暁波氏が肝臓がんによる多臓器不全のため遼寧省瀋陽市の病院で13日、死去した。61歳だった。


ノルウェーのノーベル賞委員会は13日、劉暁波氏の死去について、中国政府が「重い責任」を負っていると批判した。




◎ 中国は「CIAカラー革命」を起こされた被害者。


劉氏はCIAの極悪工作員。


コイツのお陰で、未だに「天安門虐殺」詐欺が罷り通ってる。 


CIA工作員劉氏は軍に発砲させて多くの死傷者を出そうと煽って、天安門広場付近でCIAに訓練された多くの武装したオッサン暴徒たちが、兵士を焼き殺して橋から吊り下げたりして挑発したけど、


軍は自重して、結局、学生たちを全員、安全に撤退させた。


有名な写真「戦車の前に立つ学生」は無傷で、あれは学生に手出しをしない軍を挑発してた写真。


( ある コメント )






7.14 地球温暖化はテロリズム拡大の一因か?


「決断的な地球温暖化対策を取らずにテロリズムと効果的に戦うことは不可能だ。」


フランスのマクロン大統領は8日、ハンブルクG20サミットでスピーチし、そう述べた。この発表は大きな論争を呼んだ。


環境分野の地政学における専門家フランソワ・ジェメン氏はスプートニクのインタビューに対して、次のようにコメントした。


「ソマリ半島やバングラデシュ、パキスタンのように、気候、つまり、環境もまた著しく悪化した世界の地域がある。


それにより現地の多くの人は生活の手段を失った。これは、過激主義やテロリズムの良い温床だ。」ジェメン氏は、適応プログラムを開発し気候変動の影響を和らげることは可能だとの見解を示す。


例えば、生活の手段を得るなんらかの手段を与えて、生産量減少を補償することなどだ。洪水からいくつかの地域を守ることも可能だ。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇宙 | トップ | スター プーチン と パパ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。