スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

ロシア帝国   / 捧げた命

2017-03-07 17:15:20 | 感じるロシア


〇 フランス革命 ナポレオン戦争 

ロシア皇帝 アレクサンドル1世は ロスチャイルドのこの卑劣な世界制覇計画を支援することを 断固 拒否



〇 さらに オーストリア プロシアと3国同盟を結んだ。

その後 ロスチャイルドの憎しみの標的とされる。



〇 1860年 アレクサンドル2世は 帝国銀行を設立。 以後 国家計画などを実現する 重要な機関となった。

国の貨幣と紙幣を印刷し 国内に流通するお金の量を調整、低金利の貸付をして 商業の繁栄を促した。




〇 ロシアの帝国銀行は 当時 世界一の金の埋蔵量を誇っていた。

世界のなかで 一番 負債の少ない国となった。




〇 アレクサンドル2世は 農奴制を廃止した。

貴族所有の土地は少なくなった。


1913年までには 農民が 自分の土地を所有していた。



〇 農民の土地購入を可能にするため 政府の 農業銀行も設立された。

「世界で最も偉大で 社会に有用な金融システム」と 絶賛されていた。



〇 ロスチャイルドのような高利貸しを排除して 善良な経済政策で ロシア帝国は とても栄えた。



〇 1912年時点では ロシアは 世界一税金が少なく インフレも失業も ほとんどなかった。



〇 児童労働など 先駆けて禁止。 完璧な労働法を作った。



〇 ロシア皇帝のもとでは すべての人種に平等の権利とチャンスが与えられた。
世界のどこにも見られなかったレベルのものである。

ニコラス2世 (1894 - 1917)と かれの 帝国銀行は
人類史上類のない 労働者天国を作った。



〇 1917年 11月7日 ・・・

ロスチャイルドは この帝政ロシアを内部から突き崩すために
おもに ユダヤ人の ボルシェビキ (共産主義)に資金を与えて
ニセの革命を引き起こした。


この革命は やがて 国を乗っ取り 意図的な 飢餓による 大殺戮を通して
繁栄と平和を 崩壊させた。


http://ameblo.jp/64152966/entry-12143699731.html




☆ 農奴制解放と その時代の混乱など ドストエフスキーの作品に よく出てきます。

また ユダヤ (偽ユダヤ)、イエズス会 という語も 頻繁に出てくる。

ロシアにとって、(偽)ユダヤの 特殊性は 日常的に 感じることだった、そんな気がします。

本当は 日本でも、なにか違う 特殊な存在が混在していると思うのですが ・・・
   





3.7 ダーイシュの攻撃の際、パルミラでロシア特殊部隊員が死亡ー露国防省


ロシア国防省は2日、シリア中部のパルミラでのアルチョム・ゴルブーノフ2等兵の死亡を確認した。これは、ロシア軍顧問がいたシリア軍基地をダーイシュ(イスラム国、IS)の戦闘員が突破しようと試みているのを退けている際に起きた。


「契約2等兵アルチョム・ゴルブーノフはシリア・アラブ共和国においてロシア軍顧問グループ警備の任務を達成した。

アルチョム・ゴルブーノフは今年3月2日、パルミラ地域において、ロシア軍顧問がいたシリア軍部隊基地をダーイシュ戦闘員が突破しようと試みているのを退けている際に死亡した。アルチョム・ゴルブーノフ2等兵は殉死の後、国家褒章が与えられる。」







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロスチャイルドと共産主義 | トップ | 美人ギタリスト  動画 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

感じるロシア」カテゴリの最新記事