スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

ロシアと日本: 年金  イルミの紙幣/世界の裏

2016-11-06 15:10:35 | 日本の無理解


11.6 クラスノヤルスクのおばあちゃん旅行家、ウェブを魅了(写真)





レーナおばあちゃんは89歳。レーナさんが年金のへそくりで全世界を旅してすでに6年。本当の人生はたった今始まったばかりだという。

クラスノヤルスクに住んでいるエレーナ・ミハイロヴナ・エロフヴァさん(レーナさんのフルネーム)は大祖国戦争を経験し、銃後で働き、子供と孫を育てた。


レーナさんは旅に出ることをいつも夢見ていた。夢を叶えたのは年金生活に入ってからで、83年のことだった。しかも、カメラと上機嫌で武装して。「ポーランド、ドイツには2回、チェコには5回、トルコには1回いた」と語るレーナさん。


さらに、旅行貯金箱にはベトナムと、そして近いうちのプランとして、イスラエルが入っている。


レーナおばあちゃんは旅行のためのお金を年金からへそくりしており、貯蓄は年金支出の最も大きい割合を占めている。旅行は年2回で、活発な生活様式を送り、新たな人たちと知り合い、エキゾチックな料理を試している。



☆ 今だに ソ連は 非文化、貧乏で、日本は経済大国と言っているものたちがいるが、それは、たぶん、通称「在日特権」といわれる、実質てきには 「田布施特権」を享受している、この国にいる、特権のあるものたちが吹聴しているのでしょう。




田布施はイルミの傀儡  日本は田布施支配  紙幣が語る


1000円札  1ドル紙幣  イルミからのメッセージ


紙幣発行権を握っている世界財閥がマーキングしている紙幣はドル札だけではありません。
日本の紙幣にも多く見られます。

他の紙幣に比べると奇妙なマーキングが非常に多く見られます。
例えば、千円札の野口英世の顔を半分に折ると、向かって右側に描かれている顔は全く別人の顔になります。






左半分の顔は普通の日本人ですが 右半分の顔はユダヤ系の外国人に見えるのです。


ホリが深く眉毛もつりあがり、どう見ても外国人の顔ですよね・・・



▼更に…
この写真をご覧下さい。






これは、かの友愛団体である、秘密結社 フリーメイソンのシンボルマークの一つ、
 
通称:【万物を見渡す目】であります。
 
そして!
 
我が国の千円札、野口英世の【目】のあたりにご注目下さい。





この写真は、千円札の野口英世の顔を『透かして』見た写真です。
千円札の裏面に描かれている[富士山]の三角形の中央に、野口英世の【目】があるのがお分かりでしょうか?



裏側には富士山が描かれていますが 湖に写った富士山は全くの別物であることがわかります。
逆さまにするとその違いがハッキリとわかります。






実は、この湖に写った山は「シナイ山」といって、聖書に出てくるモーセが十戒を受けた山なのです。
シナイ山にそっくりなのが確認できます。





紙幣裏面の右端の模様に注目します。

模様に見せかけて666が刻印されています。





ドル紙幣同様に日本の紙幣も緻密に計算された上で 作られているのがお分かりだと思います。


http://sekainoura.net/%E5%8D%83%E5%86%86%E6%9C%AD%E3%81%AE%E7%A7%98%E5%AF%86.html




◎ 紙幣に はっきりと イルミからのメッセージが刻印されているのは 日米 の紙幣だけです。

この1000円札は 日銀の総裁が フクイ の時。 つまり、彼は、イルミの傀儡。

ドル札の裏側には、NWOの条文が入っている。

日銀は イルミの傀儡である。 まぁ、田布施ですから。

https://youtu.be/Cwib7fGuf-s






おすすめ映画の紹介

(THRIVE Japanese) 〔スライブ〕 いったい何が必要になるのか・・・

世の中の裏の仕組みが2時間でわかる映画












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロシアからの言葉 / バルダ... | トップ | ロシアに向かう人々/米大統領... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本の無理解」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。