スパシーバ  プーチン

魅力あるプーチン
偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と歴史をくずす

「闇の正体は偽ユダヤ」海外記事の移行。 

コメントを下さったかたに

2017-11-22 14:32:10 | ソ連目線


日本兵の遺骨収集のことでのきじでしたね。


これらに関しては 言いたいことが山ほどあり ・・・


遺骨収集に限らず 日本人は 日本の国体を 180度 捏造して教わっています。



すべては 明治維新につながることで それに関して 発信している人は 数人だけ それだけ この国の権力は 恐ろしいということと 認識しています。


遺骨収集と それらを取り巻く出来事など 「闇の正体は偽ユダヤ」に 嫌われるくらい書いたのですが、これからは この 「スパシーバプーチン」にも なるべく 下の欄に書いていくようにします。


興味があるものは 御覧くださいね。



また 「闇の正体は偽ユダヤ」が 更新されていないと連絡がありましたが 毎日更新しております。


なにか あったのでしょうか 。


明治維新のことは 一番 狙われる記事発信と思います けれど 私の記事は 「弱小」なので (笑)、無事であると思っています (笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「外国エイジェント」認定が意味するもの

2017-11-22 14:30:31 | 市民サイト マスコミ  ネット


☆ この世界は 簡単に言うと 「イエズス会 (イルミ」 と それらの勢力を赦さないサイドとの闘いと思います。

イエズス会 悪魔教 イルミ という認識を把握して その 正体を知ることなしには たんに 国と国 宗教と宗教の対立に見えますが その対立を 作り出している 「奥」がいるはずです。


日本は 明治から イエズス会になったという 決して伝えられない事実をしらなければ 日本という国の 本当の思惑も 悪魔性も 分からない。

悪魔とは たんに ロス ロック となりますが、決してそうではなく、悪魔の支店が 各国にあり、実は 日本は 最強ともいえると思います。


プーチンは それら 地球の悪に 対峙した 最初の人に見えます。 もちろん 戦った人は多いと思いますが 皆 JFKの運命を辿る。


RT スプートニクへの もっともらしい理由をつけての迫害は 自分たちの 偽報道が バレルからという いつもながらの単純な理由ですね。


けれど イルミ勢力は 世界の 王室 皇室を含む 巨大な 悪魔勢力です。





11.21 米国におけるRTとスプートニクの活動抑圧に同種の報復:

ジャーナリストにとって「外国エージェント」認定は何を意味するのか


11月13日、ロシアのテレビ局ロシア・トゥデイ(RT)は、アメリカ司法省の求めにより、アメリカにおいて「外国エージェント」として登録された。


これに対しロシアでも対抗措置が取られた。


ロシア下院は11月15日、外国のマスメディアを外国エージェントとして認定できるよう、既存の法律の改正案を可決した。


スプートニクは、ジャーナリストにとって外国エージェントの認定を受けることが何を意味するのか、ロシアでどんな規則が機能することになるのか、特に日本メディアの支局に影響はあるのかについて状況解明しようと試みている。



Q RTは、米国における外国エージェント法に当てはまる最初のメディアなのか?

A 違う。中国の新聞「チャイナ・デイリー」は1983年から、日本のテレビ局NHKは1991年から、外国エージェントとして登録されている。




Q ロシアにおいて、どんなメディアが外国エージェントとみなされるのか?

A アメリカだけでなく外国のメディアすべてが対象になる。

または、活動資金やその他の活動手段などを外国政府や外国企業、あるいは外国人から受け取っている場合も対象になる。

ロシア企業を経由して外国から資金提供を受けている場合も対象になる。




Q もし外国メディアが外国エージェントとみなされたら、どんな義務を果たさないといけなくなるのか?

A アメリカにおける外国エージェントと同様、NPO法が定めているのと同じように、自社のプロダクト、サイトや印刷物に(外国エージェントである旨の)印を示さないといけない。




Q どういうデータや報告を、誰に対して、どの程度頻繁に提出しなければならないのか?

A ・自社の活動報告書と、組織の上層部の人事構成について半年に1回、しかるべき行政機関に提出。

・外国から受け取った金銭の支出を示す書類、それ以外の財産利用の書類を4半期に1回提出。

・会計報告書を毎年提出。




Q 誰が、メディアが外国エージェントであると認定するのか?

A 米国の場合と同様、ロシア司法省が決定を下す。

もしマスコミが、外国エージェント法の求めるところに従って上記に挙げられた要求を実行しない場合、そのメディアはロシアで活動する可能性を失う。

より詳しい照会のため、スプートニクはロシア国家院(下院)情報政策・IT委員会のレオニード・レヴィン委員長に話を聞いた。



レヴィン氏「ロシア・トゥデイ(RT)が米国で直面した出来事は、我々に、アメリカがRTとスプートニクに対して行ったのと同様の制限を加えることを余儀なくさせた


法律の改正は、全く、どんな検閲を行うものでもないし、外国のジャーナリストの仕事の障害になるものでもない。

アメリカのプロパガンダ的リソースを、米国におけるロシアメディアと同じ状況に置くことが目的だ」


日本メディアの反応はどうか?


スプートニクはロシアに支局をもつ日本メディアに電話取材し、彼らの声を聞いたところ、匿名を条件にコメントを得た。

「アメリカのメディアが対象だということは明らかなので、心配していない」という声もあれば「海外メディア全体に波及するかもしれないので、事の次第を注視している」「法律の条文を見ないうちはなんとも言えない」という意見もあった。

概ね、冷静に受け止められているようだ。



ロシア広報協会・デジタルコミュニケーション委員会のセルゲイ・ヴォドペトフ氏は現在の状況について、スプートニクの取材に対し次のように話している。



「要人の記者クラブに属するジャーナリストのデータを集めることは、警護対象に値する要人の安全を守るため許容されることだ。


その場合は国に関係なく、最低限でも全員のパスポートを確認すべきだろう。


その他の場合、ブリーフィングに参加する申し込み資格は平等であるべきで、誰かの権利が他の誰かより狭められているということがあってはならない。


もし米国で、RTに対して、何かしらの追加情報、収入であるとか、親類や知人が海外に在住しているかとか、それは明らかに余計な情報だろう。重要なのは、この状況がさらに悪化してしまわないことだ」





( コメント ) 

アル・ジャジーラ、フランスのフランス24、イギリスのBBC、ドイツのドイチェ・ベレ、あるいは日本のNHKに対してはそうしたことが要求されていない。

ロシアのメディアがターゲットになった理由はアメリカ人に信頼されてきたことにあるだろう。


有力メディアから無視される人々登場させ、結果として支配層の嘘、有力メディアの偽報道を暴く役割を果たしてきたのだ。

アメリカの言論を守ってきたとも言える。それが支配層の逆鱗に触れたわけだ。

plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201711170000





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イエズス会は 理屈抜きで ロシアを憎む

2017-11-22 14:29:52 | 天使と悪魔

☆ イエズス会 あるいは NWO推進者は つまり 世界制覇を実行しようとしている集まりですね。

これは もちろん 特定な国ではなく ピラミッドであり その 支店が世界にあり 王室 皇室は 各国の支店長であり 超法的な 1%です。

偽天皇は 中露を 悪魔と教えていくでしょうね。


今 小児性愛者が ずいぶんと収監されているという情報もあり また ドル ユーロの崩壊も伝わってきます。


こうしたことすべてが すぐ ロシア悪魔かの嫌がらせになって表れてくる。


結構 分かりやすいです (笑)。


もし プーチンがいなかったら スムーズに 人間奴隷を 今より家畜化して 戦争も起きていたはずなのですから。





11.21 ロシアの軍事技術が出展禁止に 18年英航空ショー


英国の「ファーンボロー国際航空ショー」の主催者が、2018年の開催時にロシアが軍用製品を出展することを禁止したと、ロシアの連邦軍事技術協力庁のプンチュク副長官が21日、ロシアメディアに明らかにした。

プンチュク氏の話では、ファーンボロー国際航空ショーへのロシア製軍用製品の出展禁止は、同航空ショーの組織委員会が決定した。


先に連邦軍事技術協力庁は、国営企業「ロステク」傘下で、米国による制裁を受けている「ロスオボロンエクスポルト」をファーンボロー国際航空ショーでのロシアの軍事技術展示の主催者に指名していたが、その後この決定を取り消していた。


プンチュク氏によれば、この結果ロシアはここでも不誠実な競争に直面している。






☆ エリザベスを この画像のようにとらえる人々もいます、私も そう思っていますが。

英国の政治やは エリザベスの 人形でしかないはずです。


そう 王室がある限り NWOの政策は やはり 続いていくのですね、政治やが変わって 政治が変わるほど たやすいものではない。


日本では 裏  表 の天皇 そして 〇〇カラスなどの奥の院 ・・・


これ 本当に恐ろしい 有能な マフィアのようです。





11.21 インド警察、シャラポワに対する捜査を開始

インド警察は、同国ハリヤナ州グルグラムでの高級マンション建設に関する詐欺の疑いで、ロシアのテニス選手、マリア・シャラポワ氏に対する予備捜査に着手した。


インド紙タイムズ・オブ・インディア によると、女子テニスの元世界ランキング1位のシャラポワ氏は、

2012年から2013年に高級マンション「ホームステッド」プロジェクトの広告塔となった。


シャラポワ氏の写真が広告に使用され、シャラポワ氏自身も購入希望者と会うためにインドを数回訪れたという。



購入希望者の1人、バワナ・アガワルさん(44)は、義務を履行しなかった住宅建設社を裁判に訴えた。


マンションは2016年までに建設される約束だったが、未だに建設も始まっていない。プロジェクトには1500人が投資したという。


アガワルさんは他の大勢の人と同じようにシャラポワ氏が関わっていたためプロジェクトに関心を示した。

シャラポワ氏は広告で、マンションの敷地内にはテニススクールやスポーツウェア店ができると約束していたという。


警察官のアルヴィンド・シャルマ氏はAFP通信のインタビューで、シャラポワ氏が捜査対象になっていることを明らかにした。


ある購入者の弁護士ピユーシュ・シン氏は

「商品を宣伝する有名人は皆、技術的に企業の代理人となる。シャラポワ氏の名前がなければ、誰も同プロジェクトに投資しなかっただろう」と語った。



( コメント )


日本で言うなら CMに出ている俳優に対して その会社の悪事を 訴えられるかどうか。


住宅建設会社が 訴訟相手であり シャラポアさんは 訴えられる対象ではない、なんらかの 言葉は求められるかもしれないが。


今 闇サイドでは 情報が正しければ 小児性愛での逮捕があるそうで 英国 メイ などを見ても いつもより異様に ロシアバッシングをしており かれらは 国別ではなく もちろん サイドとして つながっている。

ロシア悪魔化 いやがらせが 個人に及ぶのではないか そして 日本の警察も 海上自衛隊も その一員である。
あまりに非情なことが 起きないように 強く願っています。
 

☆ 吉永小百合が 雪印のチーズのCMに出ていたことがありました。

そして 雪印のスキャンダルが起きたさい 吉永小百合には 一切の 追求は ありませんでしたよね。


また 統一教会の広告塔には


一切のお咎めは ありませんよね。


そりゃ そうでしょう  日本の怪しい権力者全員が 対象なのですから。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミンダナオ島の日本兵

2017-11-22 14:29:18 | 罪と罰  戦争  テロ  災害


◎ でも、ミンダナオ戦の真実は、食糧難のあまり食人を始めた日本兵がいた一方で、

日本兵を辞めて二度と祖国に帰れないと覚悟し、フィリピン人になって家族を持った日本兵たちがいたのです。

それが後の遺骨収集団です。


この真実は、一度も報道されないし、出版されたことがありません。


https://twitter.com/honest_kuroki/status/883162247652007936





◎ 祖父たちは、日本から食料も医薬品も届かない戦地、ミンダナオ島で、食人を始めた日本軍から逃げ、日本人であることを捨ててフィリピン人として生きることを選んだ。


私は、悪しき国を捨てた祖父たちの選択を誇りに思っています。


戦後の遺骨収集団が元戦地の家族に会いに行っていたことを知ってほしい


https://twitter.com/honest_kuroki/status/883145125307666432






◎ 祖父曰く、「天皇陛下万歳と言いって死んでく兵隊はおらんぞ。

みんな、おかあさん、と言って死ぬ」。


あなたと同様の思いを秘めて死んで行った日本兵は少なくなかったということでしょうね。


だから、天皇には日本軍ではなく、米軍の護衛が必要なのです。


https://twitter.com/honest_kuroki/status/882998212965027841





◎ フィリピンでの日本兵による人肉食事件についてのデータや証言等が記載されてます(記事中段よりやや下から)


http://www.oshietegensan.com/war-history/war-history_e/3951/

https://twitter.com/garam_surya/status/883540317055483904







◎ 住民を家畜同然に殺害し常食としていた部隊がある。

北部のキタンラド山に立てこもった15揚陸隊(47年投降時34人)による周辺住民89人殺害/人肉食事件で、92年フィリピン全国紙がとりあげ明るみに出、日本でも共同通信他が報道。

辺見庸『もの食う人びと』所収「ミンダナオ島の食の悲劇」参照


https://twitter.com/marineplex14/status/883402730823311368





フィリピンの遺骨収集団のほとんどが、フィリピンに残した家族に会いに行く口実だったと思います。


祖父達日本兵は、戦争中のミンダナオ島で、食人を始めた日本軍から逃げて、フィリピン人として生きようとしたのです。そしてマッカーサーの捕虜になった。 


祖父とその戦友曰く「天皇に騙された


https://twitter.com/honest_kuroki/status/882831079756922880








コメント
この記事をはてなブックマークに追加