独居老人一歩手前。が、時折、マニラ在住の孫娘3人来日、長期滞在し大わらわ! 帰国するや否や・・・全てこともナシ。  

孫、滞在時は滅私奉“孫”でご奉仕に追われわが身を振り返る時間ナシ。が、帰国するや、押し寄せる加齢現象にもがいている。 

フットパス・・・思い出すなぁ・・ワクワク!

2016-10-19 09:24:33 | 日記

昨朝のニュース(?)番組で山梨にできたフットパスについて報じていた。 

フットパス・・聞くだけでワクワク! 初めてのフットパスは10余年前、ブロンテ姉妹の地、嵐が丘のハワースだった。 チェスターで同級生のヒデキさんがレンタカーを借りてくれて彼が運転。 スウェーデン人のインゲマルがナビゲーター。 ヒデキさんに私がナビを・・と乞われたけれどワタシは方向音痴だし「地図を読めないオンナ」の代表。 それにラウンドアバウトが苦手だった。 車を駐車してフットパスを歩いた。 「こんなトコロを歩いてイイの?」・・・まるで個人のお庭みたいなところを横断したり、ウラをとおったり、モチロン、”冷たい風が吹きすさぶヒースの丘”を歩いた・・・・と言いたいが、澄み切った青空の下、ポカポカ陽気の中を歩いた。 途中、犬を連れたご婦人・・上質そうなツイードのジャケットが、いかにもイギリス的? 何故か印象に残っている。 誰もが詩人になれそうなトコロ・・・と旅日記に書いてある。

     

この時、駐車代についてトラブル発生。 駐車場を出ようとしたらタイヤがロックされていた。 入口に ”PAY & DISPLAY" とあったがスル~。 正確に言うとDisplay の意味が解らず。 「支払ってから、その旨を書いた紙を窓に貼れ」という意味だった。 40ポンドの罰金を払った・・と記されている。 

翌々日後は単独で湖水地方へ。 電車を乗り継いでアンブルサイドへ。 犬の置き土産をよけながら湖畔沿いを30分の lovely walk の後、フェリー乗り場へ。 5分ほどして対岸着。 バスだったら5分ほどで着くらしい Near Sawrey の Hill Topへのフットパスを私は歩き始めた。 森の中を歩き険しい坂道をアップ&ダウン。 ダウンしたら車の往来する道路、船着き場から数分の道に出たっけ! その後は緑の原っぱを歩いたり、起伏のなだらかな道、チョットしたお店の並ぶ村の繁華街?・・・何度、道を訊いたことだろう。 大きな蕗の葉っぱもあったっけ。 木戸にかかったワイヤを開けてまた歩く。 すべて懐かしくワクワクする思い出だ。 ソウいえば Far Sawrey なんていうトコロもあったっけ!  一時間と少し、やがて見えてきたHill Top。 家の中は、前日に見たワーズワースのダブコテージに比べて立派だった。 ココで我らが同胞の一団に遭遇。 何故か、ワタシ自身が隠れるように隅っこにいたことを記憶している。 ヘンねぇ!  彼ら、マイクロバスに乗って瞬く間に去って行ったけど、どのくらい思い出として残っているかしら?  私、コンナにたくさんの思い出にひたることができる。 お陰様!

    

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハロウィーン実施・・・最後... | トップ | 水・油&火・・・ホンの少量... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。