ドリーム キャッチャー Dream Catcher

ブログ2006/2開始。2009/4までモルモット歴11年。2年半のブランクの後2011/11、2匹の女の仔が来ました。

ウズラが歩いて行きます。 Gambel's Quail

2017年03月12日 10時59分52秒 | アリゾナで

朝起きたら、テレビとか、なんとなく、番組が1時間速くなっていました。
そういえば、今日から夏時間です。でも、アリゾナ州は、日本と同じに、1年中同じ時間で、夏時間になりません。ふふふ。

 

毎日、家の前を、たくさん?のウズラが歩いて行きます。
動物は偉いです。毎日、毎日、暑い日も寒い日も、エサを探して歩きます。

大きさは鳩くらいだと思います。何を食べているのでしょう。下ばかり向いて歩いているように思います。

下の写真は、他のウエブの写真です。私には、こんなにじっくりと写せません。
人の気配を感じると、あっという間にいなくなるからです。走るのは、結構速いです。

上がメスで、下がオスです。

 

これは太っている写真です。こんな風に、グループで何匹かで歩いていることもありますが、基本、2羽です。そして春に子供が生まれると、たくさんの小さな子供たちがとても速く歩いて、親のあとをついて歩きます。みんな、私を見かけると、あっというまに消えてしまいます。子供なんかも、野球のボールが転がるように、素早く消えてしまいます。

子供たちがどんどん成長して行くのがわかります。だんだん季節が過ぎると、数が減ります。やはり食べられてしまったりするのでしょう。切ないけど、自然の厳しい掟です。

羽がありますが、鳩のように空を飛んでいるのは見たことがありません。塀の上や、家の屋根の上に、上がっているのを見たりするので、やはり飛べるのでしょう。隣の大きな木にいたのを見ていたら、太い木の枝のところを少しずつジャンプしながら、ピョンピョンと上がって行きました。もちろん、高いところから下には、飛行して降りました。

色々な鳴き方があります。
「オカーサン。オカーサン。」と、聞こえる鳴き方の時があります。

 

ウサギたちとも出会ったりしていますが、別に喧嘩もせず、その横を歩いて行きます。

私は日本のウズラを見た頃がありません。ここのウズラの卵は白いと思います。スーパーで、ウズラの卵は売っていません。

 

(追伸)

たまたま近所の人と、ウズラのことを話していたら、数年前の可愛らしい写真を見せてもらいました。そこの家の、あまり高くない塀の上に、うずらの親子?が並んでいたそうです。もう一羽は、鳥の置物?の上に乗っかっています。遠くを見渡しているのでしょうか(^ー^)。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 整理。いえ、処分。 あれれ... | トップ | コヨーテが歩いて行きます。 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アリゾナで」カテゴリの最新記事