ドリーム キャッチャー Dream Catcher

ブログ2006/2開始。2009/4までモルモット歴11年。2年半のブランクの後2011/11、2匹の女の仔が来ました。

ハロウィーンのパンプキンと、三匹むすめ。 もるもっと

2016年10月24日 09時06分04秒 | モルモット

いまだ、写真とかのデータを整理しています。DVDは開かなくなったのもあり、何が入ってたのだろう?と不安にもなりますが、どうせ大した事はないでしょう。(かな?)でも、とにかくまだまだあるので、自分にうんざりしながらもやっています。(もう面倒になってきたので、このまま捨ててしまいたい位です。)

ハロウィーンのパンプキンの時期の三匹娘の写真です。この仔たちは、まだ若く、2歳前だったと思います。

2002年のだと思いますから10年以上も経っているのに、つい最近のようにも思います。懐かしいです。一緒にあそんでもらって、楽しかった事を、つい昨日のように思い出しました。

この小さなパンプキンは、種だけとって、オーブンで焼いて食べました。こうばしくて買うのより美味しいのです。身の方はあまりおいしくないので、食べないそうです。主に、ハロウィーンや、感謝祭の、飾り。のようですね。

 

その頃持っていた、モルのお人形と一緒に、三匹を写した写真が出てきました。
これを見ていて、お宝を思い出しました。

モルグッズ。この次に載せてみます。

 

(追伸)違うかもしれませんが、「パンプキン」と言うのはこのオレンジ色のらしいです。他のは、「スクワッシュ」とかいって、「パンプキン」とは呼ばれていません。
「ウイキペディア」でも、そのことが書かれていました。:英名は pumpkinパンプキン)であると理解されている場合が少なくないが、実際には、少なくとも北米では、果皮がオレンジ色の種類のみが pumpkin であり、その他のカボチャ類は全て squash (スクウォッシュ)と総称される。したがって日本のカボチャは、kabocha squash (カボチャ・スクウォッシュ)などと呼ばれている。

  パンプキンの話→ ここを、クリック。

ここ10年位、日本のかぼちゃ(かぼちゃは日本語です)が「かぼちゃ」で、売られています。毎年売られているので、このままアメリカで根付くのでしょう。今は、秋になると、私の近所のスーパーでも買えます。かぼちゃは、きっとスクワッシュに入ると思います。私はかぼちゃが好きです。かぼちゃの原産はメキシコだと思っていましたので、隣のアメリカでは「かぼちゃ」を食べていると思いました。でも、似たようなのはなく、とてもがっかりしました。10年と少し前に、韓国の店やでかぼちゃを見つけました。嬉しくてすぐに買いましたが、あまり美味しくなかったです。年々、味が日本の味になってきたように思います。 

ここ2 、3年、小さいですが「柿」を見ます。もちろん買ってみるんですが、日本のようにはいきません。でも、誰が育てているんだろうと思います。きっと、これも元をたどると日本に行き着くんだと思います。りんごも、「フジ」がたくさん売っています。ずっと以前は見かけませんでした。でも日本のと比べると小さくて、味もまあまあです。-----日本びいきです(^-^)。

すみません、ここでは里芋とかもなかなか買えないし、食べ物の話となるとつい、おしゃべりになってしまいます。以後きをつけます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりの、ももです。 もる... | トップ | モルモット について の 考察... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本モル探し (ひかる&かりん)
2016-10-28 02:02:27
パンプキンとモルちゃんの写真、可愛いですね。ぬいぐるみとの写真をガン見しました。(^_^)
本モルはどれだ~ 楽しみました(^_^)v
ひかる&かりんさんへ (nana)
2016-10-31 17:26:58
>ぬいぐるみとの写真をガン見しました。(^_^)

わっはっはっは(^ー^)。”ガン見”というのは、知りませんでした。すごい言葉ですね。
誰かがこう言う写真を載っけてたのです。(私もガン見しました。)
それで、思い出してその頃持っていたモルの縫いぐるみとかを引っ張り出してきたわけです。
人形が増えるのは好きでなくて買わないようにしていましたが、モルを飼うようになってから、こう言うものに目が行くようになりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む