幻影日記

仕事と猫の世話をしながら、新旧織り交ぜて造りたい物を感じるままに造っています。

B-CLUB 1/72 ライネック 調整完了

2017-05-15 01:10:33 | 趣味

一旦バラした後、交換用のポリパーツやスプリング探しと、塗装した時のカラー探しをやっていたのですが、急な仕事が入ったり、交換用のパーツを買いに行く時間が取れなかったりと、余分な時間がかかってしまいました

次回もあるかも知れないので、一番手間のかかった使用カラーを記載しておこうと思います

分かり難くなるので、全てMr.COLORで統一して、本体色のグリーンはGX6モウリーグリーン、濃いめのグリーンは302番グリーンFS34092、ブルーは322番フタロシアニンブルー、ホワイトは99番アイボリー、イエローは58番黄橙色、残りはシルバーとゴールド以外は、墨入れ用のブラックなので、多少間違えても再塗装の際は苦労しないと思います

バラした際に、擦れたりきつめの関節部を引き抜いたりしたので、関節のポリキャップは30%程度、肩部のスプリングは全部、接続用の真鍮線は50%程度交換しました

塗装も30%程度は塗り直す事になったので、塗装自体が弱くなりそうな部分は、再度周辺ごと若干研磨して、範囲を広げて再塗装しました。

前回の完成から、関節の緩みも無く、B-CLUB製のキットとしては優秀な部類なのではないでしょうか。

 

 

 

 

ライネックのコンバーターは、ちょっと変わった形状なので、個人的に気に入っているのですが、これ以上大きいとズワァースのように立てなくなりますね

変な話ですが、ダンバインのキットって、持ち上げる際に、コンバータか脚部を持つ事が多いと思います。

特によく触りそうな部位は、通常より丹念に離型剤を落として、削り込んで、下地処理を施して塗装していますが、それでもたまに塗装が剥げるのが悲しいです。

 

 

 

 

今回、胴体部は部分塗装だけで済みましたが、頭部は50%程度塗装し直しました

あまり触らない部分ですが、よ~く見ると部分的に塗装面に傷が見えたので、コツコツとデザインナイフで削って再塗装しました。

ライネック自体、少し下を向いた感じの立ちポーズなので、通常はあまり見え難いのですが、手を抜かずに以前より丁寧に仕上げました。

 

 

 

 

以前の完成時に、羽根の部分は真鍮線で繋ぐだけで、ある程度の可動が出来るようにしたのですが、今回は固定に変更しました

可動させる時に、羽根の基部を持つ事になるのですが、塗装は剥がれたりする事の無いようにしていますが、羽根自体が基部から取れそうな感じがするので、動かないようにしました。

実際、触る時に「ピキッ」と音がする時がありますので、今回も多少の補強はしてあります。

 

 

 

 

余談ですが、このライネックはオークション出品中のアイテムの一部になっていますが、ちょっと出来が良いのと保存状況も問題ないので、次回のオークション更新時に外そうかと思っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衣替え | トップ | ロボット魂 ズワァース(量... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。